now loading

クラウドPBXの構成図からビジネスフォンとの仕組みの違いを解説

クラウドPBXの構成図からビジネスフォンとの仕組みの違いを解説

この記事のもくじ

クラウドPBXとは、インターネット上にビジネスフォンの主装置(PBX)を仮想構築する次世代のビジネスフォンです。

主装置とは、社内の回線と外線とを接続する交換機の役割を果たすもので、主装置を経由するからこそ、ビジネスフォンに内線番号を付与したり、保留・転送機能を始めとしたビジネスフォンの機能を利用できます。

クラウドPBXではオフィスの中に主装置(PBX)を設置しなくても良いため、インターネット環境さえ整っていればビジネスフォンの機能が利用できます。

しかも、インターネット回線を利用するサービスなので、従来のビジネスフォンのような置き型の電話機(=SIPフォン)だけでなく、PCやスマホを電話機としてオフィス外へ持ち出して使用することもできます。

このような画期的なサービスであるクラウドPBXは、どのような構成になっているのでしょうか?

本記事では、クラウドPBXの仕組みと一般的なネットワーク構成を構成図とともに分かりやすくご紹介いたします。

クラウドPBXの仕組みを解説

クラウドPBXの仕組みの説明の前に、簡単に一般的なビジネスフォンの仕組みを紹介します。

一般的なビジネスフォンの仕組み

そもそも、ビジネスフォンとは家庭用の電話とは異なり、電話機に電話回線をつないだだけでは使用できません。

主装置(PBX)を社内に設置したあと電話線の配線工事を行い、各電話機に接続して初めて利用できます。

※主装置およびPBXとは
主装置およびPBXとは「構内交換機」になり、外線の発着信や内線同士の接続など電話を制御する役割を果たす機器になります。(NTT局内にある電話交換機を小型化したようなものです。)

このように、一般的なビジネスフォンは社内に主装置(PBX)を設置し、電話機との接続には専門業者による配線工事が必要になります。

以上を踏まえてクラウドPBXの仕組みが一般的なビジネスフォンとどう違うのかご説明いたします。

クラウドPBXの仕組み

クラウドPBXの仕組みの前に、「クラウド」についてご存じでしょうか?

Googleフォトやビジネスチャット・Zoomなどクラウドを活用したサービスは、ビジネスや日常生活でだいぶ身近になりましたね。

クラウドとは、インターネット上のサーバーにアクセスをすることで各種ツールを利用したり、データ共有・保存をしたりできるサービスの総称です。

まずは、一般的なビジネスフォンとクラウドPBXとの違いを表にまとめたものをご覧ください。

◇ビジネスフォンとクラウドPBXの仕組みの違い

クラウドPBXとビジネスフォンとの仕組みの違い

上記の表をもとに、クラウドPBXとビジネスフォンとの仕組みの違いをチェックしていきましょう。

クラウドPBXの仕組みや構造を理解するうえで違いを知ることは役に立つので、チェックしましょう。

クラウドPBXは社内にPBXの設置が不要

まずビジネスフォンを利用するためには主装置(PBX)を社内に設置しなければなりません。

クラウドPBXでは、サービス提供会社のクラウド上(サーバー)に主装置(PBX)の機能を構築するので、主装置(PBX)の設置が不要になります。

ユーザーはインターネット経由でサービス提供会社のサーバーに接続すれば通話やデータ通信ができるのです。

インターネット接続をするためには、有線LAN・無線LAN(Wi-Fi)・携帯電話会社の電波・公共のWi-Fiなどが利用可能です。

従って、社内・社外を問わずどこにいてもビジネスフォンが利用できるようになるというわけです。

利用できる電話機

従来のビジネスフォンの場合は、PBXと電話機端末がセットで販売されています。
メーカーはもちろんですが、PBXと電話機の機種が一致していないと接続できないので、基本的にはPBXに対応した電話機しか利用できません。

一方クラウドPBXは、以下の3種類の端末が利用できるのです。

ビジネスフォン クラウドPBX
社内に主装置(PBX)の設置 必要 不要
利用できる電話機 主装置(PBX)と

同一メーカー・機種の電話機

・SIPフォン

・ソフトフォン

・スマートフォン

配線方法 電話線(モジュラーケーブル) LANケーブル
配線工事 必要

(工事担当者の有資格者)

不要

(LANケーブル配線に資格は不要)※ただし、インターネット光回線の設備とアダプタの設置が必要

詳細
SIPフォン(IP電話機) SIPフォンはIP電話機の一種で、ビジネスフォンにLANケーブルを接続する電話機です。
ソフトフォン(PC) ソフトフォンは、パソコンに専用ソフトウェアをインストールすることで、インターネットを利用してパソコンで通話ができる通話システムです。
スマートフォン クラウドPBXの専用アプリをスマートフォンにインストールするだけでビジネスフォンに。

インターネット(3G・LTE・Wi-Fi)環境が整っている場所なら外出先でも外線・内線通話が可能。

電話機に関しては『クラウドPBX型ビジネスフォンで使える電話機は3種類!』で3種類の端末を詳しく紹介しているので是非ご覧ください。

配線工事及び配線方式

一般的なビジネスフォンはモジュラーケーブルと呼ばれる電話線で主装置(PBX)と接続します。
電話回線工事には「工事担当者」という資格が必要なので、電話回線工事をおこなう際には業者に依頼しなくてはなりません。

一方クラウドPBXで固定電話のSIPフォンを利用する場合、インターネットで通話を行うのでLANケーブルで接続します。
(パソコンやスマートフォンは社内にWi-Fi環境があれば、LANケーブルの配線は不要です。)

LAN配線の工事は、電話回線の工事と比較するとずっと手間が少ないので、初回の設置の際はともかく、入れ替えの際や社内の配置移動の際などはケーブルを抜き差しするだけで業者の力を借りなくても作業できるケースが多いです。

クラウドPBXは初期費用が安い

従来のビジネスフォンとクラウドPBXとを比較した場合、クラウドPBXの工事はとても手軽でシンプルです。
また、業者に依頼をしなければならない部分も大幅に減るので、工事費用や工事の手間も大きく軽減できます。

より詳しい仕組みの説明は『クラウドPBXとは?仕組み(PBXとの違い)やできることを解説(内部リンク)』の中で紹介しているので是非ご覧ください。

クラウドPBXの一般的なネットワーク構成図(インターネット光回線を利用するタイプ)

前項では一般的なビジネスフォンと比較しながらクラウドPBXの仕組みをご紹介しましたが、言葉だけでは仕組みはわかりませんよね。

そこで、一般的なクラウドPBXのネットワーク構成例として、NTT東日本・NTT西日本で提供する「ひかりクラウドPBX」の構成図を見ながら仕組みや構成を確認してみましょう。

クラウドPBX(ひかりクラウドPBX)の構成図

ひかりクラウドPBXは、内線通話機能やPBX機能をクラウド上のサーバーから提供するクラウド型ビジネスフォンサービスです。

その構成図は以下のようになります。

NTT東日本「ひかりクラウドPBX」

出典:NTT東日本「ひかりクラウドPBX」

このように、クラウドPBXは主装置(PBX)が不要。従来のインターネットと同じようにルーターを介してSIPフォンが利用できるのはもちろん、Wi-Fi経由でスマートフォンも活用できます。

スマートフォンはどこからでも社内との内線化が実現でき、インターネットが接続できる場所なら海外からでも内線通話が可能になるのです。

内線化が可能になると、外出先からでも会社の代表番号で発着信することも可能になります。

また、現在オフィスでビジネスフォンを利用しているときでも、「VoIP-GW(ゲートウェイ)」をレンタルして設置することで、クラウドPBXとの併用が可能になります。

VoIP-GW(ゲートウェイ)はサービス提供会社からレンタルでき、別途月額料金が必要になります。

そちらの詳しい説明は、「VoIPゲートウェイでクラウドPBXと既存のビジネスフォンを連携!」をご覧ください。

さらに、構成図の上部に明記されている通り、全国の支店・支社などの拠点にクラウドPBXを採用することで、拠点間通話の内線化が実現できるので、通信コストの削減および業務効率化にも効果的です。

現在クラウドPBXサービスを提供している事業者は、イメージ的にほぼ同じネットワーク構成になります。

基本はインターネットを介して利用するサービスなので、従来のビジネスフォンとは仕組みがまったく違うことは認識しておきたいですね。

クラウドPBXの構成に迷ったら、営業担当が頼もしい「OFFICE PHONE」がおすすめ

クラウドPBXの構成図は、クラウドサービスのイメージをつかむためにわかりやすいですが、専門業者でなければインターネット回線や電話機をどのように配線すれば良いのかはわかりませんよね?

アプリのダウンロードの仕方や電話帳の登録の仕方など基本的な設定や機能の使い方が分からなくて困っている方もいるかもしれません。

そこで、おすすめしたいのがネットワークに関するプロフェッショナルである「OFFICE110」が運営する「OFFICE PHONE」です。

「OFFICE PHONE」では、導入時や導入後に担当営業のスタッフがていねいにサポートをおこなっているようなので、導入時に不安のある企業担当者にこそおすすめです。

19年間に渡り、20,000社以上に導入実績があるため、技術面でも経験面でも安心です。

また、クラウドPBXとしての実力も業界随一です。

  • 従来のビジネスフォンとの違いが分からないほどの優れた音質
  • 10台3,400円~の安心価格
  • インターネット光回線を土台にしたサービスであり、市外局番の電話番号の継続利用が可能

クラウドPBX導入時にどのメーカーにしようか迷っている方は、ぜひ一度お問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回はクラウドPBXの仕組みや構成についてご紹介しましたが、イメージできたでしょうか?

クラウドPBXはビジネスフォンとは異なり、インターネット経由でクラウド上に構築された主装置、PBXに接続して通話やデータ通信を行う電話システムです。主装置、PBXといった機器の設置が不要になるので、初期費用が大幅に削減できるのです。

また、スマートフォンや拠点間の内線化が実現できます。

これから、新たに事務所を開設する方や全国に拠点を構えている企業で、クラウドPBXを導入もしくは切り替えていけば、コスト削減や業務効率の向上が期待できるでしょう。

クラウドPBXならOFFiCE PHONE 今なら3ヶ月間使用料無料キャンペーン実施中
PAGE TOP