now loading

停電時にクラウドPBXは使用できない⁉3つの対策とは

停電時にクラウドPBXは使用できない⁉3つの対策とは

この記事のもくじ

企業のライフラインともいえるビジネスフォン。営業時間中は、たとえわずかな時間であっても途切れてしまうわけにはいきません。
しかし、クラウドPBXの説明書やWebページを見ると「停電時には使用できません」という注意喚起がよくされています。

今回は、「停電時にクラウドPBXは使用できない⁉3つの対策とは」と題して、停電時のクラウドPBXの使用の可否や対策方法について紹介します。確かに、対策をしなければクラウドPBXは停電時に使用できなくなってしまいますが、対策を取れば大きなトラブルを避けれます。
停電によって生じうるデメリットについても紹介していますので、併せて参考にしていただければ幸いです。

停電時にはクラウドPBXは使用できない⁉

クラウドPBXのデメリットの一つとして、停電時には電話が使用できなくなる点があります。

クラウドPBXのデメリットまとめはこちら(→内部リンク デメリット・課題)。

電話機を使用する際に電源が必要であるのは、従来のアナログ回線やISDN回線のビジネスフォンでも同様ですが、これらのビジネスフォンは音声回線を通して主装置や交換機から電力の供給を受けています。主装置には一般的にバックアップの電力が設定されているため、停電を起こしても即座に電話がつながらなくなるという事態にはなりません。

しかしクラウドPBXの場合、コンセントに直接電源を接続して電源を確保します。従って、停電が起こった場合には即座に使用できなくなってしまいます。

停電によって生じるデメリット

クラウドPBXが停電になった際に生じるデメリットについて把握しておく必要があります。

1点目は、電話の発着信が行えないことです。
家電製品や電力を必要とする機器は漏れなくそうなのでイメージしやすいと思います。

特に以下のサービスでは、営業時間中回線がストップしてしまうと顧客や関係者からの信用を大きく損なうため、着信できないことが死活問題になりかねません。

・企業のコールセンター
・市役所・交番・消防署などの公共サービス・施設
・病院や介護施設

さらに2点目として、ビジネスフォン子機に個別に登録されていた電話帳や内線番号などのデータ、留守番電話メッセージなどのデータが消去されてしまう可能性があります。
通常、ビジネスフォン子機にはバッテリーが搭載されているため、短時間の停電で即座にこうしたデータが消失してしまうことはありませんが、停電が長時間続く場合、使用している機種が古い端末の場合、バッテリーの残量が少ない場合などは特に要注意です。

3点目として、ビジネスフォン子機の故障リスクです。
ビジネスフォンだけではありませんが、電化製品は急に電源がストップすると、稀に故障してしまうことがあります。

停電時のための対策

停電時のための対策について紹介します。

対策①スマートフォンの音声回線を使用

発着信できないビジネスフォンの代替として一時的にスマートフォンの音声回線を使用します。

社内スタッフとの通話やBtoB企業の取引先との応急処置的な対応としては、手軽で有効な手段です。

ただし、外線番号での着信を行うことはできないことから対外的には電話回線がダウンしている状態となるため、BtoCの企業やコールセンターなどの対応としては不十分といえるでしょう。

対策②UPS(無停電電源装置)を設置する

UPSとはUninterruptible Power Supplyの略で、バッテリーや簡易な発電機を内蔵している機器のことを指します。
機種にもよりますが、停電時でも1~2時間程度電源を供給してくれます。

UPSはPCの停電対策としてサーバーなどによく用いられていますが、ビジネスフォンの停電対策としてもとても有効です。

具体的な機種としては、Smart-UPS 750 RMなどがあります。

UPSの機能や価格はさまざまですので、ビジネスホン会社の担当者に相談してみると良いでしょう。

対策③データ管理のルール徹底とバックアップを

停電時のデータ消失のリスクへの備えについては、2つの対策が考えられます。

一点目は、電話帳データや短縮ダイヤルの設定などは基本的にビジネスフォン子機ではなく本社で一括管理をするように徹底することです。

基本的には、ほぼ全てのクラウドビジネスフォンにてデータを一括管理できる機能が搭載されています。
本部で登録したデータは、クラウドビジネスフォンのサーバー上に保存されるため停電が発生してもデータは消失しません。もし不安であれば、さらに外部メモリ媒体やストレージなどにデータを保管しておくと安心でしょう。

留守番電話や通話の録音データなどに関しても、データとして保存できるケースが多いので、確認しておくと良いでしょう。

まとめ

クラウドPBXは停電になってしまった場合には使用できません。
しかし、UPS(無停電電源装置)を活用すれば、停電時でも一定の時間は電話機を使用し続けることができます。急な停電による電話機の故障リスクも低減できます。
特に、公共のサービスや、BtoCのコールセンター、受付窓口、病院や医療施設などは外線が通じないと顧客からの大きな信用低下にもつながります。

こういった設備を導入しない場合には、スマホの音声発信やアプリを活用して応急対応を行ってください。バックアップを日常的にしっかり取って、万全の体制を整え、いざという場面に備えましょう。

PAGE TOP