now loading

気になるクラウドPBXの普及率は?現状を分析

気になるクラウドPBXの普及率は?現状を分析

この記事のもくじ

今後、従来のPBXからクラウドPBXが主流になることは確かと言われています。

事実、従来のPBXの普及率は年々減少していますし、クラウドPBXは少しずつですが増加しています。さらに、従来のPBXやクラウドPBXの提供業者に聞くと、今ではほとんどクラウドPBXに関する問い合わせだそうです。

今回は従来のPBXとクラウドPBXの普及率はどうなのか、クラウドPBXの普及が予測される理由をご説明しましょう。

クラウドPBXと従来のPBXの普及率

クラウドPBXが登場してわずか数年ですが、すでに20社以上がサービスを提供しています。

このことからも従来のPBXに代わり、今後はクラウドPBXが主流となるのは確かです。では、各PBXの普及率はどうなっているのでしょうか?

従来のPBXの普及率

情報通信ネットワーク産業協会の発表によると、従来のPBXを含めたビジネス関連機器の国内総額は2016年でおよそ5,055億円、前年の2015年と比べて4.2%減。

さらに、2022年まで少しずつ減少していくとも予想されています。

また、2017年10月にはNTT西日本・東日本が2024年をめどにISDN(デジタル回線)の一部終了することを発表しました。

近年、急速に発展しているIP通信網と比較して、ISDNでは通信品質の低さが指摘されたためです。

その為、今はまだ主流である従来のPBXも、今後は少しずつ普及率が低下していくことは間違いないといえます。

情報通信ネットワーク産業協会

NTT東日本・西日本 20171017日 ニュースリリース

クラウドPBXの普及率

従来のPBXの普及率が徐々に低下しているのは確かですが、ではクラウドPBXはどうなのでしょうか?

今はまだクラウドPBXの普及率を明確にしているデータはありませんが、市場全体の普及率を調査してみると、2012年〜2018年にかけて年々、3〜5%ずつ増加しているという内容の調査結果を見つけました。

総務省の発表によると、顧客との情報共有に使用されるクラウドサービスの普及率は、2016年で8.3%とのことです。

正直、「少ないな…」と感じる方もいると思いますが、クラウドPBXはまだ普及段階ですので当然の数値ともとれます。

総務省 第2部 基本データと政策動向

提供業者に聞いたところ

実際に、従来のPBXやクラウドPBXのサービスを取り扱っている提供業者に聞いてみたところ、今では問い合わせの8割以上がクラウドPBXに関するもので、従来のPBXに関するものは2割もないそうです。

もちろん、これはあくまで調査した提供業者の声でしかないのですが、提供業者側がそのように感じているということは、ユーザー側(企業側)が従来のPBXからクラウドPBXに切り替える流れにあると考えられます。

今はまだ普及率は少なくても今後、5年後、10年後にはクラウドPBXが圧倒していることはおよそ間違いないでしょう。

クラウドPBXの普及が予測される理由

今はまだ従来のPBXの方が普及率は高いですが、調査結果から今後はクラウドPBXへの切り替えが急速に進むと予測できます。

では、なぜこれからクラウドPBXの普及が進むと予測することができるのか、その3つの理由をご説明しましょう。

新規導入も乗り換えも簡単!

従来のPBXを導入するには、オフィス内に構内交換機や固定電話機を設置して、電話配線工事など大掛かりな工事が必要でした。

当然、それだけ導入コストも、それこそ機器類の管理コストもかかっていたわけです。

その点、クラウドPBXはインターネット環境さえあれば、構内交換機や固定電話機は必要ありません。

パソコンやスマホ、タブレットに専用アプリをインストールするだけで利用できるので、新規導入も乗り換えも簡単にできるのです。

従来のPBX以上に使い勝手がいい

内外線通話、パーク保留、呼出転送など、様々な機能があり従来のPBXも十分に便利ではありますが、基本的にオフィスや店舗内でのみ使用するものですし、一度設置してしまうと設定の変更や電話機の追加も簡単にはできません。

対して、クラウドPBXでは従来のPBXと変わらない機能の他、クラウドならではのチャット機能やCTI機能などが使用できるサービスもあります。

さらに、スマホであれば場所にもとらわれませんし、専用アプリなので電話機の追加も簡単です。

まとめ

従来のPBXの普及率が徐々に減少傾向にあるのに対して、クラウドPBXはこれから伸びていくとのことでした。

従来のPBXと比較して導入や管理コストもかからず、さらにスマホがあれば簡単に電話機を追加でき、クラウドにより様々な機能を活用できるわけですから、クラウドPBXの普及が進むと予測されるのも納得です。

ただ、クラウドPBXと一口に言っても、国内外に様々なサービスがあります。

中には、必要な機能が搭載されていなかったり、サポートが不十分だったりするサービスもありますので、もしクラウドPBXの導入を検討しているのなら、複数のサービスを比較してみて目的に合ったものを探してみてください。

 

PAGE TOP