now loading

クラウドPBXでフリーダイヤルは利用可能!5つのメリット解説

クラウドPBXでフリーダイヤルは利用可能!5つのメリット解説

この記事のもくじ

クラウドPBXでフリーダイヤルを導入すると、「クラウドPBXならでは」の5つのメリットを得られます。

フリーダイヤルは顧客が無料で電話できるため、気軽に着信できるというメリットがあります。
そのため、フリーダイヤルの導入を考えている方も多いと思います。

しかし、フリーダイヤルの導入は数多の種類の方法があるため、どれにすれば良いか悩むのではないでしょうか?

そこでこの記事では、フリーダイヤルの導入におすすめのソフトウェア「クラウドPBX」について紹介します。

具体的には

  • そもそもクラウドPBXとは?基本情報を解説!
  • クラウドPBX「ならでは」のフリーダイヤルを活用するメリットは5つ!
  • 実際にクラウドPBXでフリーダイヤルを導入した企業事例!

といったクラウドPBXのフリーダイヤルについて絞って紹介します。

クラウドPBXのフリーダイヤルについては、この記事のみで全て分かるよう網羅的に解説しています。

クラウドPBXでフリーダイヤルを利用するパターン

クラウドPBXとは、スマホやPCで内線・外線・転送などあらゆる電話機能を利用できるように、クラウド上(ネット上)に構築したソフトウェア・サービスのことです。

※PBXとは?

PBXとは、オフィス内の固定電話機に内線・外線・転送などの電話機能をつなげる役割の装置・機械です。
電話機能の全てを担っているため「主装置」とも呼ばれています。

クラウドPBXはこのPBXをクラウド化したものです。

ちなみに「クラウド化」とは、インターネットを利用してクラウド上(ネット上)でソフトウェアやデータを管理・利用可能にすることです。
身近なサービスでは、『Google drive』や『iCloud』などがあります。

もっとも、このクラウド化ができたことで従来のように配線やビジネスフォンなどを設置して物理的に「データの共有」や「ソフトウェア・サービスの利用」をおこなう必要はなくなり、インターネットを介して楽々データの共有やソフトウェア・サービスが利用できるようになりました。

クラウドPBXではクラウド上にPBXを構築しているため大規模な工事は不要となり、最短即日にラクラク導入できるようになったのです。

このクラウドPBXでフリーダイヤルを利用するパターンは

  1. 新規取得で利用する
  2. 利用中のフリーダイヤルを継続する

といった2パターンです。

新規取得で利用する

新しく事業を立ち上げる場合にクラウドPBXを活用してフリーダイヤルを導入しようと考える方は、フリーダイヤルを新規取得したいと思います。

その場合は、クラウドPBXの申し込みとまとめて一括で「フリーダイヤルの新規取得」と「クラウドPBXの導入」が可能です。
すべてクラウドPBXのメーカースタッフが段取りをおこなってくれます。

実際に申し込む手順は

  1. 問い合わせてプランを決定
  2. 本申し込みをしてアカウント発行
  3. スタッフがアダプターを設置・設定して利用開始

といったわずか3STEPのみ。
ネットで簡単に申し込みできるため、迅速に導入可能です。

利用中のフリーダイヤルを番号継続は可能?

利用中のフリーダイヤルもNTT東西日本の電話番号なら継続して利用できます。
市外局番と違い、フリーダイヤルなら日本全国どこへ移転しても継続して利用可能。

フリーダイヤルを継続して利用する場合は、クラウドPBXの導入のみで新しく取り直す必要はありません。

ただし、ケーブルテレビなどNTT東西日本のキャリア以外で取得したフリーダイヤルは利用できません
電話番号が利用できるかどうかの判断は難しいため、クラウドPBXのメーカーに直接問い合わせることをおすすめします。

クラウドPBXでフリーダイヤルを活用する5つのメリット!

クラウドPBXのフリーダイヤルは、一般的な機能は他の方法で導入したフリーダイヤルと同じです。

例えば

  • 顧客は電話料金がかからないため気軽に発信できる
  • 半永久的に同じ番号を利用できる

といった機能的なメリットはなんら変わりません。

それに加えてクラウドPBXなら、これらのメリットに5つのメリットが追加されます。
かといってデメリットが増えるわけでもなく、ただメリットが5つ増えるのです。

その5つのメリットは

  1. スマホでフリーダイヤルを利用可能
  2. 利用コストの削減
  3. 多様な働き方に対応可能
  4. 短即日の導入が可能
  5. オプション機能との連動で業務効率アップ

といったクラウドPBXならではの魅力です。

スマホでフリーダイヤルを利用可能

クラウドPBXでは、「スマホ・PC」でフリーダイヤルを利用できます。

なぜなら、インターネットを介して利用するためです。
つまり、インターネットがつながる端末はどれでも利用できます

スマホでフリーダイヤルが利用できることで、外出先でもフリーダイヤルで受発信が可能。

例えば、事務社員を雇用して電話を取る必要が省けることや、いつでも担当者が直接電話に対応できることで折り返す手間も省けて業務効率は非常に高くなります。

他にも現場仕事のある業種では、現場担当者へ直接フリーダイヤルをつなげることで迅速な対応ができ、業務効率の向上はもちろん顧客満足度さえも向上できるのです。

利用コストの削減

クラウドPBXならフリーダイヤルの利用コストを大幅に削減可能。

というのも「通話料が非常に安価」「電話機本体の購入が不要」といった2つの理由からです。

通話料に関しては、一般的なフリーダイヤルの通話料は

  • 市内の固定電話からは「8.5円/3分」
  • 市外の固定電話からは「20〜40円/3分」
  • 県外の固定電話からは「20〜80円/3分」
  • 携帯電話からは「130円/3分」

という風な料金体系です。

しかし、クラウドPBXのフリーダイヤルなら「固定電話からは場所に関わらず8円/3分」「携帯電話なら15.4円/1分」と非常にリーズナブルに通話できます。

もっとも、問い合わせ数の多い企業がフリーダイヤルを利用すると、通話料でコストが膨れ上がり非常に大きくなる傾向がありますから、通話料が安価なおかげでコストを大幅に抑えられますね。

またクラウドPBXならお持ちのスマホやPCでフリーダイヤルを利用できるため「電話機・ビジネスフォン端末本体が不要」です。
よって、一般的なフリーダイヤルでは電話機や主装置・設置工事などで1台あたりの目安で100,000円程度、数台で数十万円かかる購入費がかからなくなりました。

これらからフリーダイヤル導入のコストを大幅に削減できるのです。

多様な働き方に対応可能

クラウドPBXは多様な働き方に対応できます。
例えば、在宅ワークやテレワークなどオフィス外で作業をする働き方も導入できます。

なぜなら、スマホやPCでフリーダイヤルを利用できるためです。
業務の関係でどうしても電話の受発信を会社の固定電話番号で行う必要があるため、在宅ワークを導入できなかった企業も多いでしょう。

しかし、クラウドPBXを利用することで導入障壁を破れるようになりました。

もっとも、テレワークを導入すると

  • 通勤時間を省いて生産性の向上
  • 色々なものごとと両立できワークライフバランスが充実
  • 残業代や経費の削減

といったメリットを得られます。

最短即日の導入が可能

クラウドPBXは早いメーカーで最短即日の導入ができます。

なぜなら、クラウド化したことによって大規模な配線工事が不要になったためです。
ちなみに、従来のPBXでフリーダイヤルを利用する場合、導入に最低でも1ヶ月の大規模な工事が必要でした。

もっともクラウドPBXは、スマホやPCにアプリをインストールして、オフィスにクラウドPBX専用のアダプターを設置するだけで導入できるのです。

申し込みから利用開始までわずか数時間でできてしまいます。
よって急な導入にも対応できるため、業務を遅らせません。

オプション機能との連動で業務効率アップ

フリーダイヤルをクラウドPBXで利用すれば、他のオプション機能と連動して業務効率の向上は必然です。

クラウドPBXには、スマホ・PCでの内線・外線・転送の主な電話機能だけでなく、電話機能をさらに便利にするためにオプション機能が付いています。

例えば

  • 「通話録音」で電話対応力の向上・トラブル対策
  • 「自動音声案内」で担当者へ鳴り分けて業務の効率化
  • 「自動顧客情報表示」で顧客対応力・業務効率の向上
  • 「GPS出退勤管理」でテレワークに便利
  • 「ネットFAX」でらくらくFAXを閲覧可能

といった電話機能に特化した豊富なオプション機能があります。

クラウドPBXは、フリーダイヤルなど外線を利用する目的で導入するのではなく、オプション機能などで業務を効率化するために導入する企業も少なくありません。

クラウドPBXの機能やメリットについて、より詳しく知りたい方は「クラウドPBXの12のメリットと3つのデメリット徹底解説!」をご覧ください。

クラウドPBXでフリーダイヤルを導入した企業事例

実際にクラウドPBXでフリーダイヤルを導入した企業の事例を紹介します。
具体的には、「導入前の課題」と「導入後のメリット」の2点にフォーカスします。

企業事例は2つで「問い合わせ数が増加」した企業と「働き方改革を実現」した企業です。
どちらも良い見本となるため、クラウドPBXでフリーダイヤルを利用する参考にしてみてください。

問い合わせ数の増加

この企業は、ネットで古本の買取をおこなっている企業です。
導入前の課題は、ネットで買取を呼びかけているため顧客から不安を抱かれ、なかなか売る人が増えなかったことです。

そこでクラウドPBXのフリーダイヤルを導入することで、電話対応が気軽にできて安心・信頼を得られました。
その結果、問い合わせが増えて課題を解決できました。

働き方改革を実現!

この企業は、人材派遣会社で「派遣社員の新規獲得」や「既存派遣社員や派遣先の会社と電話・メールで連絡を取る」ことが主な業務内容でした。

そのため電話を取るためだけに出社することがほとんどで、無駄な手間やコストが多かったです。

そこでクラウドPBXを導入することで、フリーダイヤルで新規派遣社員からの連絡も対応できる上に、在宅ワークも実現できました。
その結果、「通勤時間を省いて生産性の向上」や「交通費をはじめランニングコストの削減」ができました。
ちなみに、コストは年間100万円ダウンさせることに成功しました。

クラウドPBXでフリーダイヤルを導入するなら『OFFICE PHONE』

ここまでクラウドPBXでフリーダイヤルを導入するメリットや導入した企業事例を見て、クラウドPBXの導入を検討している方も多いと思います。

しかしクラウドPBXにもたくさんの種類があるため、どのメーカーを選択して良いのか迷いますよね?
そんな方のために、クラウドPBXの中でも選りすぐりのメーカーをご紹介します。

クラウドPBXの中でフリーダイヤルを利用するなら『OFFICE PHONE』が一押しです。

なぜなら、19年にも渡るクラウドPBXの研究から「機能性」「コスト」ともに優れているからです。

具体的には

  • 長年の研究により通話品質はビジネスフォンと遜色ないハイクオリティ
  • フリーダイヤルはもちろん、どの固定電話番号でも利用可能
  • 業界最速の最短即日導入が可能
  • 「自動音声案内」をはじめ豊富なオプション機能が搭載されている
  • 優れたIT専門家が常駐し、いつでも顧客満足度No1のサポートをしてくれる

といった理由からフリーダイヤルにはOFFICE PHONEをおすすめします。

もっとも、フリーダイヤルを活用するなら通話品質は必ずチェックすべきポイントです。
顧客と電話する際に品質が悪くて聞き取れないことや、相手を不快にさせることがあれば最悪ですから。

他にも、メーカーのサポートもクラウドPBX選びに重視することをおすすめします。
なぜなら、サポートの有無によって業務に支障がでることや、急なアクシデントに適切な対処ができないからです。

その点、OFFICE PHONEのサポートは優れたIT専門家からサポートを受けられ、設定やわからない時のサポートはもちろん、クラウドPBX以外のオフィス全般機器についてもサポートしてくれるのです。

さらには、IT専門家からITを活用した業務効率の向上方法など、ビジネスに関するサポートも受けられます。
そのサポートは、コンサルタント会社並みです。

他にも豊富なメリットがあるため、ぜひクラウドPBXの詳細を一度見てください。
詳しくはこちら:「OFFICE PHONE

まとめ:クラウドPBXでフリーダイヤルを活用すれば「ならでは」のメリットが5つ得られる!

クラウドPBXでフリーダイヤルを導入すると、「クラウドPBXならでは」の5つのメリットを得られます。

フリーダイヤルを利用するだけでも豊富なメリットがありますが、クラウドPBXを活用したフリーダイヤルを利用するとさらに5つのメリットが追加されるのです。

5つのメリットは

  1. スマホで外出先でもフリーダイヤルを利用可能!
  2. 運用コストの削減!
  3. 多様な働き方に対応可能!
  4. 最短即日の導入が可能!
  5. オプション機能との連動で業務効率アップ!

といった「ならでは」の魅力です。

ぜひフリーダイヤルを活用する際は、クラウドPBXで活用してください。

また、クラウドPBXの中では『OFFICE PHONE』が機能性・コスト面が優れていておすすめですよ。
クラウドPBXを比較する際の参考にしてみてください。

クラウドPBXならOFFiCE PHONE 今なら3ヶ月間使用料無料キャンペーン実施中
PAGE TOP