now loading

クラウドPBXならではの機能

クラウドPBXならではの機能

この記事のもくじ

クラウドPBX とは、今までのビジネスフォンとは違いオフィスの中に主装置を設置せず、インターネット上のサーバーに主装置の機能を持たせること(クラウド化)により、スマホやパソコンをビジネスフォンとして利⽤できるサービスのことです。

今後、様々なサービスのクラウド化が進むなか、オフィス内に機器(ビジネスフォンや主装置)を設置するタイプのPBXからクラウドPBXに移行することは確かですが、クラウドPBXはまだ新しいサービスであるだけに、どのようなサービスでどのような機能があるのか分からない方も多いことでしょう。

そこで、今回はクラウドPBXの機能についてご紹介しつつ、サービスが魅力的なクラウドPBX3選を比較してみました。

クラウドPBXならではのサービス一覧

クラウドPBXはいわば従来のPBXの発展形のようなサービスです。

外線や内線、保留や転送など基本的な機能は従来のPBXとほぼ同じものが使⽤できます。

さらに、クラウドPBXならではのサービスや機能もあるので見ていきましょう。

スマホやパソコンがビジネスフォンに!【設備投資の大幅カット】

クラウドPBXはインターネットに接続でき、なおかつ専⽤のアプリを利⽤できれば通信端末に縛りがありません。

つまり、パソコンやスマホ、タブレットなど様々な通信端末からサービスを利⽤できます。

個人のスマホをそのまま使⽤できるため、従来のPBXのように人数分の固定電話を設置する必要がなく、設備投資や導入コストの削減が可能です。

離れた拠点間でも【全て無料通話!】内線通話可能に

クラウドPBXではスマホやタブレットなどの通信端末がインターネットに接続さえしていればサービスを利⽤できます。

その為、クラウドPBXのサービスであれば距離にかかわらず、外出中であってもオフィスにいるのと同じように内線通話が可能です。

それこそ北海道と沖縄にいる社員同士で連絡を取ったとしても、クラウドPBXであれば内線(無料)にできます。

【保守・管理費一切不要!】常に最新のサービスにアップデート

主なシステムはインターネットを経由して使⽤しているため、クラウドPBXには大掛かりな工事はないことがほとんどです。

さらに、サービスの提供会社側がシステムをアップデートすれば、とくにユーザー側で対応しなくても最新のシステムに変更されます。

コストをかけずに最新のサービスを受けられる、保守・管理の手間がかからないのがクラウドPBXなのです。

サービスが魅力的なクラウドPBX3選

オフィスに設置するタイプのPBXと同じ機能が使えるのは当然として、さらにクラウドならではの便利なサービスがあるのがクラウドPBXの魅力です。

では、実際にクラウドPBXを提供しているキャリアのサービス内容を比較してみましょう。

MOT/PBX

「MOT/PBX」は一般企業向けはもちろん、ホテルや医療など業界に合わせたサービスを提供するクラウドPBXです。

また、以下のようなサービスも基本機能として使⽤できます。

  • MOT/Cha…セキュリティの確かなビジネスチャット
  • CTI…着信時に顧客情報を自動で表示する
  • 自動音声案内…音声案内で顧客を誘導できる
  • 全通話録音…すべての外線通話を録音できる
  • 複数同時通話…場所にかかわらず音声会議ができるさらに、MOT/PBXでは納得してから契約できるよう、無料の「出張デモ(お試し)」も行っています。「音声品質は大丈夫なのか?」「不慣れでも操作できるのか?」など、出張デモを活⽤すればクラウドPBXが初めてでも安心です。
スタンダード ミドル プレミアム
月額料金 3,980円 6,500円 9,800円
チャネル数/内線数 10ch/20内線 25ch/50内線 50ch/51〜100内線
1台あたりの単価 199円 130円 98円〜
初期費用 29,800円 39,800円 59,800円

(税別)
MOT/PBXの公式ページはこちら

OFFICE PHONE

「OFFICE PHONE」はPBXの機能をまるまるスマホに搭載し、無駄な費⽤を徹底的に排除したクラウドPBXです。

さらに、以下のようなサービスも基本機能として搭載されています。

  • スケジュール管理…社員のスケジュールを管理・共有
  • 出退勤管理…クラウド上で社員の出退勤を管理
  • グループウェア…1つのアプリ上で顧客情報を管理・共有
  • 自動音声案内…音声案内で担当者や部署につなげる
  • ネットFAX…スマホやパソコンからFAXを送信・受信できる

また、クラウドPBXだけでなく、オフィス機器やネットワーク環境、officeソフトの使い方まで、様々な相談に電話1本で対応してくれる「解決窓口 01サポート(別料金)」も提供。

長期的なパートナーとしても信頼できるサービスです。

ちなみに現在、OFFICE PHONEでは「初期費⽤+3ヶ月利⽤料完全無料トライアル(90,480円が無料)」を実施中しています。

4ヶ月目からプラン料金が発生しますが、初期費⽤や工事費などはかからないので今がチャンスです。

ライトプラン スタンダードプラ
ミドルプラン アドバンスプラン
月額料金 3,400円 4,500円 5,800円 7,200円
チャネル数/内線数 1〜10台 8〜30台 25〜50台 51〜100台
1台あたりの単価(キャンペーン) 160円 140円 120円 100円
初期費用 24,800円 29,800円 34,800円 54,800円

(税別)
OFFICE PHONEの公式ページはこちら

GoodLine

「GoodLine」は通話環境の見える化に注目し、管理機能を充実させたクラウドPBXです。

例えば、以下のような基本機能が導入されています。

  • ユーザー作成…24時間いつでもユーザーの追加・削除が可能
  • ログイン管理…ログイン・ログアウト時間を管理者側で管理できる
  • 全通話分析…通話履歴から自動でグラフや表などを作成
  • 稼働状況通知…「取り込み中」など個々の稼働状況を通知できる
  • 状況モニタリング…場所に関係なく稼働状況をリアルタイムに表示

また、メール共有やメール配信、チャットシステムや顧客管理システムなど、様々なシステムとの連携も可能です。

GoodLineだけで情報の一元管理ができるため、よりスムーズかつ効率的な事業運営が期待できるでしょう。

SOHOプラン 3内線〜 20内線パック 40内線パック
月額料金 3,000円 基本料5,000円
+
1,000円/内線
20,000円 35,000円
チャネル数/内線数 2内線 3内線〜 20内線 40内線
1台あたりの単価 1,500円 2,666円〜 1,000円 875円
初期費用 20,000円 10,000円/内線
(上限50,000円)
50,000円 50,000円

(税別)
※GoodLineには60内線パック、80内線パックもあります。
GoodLineの公式ページはこちら

まとめ

クラウドPBXは従来のPBXの機能はもちろん、クラウドならではの便利機能も使えるのが魅力のサービスです。

ただ、クラウドPBXとひとくくりにしていますが、提供会社によってサービスや機能、料金には差があります。

クラウドPBXを導入する際には、少なくとも3社以上は比較してみて、長期的に付き合いたいサービスを選ぶのがいいでしょう。

ちなみに、紹介したクラウドPBXはどれも特徴がありおすすめのサービスなので、ぜひ参考にしてみてください。

PAGE TOP