now loading

クラウドPBXが使える電話機は3種類!特徴とおすすめ

クラウドPBXが使える電話機は3種類!特徴とおすすめ

この記事のもくじ

クラウドPBX の導入を検討するとき、利用できる「電話機」が気になる方もいるのではないでしょうか。

新規で導入するときに利用できる電話機はもちろん、現在ビジネスフォンを使っているオフィスでは多機能電話機や主装置(PBX)がそのまま使えるのか、それとも新たに電話機を購入しなければならないのか気になりますよね。

先に説明しておくと、一般的にクラウド PBX では3種類の端末が利用できる ようになっており、利用目的に合わせて使い分けができます。

そこで、ここからはクラウドPBXで利用できる3種類の端末の説明と既設のビジネスフォンを利用する方法などご紹介していきます。

クラウド PBX で利用できる 3 種類の電話機とは?

クラウドPBX で利用できる電話機に関して、基本としてサービス提供会社の専用アプリがインストールできる端末なら利用できます。

そこで、一般的なクラウドPBX で利用できる端末は以下の3種類になります。

  1. スマートフォン(タブレット)
  2. SIP フォン
  3. ソフトフォン(パソコン)

詳しくはあとで説明しますが、クラウドPBX ではこの3種類の端末が利用できるようになります。

そもそもクラウドPBXとは、今までのビジネスフォンとは違い、オフィスの中に主装置( PBX )を設置せず、インターネット上のサーバーに主装置PBX )の機能を持たせること(クラウド化)により、ご紹介した3種類の端末がビジネスフォンとして利⽤できるサービスになります。

クラウド上のサービスからインターネット回線を使って3種類の端末すべてを制御できるので、国内のみならず海外でもインターネット環境されあればスマホやパソコンがビジネスフォンの役割を果たしてくれるのです。

また、スマホやパソコンを利用すればオフィスには主装置(PBX )や卓上電話機などの設備は⼀切不要で、さらに電話配線⼯事さえも不要になるので、従来のビジネスフォンと比べると大幅に初期費用が軽減できます。

ここからは、3 種類の端末の特徴など簡単にご紹介していきます。

➀スマートフォン

クラウドPBX を導入する最大のメリットが、 スマートフォンでビジネスフォンの機能が使えるようになることです。

クラウドPBX のサービス提供会社が提供する専用アプリをスマートフォンにインストールして、サービス提供会社のアカウント情報を設定するだけでビジネスフォンと同じかそれ以上の機能が使えるようになります。

スマホがビジネスフォンのように使えるので、外出先でもオフィスの代表電話で通話の発着信ができるようになります。

そのため、現代のオフィスで注目されているBYOD (私的なスマホを持ち込んで業務利用すること)やテレワーク(場所を選ばない働き方)の推進にも有効に活用できるようになるのです。

➁ SIP フォン

SIPフォンの SIP は「 Session Initiation Protocol (セッション・イニシエーション・プロトコル)の略語で、簡単には インターネット上で通信をおこなう技術 を指し IP 電話などの技術に用いられています。

SIP はリアルタイム通信に適しており、音声通話だけではなく同時に映像通信もできる技術なので、テレ ビ電話やビデオ会議などにも応用されています。

SIPフォンを利用するときは、 S IP に対応した多機能電話機を利用するほか、次に紹介するソフトフォンをインストールしたパソコンでヘッドセットなどを接続して利用することもできます。

SIPフォンの多機能電話機を利用するときの接続には、従来のビジネスフォンのような電話線(モジュラーケーブル)ではなく LAN ケーブルが使われます。

SIP対応の多機能電話機は多くのメーカーから販売されていますが、通常のビジネスフォンより SIP フォンの方が1台当たりの費用も安く販売されているので、初期費用的にも軽減できます。

➂ソフトフォン

ソフトフォンとは、パソコンに専用ソフトウェアをインストールすることで通話ができるようになるシステムです。

上で紹介したSIP フォンとしても活用できます。

ソフトフォンは名前の通り、パソコンにインストールしたソフトウェアが電話機の役割を果たします。

ソフトフォンは主にコールセンターなど、パソコン画面を見ながら入力作業を行うような職種で利用され、ヘッドセットを使って通話を行います。

実際にどんなソフトフォンが利用できるのかに関しては、無料で利用できるクラウド PBX に連動したおすすめのソフトフォンをご紹介します。

【MOT/PBX ソフトフォン】
クラウドPBX サービスを提供する「 MOT/PBX 」が提供するソフトフォンサービスです。

利用したいパソコンにソフトウェアをインストールして専用のUSB 型の受話器( USB フォン)を挿して利用します。

外線・内線通話、保留・転送など一般的なビジネスフォンと同じような機能が標準で備わっています。

【Express Talk ソフトフォン】
Express Talkは、ビジネス向けの機能を複数搭載したソフトフォンです。

通常の通話はもちろんVoIP サービスプロバイダーを使えば全世界の固定電話に安価で通話ができるようになります。

無料ダウンロードは非営利目的であれば使用期限が無く、通常版の機能とほぼ同じ機 能が使えます。

以上、クラウドPBX で利用できる3種類の電話機をご紹介しましたが、ソフトフォンやスマホを利用すれば端末の用意すら必要なくなります。

例えば、会社にSIP フォンを1台設置して、あとはスマートフォンとソフトフォンを活用するようにすれば初期費用が大幅に削減できます。

利用パターンは様々なので、オフィスのニーズに合わせて端末を選べば初期費用はもちろん、毎月の通信コストの削減や業務効率化にも繋げて行くことができます。

既設のビジネスフォンおよび主装置( PBX )を活用する方法

クラウドPBX では紹介した通り3種類の端末が利用できますが、現在ビジネスフォンを利用しているオフィスでクラウド PBX を導入するとき、既設の多機能電話機や主装置( PBX )が活用できるのかと疑問がある方もいるでしょう。

一気にクラウドPBX に切り替えるのに抵抗があるオフィスやビジネスフォンのリース期間および保守期間を満了していないオフィスでは、既設ビジネスフォンが活用できれば何の問題もありませんよね。

そこで、既設ビジネスフォンを活用したいときは、「 VoIP ゲートウェイ」という機器を設置すれば既設のビジネス フォンや主装置( PBX )が利用できるようになります。

VoIP ゲートウェイは 「電話とインターネットの相互通信を可能にする機器」 になり、簡単には電話回線とインターネット回線を中継する役割を果たします。

VoIP ゲートウェイは自社で購入すれば、

  • VoIPゲートウェイ機器料金: 10 万円~
  • 設置費用:1万円前後

このように10 万円以上の費用が必要になるため、 VoIP ゲートウェイはサービス提供会社からリースする形が多いです。

毎月のリース料は必要になりますが、逆に言うと、この初期費用以外は何もかからずに既設のビジ ネスフォンや主装置( PBX )をそのまま活用できるようになります。

それにより、クラウドPBXにまとめて切り替えるのに抵抗があるオフィスでは段階的に切り替えていくことも可能になるとともに、リース期間および保守期間が満了していないオフィスでは期間が満了してから正式にクラウド PBX に切り替えることもできます。

VoIPゲートウェイに関しては 「既存 PBX は「 VoIP ゲートウェイ」設置でクラウド PBX が利用可能!」 こちらで詳しく説明しているので、既設ビジネスフォンを活用したい方は参考にご覧ください。

まとめ

クラウドPBX では、スマートフォン、 SIP フォン、ソフトフォンの3種類のタイプの端末が利用できます。

3種類の端末の利用パターンは様々なので、オフィスのニーズに合わせて使い分ければ初期費用はもちろん、通信コストの削減や業務効率化にも繋げて行くことができます。

また、まとめてクラウドPBX に切り替えるのに抵抗があるオフィスでは、 V oIP ゲートウェイを設置することで既設ビジネスフォンが活用でき、段階的にクラウ ド PBX に切り替えていくこともできます。

このように、クラウドPBXは様々なニーズに合わせて端末を選択できるので、まずは利用シーンを考えながら利用する端末を選んでいきましょう。

PAGE TOP