now loading

増員時の「追加」「設定変更」がすべてブラウザ上でできる

増員時の「追加」「設定変更」がすべてブラウザ上でできる

この記事のもくじ

ビジネスフォンをお使いのオフィスでは、電話機を1 台増やしたい、内線番号を変更したいというとき何かと面倒ですよね。

従来のビジネスフォンは導入したあと電話機の増設など行うときは、その都度、専門業者に依頼しなければならず時間と費用がかかってしまいます。

それがクラウドPBX なら、増設などの各種設定が誰でもスマホやパソコンから簡単に設定できてしまうのです。

スマホやパソコンからクラウド PBX 専用の管理画面にアクセスすれば各種設定が行えるようになるため、増設や設定の変更が即座に行えるようになります。

ということで、ここからはクラウドPBX の「設定」について詳しくお話していきます。

クラウドPBX の設定はスマホやパソコンで簡単設定!

クラウドPBX を簡単に説明すると、今までのビジネスフォンとは違いオフィスの中に主装置(PBX)を設置せず、インターネット上のサーバーに主装置(PBX)の機能を持たせること(クラウド化)により、スマホやパソコン、IP 電話端末をビジネスフォンとして利用できるサービスになります。

クラウド上からインターネット回線を使ってすべての端末を制御するので、インターネット環境さえあれば、いつでもどこからでも通話ができ、海外でもスマホやパソコンがビジネスフォンの役割を果たしてくれるのです。

クラウドPBX を導入する一番のメリットはスマホがビジネスフォンの役割をしてくれることです。

そうなると、オフィスには従来のビジネスフォンで必要な主装置(PBX)や卓上の電話機などの設備が一切不要になり、さらに電話配線工事さえも必要なくなり、初期投資が大幅に軽減できるようになるのです。

また、増設や設定の変更など行いたいとき、従来のビジネスフォンはその都度、専門業者に依頼する必要があり時間と手間、費用が掛かってしまいますが、クラウドPBX ならパソコンやスマートフォンのブラウザ画面を通して自分で簡単に設定を行うことができるのです。

クラウドPBX はインターネット経由で利用する電話サービスなので、増設や設定変更などはスマホやパソコンのブラウザ画面でいつでも、だれでも簡単に行うことができるのです。

スマホ・パソコン上でできるクラウドPBX の設定例

そこで、クラウドPBX では実際にどんな設定がスマホ・パソコンからできるのか?ここでは、設定内容の一例をご紹介します。

  • 内線電話番号の増減
  • 通話内容のモニタリング(稼働状況一覧)
  • 発着信禁止機能の設定
  • 全通話履歴の参照
  • 全通路録音および分析
  • IVR(自動音声応答)設定
  • CRM(顧客情報管理)設定

設定できる機能はサービス提供会社で異なりますが、一般的に以上の設定および確認が行えます。

また、従来のビジネスフォンは故障したときなど修理やメンテナンスはその都度、専門業者に依頼しなければなりませんでしたが、クラウドPBXなら、サービス提供会社で定期メンテナンスを行いシステムは常に最新の状態に更新されているので、修理やメンテナンスも一切必要ないのです。

そこで、ビジネスフォンとクラウドPBX の設定に関する比較を表すと以下のようになります。

ビジネスフォン クラウドPBX
増設作業 専門業者に増設を依頼 パソコンやスマホから簡単に手続きができる
移設作業 専門業者に移設を依頼 パソコン移設はLAN 配線のみ
設定は誰が? 専門業者 管理者権限がある社員
設定難易度 専門知識が必要 簡単
設定費用 有料 0円
故障時の保障 有料 0円

まとめ

従来のビジネスフォンは導入したあとの増設やレイアウト変更のたびに、その都度工事を依頼する必要があります。

それがクラウドPBX なら、スマホやパソコンから簡単に設定することができるのです。

今までのビジネスフォンは設定だけでも時間も費用もかかっていましたが、クラウドPBX は即座に無料で増設などの設定も可能なのです。

さらに、メンテナンスもクラウドPBX サービス提供会社が行うので、故障の心配がなく余計な出費を抑えることができます。

クラウドPBX を導入することで、

  • 故障リスクを考えなくてもいい!
  • ビジネススフォンの追加購入費用が不要!
  • 今まで増設にかかっていた費用や時間はすべて不要!
  • 設定費もスマホで出来るので不要!

このようなメリットがあります。

今まではスタッフの増員や減少の度に電話回線やビジネスフォンを追加したり、解約したりと一つ一つの作業に時間と費用が掛かっていましたが、クラウドPBX では即座に無料で対応できるようになるのです。

いかがだったでしょうか?これらの内容をふまえて、あなたなら「旧型:ビジネスフォン」と「ニュータイプ:クラウドPBX」どちらを選択されますか?

PAGE TOP