now loading

スマホで内線!携帯との連携機能が便利なクラウドPBX

スマホで内線!携帯との連携機能が便利なクラウドPBX

この記事のもくじ

クラウドPBXであればiPhoneを始め、スマホ間の内線化が可能です。

スマホが普及した現代、ビジネスにおいてモバイル連携は欠かせません。

しかし、スマホをそのまま使用していたのでは、顧客に対して個々の電話番号で対応することになり非効率です。

その点、クラウドPBXであればどのスマホからでも代表番号から発信・着信ができ、外出中でも問題なく対応できます。

今回は、クラウドPBXでスマホ間を内線化すると、どうビジネスに活かせるのかを解説していきましょう。

携帯やスマホの活用が欠かせない時代

ビジネスにおいて対応力が求められるなかで、モバイル連携は欠かせないものとなりました。

日々の業務で携帯やスマホを、顧客や社員同士の連絡手段として活用している企業は多いでしょう。

しかし、携帯やスマホをそのまま使用していると、個々の電話番号でしか対応できません。

顧客は会社の代表番号などの知っている電話番号に発信しますので、担当者が対応できない状況では機会損失につながります。

では、どうすれば機会損失を減らせるのかですが、ひとつは顧客とのやりとりを個々の携帯やスマホから「代表番号」で発信・着信できるようにして、オフィスにいなくても誰もが同じように対応できる仕組みをつくれたら、これらの問題は解決ですよね。

この問題を解決してくれるのがクラウドPBXというわけです。

クラウドPBXならスマホの内線化が可能

クラウドPBXとは、従来のPBX(構内交換機)の機能をインターネット上で利用できるサービスです。

インターネットに接続できればどこからでも、どのメーカーのスマホからでも利用できます。

Android端末はもちろんiPhoneでも、それこそタブレットであっても内線化が可能なわけです。

さらに、内線化することで距離にかかわらず社員間の通話がすべて内線になります。

たとえ出張先から発信したとしても、クラウドPBXで内線化したスマホ同士であれば通話料はすべて無料にできるのです。

スマホ内線化で代表番号を利用できる

クラウドPBXにより内線化された状態なら、スマホからでも代表番号での発信・着信が可能です。

顧客が代表番号にかけたとき、クラウドPBXで内線化されたスマホ(社員)に自動で振り分けることができるため、もし応答した社員では対応できない内容だったとしても、通話したまま担当者に転送もできます。

また、社員から顧客に発信したときにも、代表番号が表示されるので顧客も安心して着信することができます。

このようにクラウドPBXで内線化された携帯やスマホであれば、どこでも誰でも対応できるので、機会損失のリスクを減らせるわけです。

ちなみに、スマホごとに専用の電話番号も付与でき、顧客から担当者に直接かけることもできます。

まとめ

今後、よりスマホが普及していくことで「スマホ間の内線化」のニーズはさらに高まることは確かです。

クラウドPBXではAndroid端末やiPhoneなど、スマホ間の内線化ができます。

内線化ができていればどのスマホからでも代表番号で発信・着信ができ、これまで以上に顧客へのスピーディーな対応が可能です。

もし、日々の業務ですでにスマホを活用しているのであれば、ぜひクラウドPBXによるスマホ間の内線化を検討してみてください。

PAGE TOP