now loading

会社の代表番号がスマホで使える!携帯との連携機能

会社の代表番号がスマホで使える!携帯との連携機能

この記事のもくじ

クラウドPBX を導入する最大のメリットは、スマートフォンでビジネスフォン機能がそのまま利用できることです

また、オフィスには主装置(PBX )や卓上の電話機などの設備は⼀切不要で電話配線⼯事さえも不要になるので、大幅に初期費用が削減できます。

というメリットがある一方で、

「今まで使っていた代表電話番号が変わるのか?」
「スマホから会社の代表電話番号で発信できるのか?」
「新規で電話番号を取得した際はどんな番号なのか?」

など、クラウドPBX の導入にあたってオフィスの代表電話のことが気になる方もいるのではないでしょうか。

現在オフィスでビジネスフォンをお使いの会社がクラウドPBX に入り替えたとき、代表電話番号が変わるようなことになったら大変です。

また、スマホがビジネスフォンとして使えても代表番号で発着信できなければ、普通にスマホを使っているだけになりますよね。

ここからは、クラウドPBX を導入するときの代表電話番号の取り扱いについてお話していきます。

クラウドPBX に入り替えたときも代表番号は基本的に変わらない!

現在ビジネスフォンを使っているオフィスでクラウドPBXへの入り替えを検討するとき、代表電話番号が変わってしまうのではないかと懸念している方もいるのではないでしょうか。

もし、代表電話番号が変わればビジネスの面で大きなデメリットが発生してしまいます。

このように代表電話番号が変わるのを懸念して入れ替えを迷っている方もいるかもしれませんが、基本的に今お使いの電話番号を継続してクラウドPBX で利用できるようになっています。

ただし、現在契約している電話回線がNTT 以外(KDDI や各種CATV など)のときやIP 電話に対応していない電話回線のときは電話番号が引き継げないケースがあるので、契約予定のサービス提供会社の電話番号の引き継ぎ条件は事前に確認する必要があります。

代表電話番号の引き継ぎに関しては「クラウドPBX に切替えても電話番号は”原則”変わらない!」こちらで詳しく説明しているので、気になる方は参考にご覧ください。

スマホから代表電話番号で発信が可能に!BYOD にも最適!

BYOD とは、「Bring Your Own Device(ブリング・ユア・オウン・デバイス)」の略語で、社員がプライベートで利用している携帯端末をビジネスの場で業務用として利用することを意味しています。

クラウドPBX の仕組みは今までのビジネスフォンとは違い、オフィスの中に主装置を設置せず、インターネット上のサーバーに主装置(PBX)の機能を持たせること(クラウド化)により、スマホやパソコンをビジネスフォンとして利用できるようになります。

スマホが利用できる仕組みは、クラウドPBX サービス提供会社が提供している専用アプリをスマホにインストールしてアカウント情報を設定するだけでビジネスフォンの機能がスマホで使えるようになります。

そこで、代表電話番号もスマホから発着信ができるようになるのです。

機能的には従来のビジネスフォンと同じ機能がスマホで使えるようになるので、外出先から取引先などに電話するときでも、代表電話番号から発信ができます。

また、着信に関しても、スマホにも代表電話番号の着信が入るので、外出先でも会社の電話として利用できるのです。

ほかにも、オフィスで着信した電話を外出中の社員のスマホに内線転送できるほか、逆にスマホで着信した電話をオフィスの電話機に内線転送することも可能になります。

さらに、クラウドPBX はIP 電話の「050」やフリーダイヤル「0120」、「0800」などの複数の番号が登録できるため、会社の代表電話番号だけでなく、IP 電話やフリーダイヤルからでも発信できるのです。

クラウドPBX はBYOD にも最適!

クラウドPBX はスマホでビジネスフォンと同じ機能が使えるようになることから、BYOD に最適なサービスとしても注目されています。

現在、クラウドPBX を導入していない企業ではBYOD は公私の使い分けが難しく、通話料などの支払いでトラブルが発生するほか、万⼀スマホを紛失してしまったときは情報漏えいなどのリスクが高くなってしまいます。

そこで、クラウドPBX を導入すれば、個人のもともと利用している携帯番号からの発着信は個人の費用になりますし、クラウドPBX のアプリからの発着信は会社費用と簡単に公私の使い分けができるようになります。

BYOD が可能になれば、テレワーク(場所を選ばない働き方)や社員に支給するスマホや固定電話機などの設備コストの削減が実現できます。

クラウドPBX によるBYOD に関しては「BYOD とは?クラウドPBX はオフィスのBYOD に最適!」で詳しく説明しているので、気になる方は参考にご覧ください。

このように、クラウドPBX を導入する⼀番のメリットはスマホがビジネスフォンと同じ機能が使えるようになることですが、上手に活用すれば現代のニーズに合った経費削減や、利便性向上というメリットを手に入れることができるのです。

新規で電話番号を取得する際はどんな番号なの?

新規の事務所を開設するのに合わせてクラウドPBX を導入するという方も電話番号が取得できます。

そこで、新規で電話番号を取得するとき、「どんな電話番号が取得できるのか?」と、疑問があるのではないでしょうか。

クラウドPBX で⼀般的に新規で取得できる電話番号は以下の通りになります。

  • 0AB-J 型(⼀般電話の市外局番):03、06
  • 050 型(IP 電話番号):050
  • フリーダイヤル:0120、0800

新規で取得する電話番号は以上のようになります。

⼀般電話の市外局番は0AB‐J 型と呼ばれ、ほとんどのクラウドPBX で「東京03」と「大阪06」は取得できますが、それ以外の市外局番に関してはサービス提供会社で異なります。

市外局番に関しては対応していない地域で取得するときは「050」が発番されます。

新規で電話番号を取得する際は、事前に対応電話番号の確認は忘れずに行いましょう。

まとめ

インターネット経由で通話やデータ通信を行うクラウドPBX では、スマホでもビジネスフォンと同じ機能が使えるようになります。

また、ビジネスフォンからクラウドPBX に入れ替えるとき、代表電話番号の変更が懸念されていますが、基本的に今まで使っていた電話番号はクラウドPBX に引き継ぎが可能なので、電話番号を変えずに利用することができます。

スマホに専用アプリをインストールすればビジネスフォンと同じ機能が使えるようになり、代表電話番号での発着信もできるのです。

オフィスの働き方のニーズに合わせて、BYOD やテレワークにも柔軟に対応できるようになります。

代表電話番号の変更がネックになって迷っていた方も、引き継ぎ条件の確認は必要ですが、経費削減や利便性向上というメリットを手に入れてみてはいかがでしょうか?

PAGE TOP