now loading

“原則”電話番号はそのまま!クラウドPBX切り替え時の番号

“原則”電話番号はそのまま!クラウドPBX切り替え時の番号

この記事のもくじ

現在ビジネスフォンを使っているオフィスでクラウドPBX に切り替えるとき、「今使っている代表電話の電話番号は変わらないのか?」と、心配になる方もいるのではないでしょうか。

すでに営業しているオフィスで代表電話の番号が変わってしまうと、顧客や取引先に電話番号が変わった旨を伝えなければならないほか、名刺や封筒などを作り替えるなど何かと面倒ですよね。

しかし、クラウドPBX では原則今まで使っていた電話番号は変わらずに継続して利用できるようになっています。

ここからは、クラウドPBX に切り替えたときの電話番号についてご説明いたします。

クラウド PBX に切り替えても電話番号は継続して使える!

クラウドPBX は従来のビジネスフォンとは違い、オフィスの中に主装置( PBX )を設置せず、インターネット上のサーバーに主装置の機能を持たせること(クラウド化)により、スマホやパソコンがビジネスフォンとして利⽤できるサービスです。

基本はインターネットを介して通話やデータ通信を行うサービスなので、インターネット環境さえ整っていれば場所を選ばず導入できます。

スマホに専用アプリをインストールすればビジネスフォンの機能が使えるようになり、代表電話番号での発着信が可能になります。

新たに事務所を開設するときは、クラウドPBX のサービス提供会社で一括取得できます。

発番できる電話番号はサービス提供会社で違いはありますが、一般的に「東京03 」「大阪 06 」などの全国の市外局番のほかに、IP 電話の「 050 」、フリーダイヤルに「 0120 」「 0800 」といった電話番号が取得できます。

しかし、すでに営業している会社がビジネスフォンからクラウドPBX に切り替えたとき、今まで使っていた代表電話の電話番号まで変わってしまうと業務に支障が出てきてしまいます。

そこで、電話番号が変わるのを懸念して切り替えを迷っている方もいるかもしれませんが、 クラウド PBX では原則今まで利用していた電話番号を変えずに継続して利用できるようになっています。

NTT で発番した電話番号であれば基本的に電話番号の引き継ぎが可能です。

また、クラウドPBX は複数の電話番号を取得することもできます。

申し込みのときに、今までの電話番号を継続して使うのと同時に、代表電話とは別に部門別に電話番号を取得することも可能です。

以上のように、ビジネスフォンからクラウドPBX に切り替えても電話番号はそのまま継続して利用できるので、電話番号が変わるのを懸念して迷っていた方も安心して切り替えられるのではないでしょうか。

ただし、電話番号を引き継ぎたいときは事前の確認は忘れずに!

多くのクラウドPBX で電話番号が引き継げるサービスを行っていますが、今お使いの電話回線によっては電話番号がそのまま使えないケースがあるので、確実に引き継ぎができるのか 事前に確認してから契約するのが重要です。

今までの電話番号が引き継げないケースとして、

・NTT 以外の会社から発番した電話番号
(例えば、ソフトバンクやKDDI 、ケーブルメディアなどから発番した電話番号 など)

このように、現在NTT以外から発番した電話番号を使っているオフィスでは電話番号が引き継げないことがあるので、事前にサービス提供会社の電話番号の引き継ぎ条件を確認してから契約するようにしましょう。

まとめ

ビジネスフォンからクラウドPBXに切り替えたとき、基本的に今まで利用していた電話番号はそのまま継続して使うことができます。

クラウドPBX を導入すればスマートフォンで代表電話番号の発着信が可能になるので、利便性が向上するとともに通信費の削減にも一役買ってくれます。

ただし、もともとNTT のアナログ回線やデジタル( ISDN )回線で電話番号を取得していないときは引き継げないケースがあるので、サービス提供会社の引き継ぎ条件をしっかり 確認してから契約するようにしましょう。

PAGE TOP