now loading

クラウドPBXは個人事業主の最強のパートナー!7つのメリット紹介

クラウドPBXは個人事業主の最強のパートナー!7つのメリット紹介

この記事のもくじ

クラウドPBXは業務効率やコスト削減の観点から、個人事業主の方にさまざまなメリットをもたらす「最強のパートナー」です。

事業をする場合は、固定電話の番号を持たなければ信頼されないと思いませんか?
しかし、会社で従来のビジネスフォンを導入すると膨大な初期導入費用がかかったり、通話料金や転送料金などランニングコストも否めません。

そこでこの記事では、これらの問題を解決できるクラウドPBXについて個人事業主向けに解説いたします。

具体的には、

  • そもそもクラウドPBXとは?
  • なぜ個人事業主がクラウドPBXを導入すべきか?
  • クラウドPBXが個人事業主にもたらすメリットとは?
  • 実際にクラウドPBXを導入した個人事業主の事例は?
  • クラウドPBXを導入する際に注意すべき販売業者選び!

といった豊富な情報です。

クラウドPBXの中でも個人事業主に焦点を当てているため、ほんの5分ほどでクラウドPBXの有益な情報を全て理解できます。

クラウドPBXとは?個人事業主の方におすすめ!

そもそもクラウドPBXとは、PBXをクラウド上(ネット上)で管理するものです。

※PBXとは?
PBXは「主装置」とも呼ばれ、社内ビジネスフォンの外線や内線の受発信・転送などさまざまな役割を担っています。この従来のPBXはオフィス内に設置する必要がありましたが、クラウドPBXはネット上(クラウド上)にPBXを構築しているためオフィス内に設置する必要がなくなりました。

※クラウドとは?
「クラウド」は正式にはクラウドサービスと呼ばれます。これまではデータの受け渡しをUSBやデータ量が少ない場合はメールでおこなっていましたが、USBやメールの代わりにネットワークを利用してネット上(クラウド上)で管理できるようにした便利なサービスです。「Google drive」や「iCloud」などはご存知でしょうか?これらはクラウドサービスの代表例です。

このクラウドPBXでは、PBXの設置や配線工事が不要なだけでなく、ビジネスフォンさえ不要。

なぜなら、個人スマホやPCにビジネスフォンアプリをインストールすれば、お持ちのスマホやPCにビジネスフォンの機能を付与できるのです。もちろん今まで通りにスマホゲームやLINEなど私用でもスマホを使えます。あとは会社にクラウドPBXのアダプターを設置して簡単設定をするだけで、早い販売業者なら1日かからず導入可能です。

クラウドPBXを導入すると、固定電話機やビジネスフォン端末本体のコストがかからない上に、固定電話の番号を取得できます。まさに、個人事業主向け。個人事業主やSOHOワーカーさんにとって、コストがほとんどかからず固定電話番号を取得できることは大きなメリットだと思いませんか?

このメリットは一部に過ぎません。クラウドPBXにはこれだけではなく、他にもさまざまなメリットが存在します。

個人事業主がクラウドPBXを導入すべき理由とは?7つのメリット紹介

個人事業主やSOHOワーカーさんへクラウドPBXの導入をおすすめする理由は、7つあります。

具体的には

  1. スマホで固定電話の番号を利用できる
  2. 導入コストを大幅削減できる
  3. 転送費用などコストを大幅削減できる
  4. 個人スマホにアプリを入れるだけで最短当日導入できる
  5. 着信ルールを設定して鳴り分けや優先順位を決められる
  6. 使い方からビジネスの質問まで充実したサポートが付いている
  7. ビジネスに役立つオプション機能が揃っている

といった理由から業務効率やコスト削減が可能になります。

スマホで固定電話の番号を利用できる

個人事業主やSOHOワーカーさんの悩みの1つとして「固定電話番号を利用するかしないか」という悩みがあると思います。

固定電話の番号を利用するとなれば、ビジネスフォン端末の購入費・通話料・転送費・膨大な導入費用など、さまざまな理由からコストがかかります。しかし固定電話を利用せずに、携帯の電話番号のみでは「企業の信頼を得られないのでは・・・」と悩みますよね。

どちらをとってもデメリットが大き過ぎます。
その固定電話の問題を解決できるのが、クラウドPBXです。

クラウドPBXはビジネスフォンや固定電話機の代わりにスマホやPCを使用するため、ビジネスフォンや固定電話の購入はもちろん不要。ご自身のスマホやPCで固定電話の番号を利用できます。

なぜなら、従来のPBXでは大規模な配線工事をして物理的にビジネスフォンを繋げていましたが、クラウドPBXはインターネットを活用するため、インターネットを繋げられる端末はどれでも使用可能になったためです。

つまり、大規模な配線工事にかかる導入費用、ビジネスフォン端末本体の料金がかからず、コストを大幅に削減して固定電話の番号を利用できるサービスがクラウドPBXです。もちろん世界中どこにいてもスマホから固定電話の番号で受発信可能。

個人事業主やSOHOワーカーさんにとってこれほどのメリットはないと思いませんか?

導入コストを大幅削減できる

従来のPBXでは設置や配線工事が複雑で時間のかかるものだったため、導入コストが非常に高くついていました。従来PBXの初期費用は、安い販売業者でも100,000円〜200,000円はかかります。それこそ、工事してくれる配線工事専門の業者や取り付けに必要な配線などの物品代があるため、これほど費用がかかりました。

しかし、クラウドPBXでは販売業者がネット上(クラウド上)に全ての設定をしてくれているため、設置や配線工事が全く不要です。また、配線の工事をしてくれる専門業者を雇う必要や配線などの物品も必要ありません。

そのため初期費用は安い販売業者で0円、高くても10,000円程度。
個人事業主やSOHOワーカーさんにとって非常に導入しやすくなったのです。

転送費用などコストを大幅削減できる

個人事業主の方なら固定電話番号を取得した場合、転送電話サービスを使用する人は8割以上ではないでしょうか?転送電話サービスは便利ですが、利用されている企業は電話代が高くなっている傾向にあります。

理由としては、転送電話サービスを使用する基本料金だけではなく転送元から転送先まで、つまり転送している状態では通話料金は契約者の負担になるため、コストが積み重なります。もっとも、この転送先が携帯であることが多いため、固定電話から携帯への通話料金が高い設定になっているからなのです。

それ以外にも固定電話やビジネスフォンの導入費は安くても、リース契約の場合月額4,000円前後かかりますし、これにプラスして固定電話から携帯への通話料が1分20円〜30円程度かかります。個人事業主の方は電話代だけで月に10,000円を超える方も大勢います。

しかし、クラウドPBXであれば月にかかる電話代は3分の1以上安くなります。

なぜなら、クラウドPBXであれば転送電話サービスという概念がなくなり、出先で受発信でき、着信中の料金も当然無料だからです。コストを削減できるのは、やはりインターネット上で転送を管理するからです。ちなみに、自動音声案内サービスなど細かい設定も可能です。

個人スマホにアプリを入れるだけで最短当日導入できる

個人事業主やSOHOワーカーさんにとって業務が停滞することは非常に困りますよね。そのため導入に最短でも1ヶ月以上かかる従来のPBXでは、導入スピード的にもずいぶんと待たされていました。

しかし、クラウドPBXは元々販売業者がネット上(クラウド上)にPBXを用意しているため、あとは使用する個人スマホにアプリをインストールして、会社にクラウドPBXを使用するための専用アダプターを設置すればすぐに使用することができます。ちなみに、アダプターの設置は数分で終わります。

クラウドPBXなら簡単に導入できるため、早い販売業者なら最短当日に導入可能。

着信ルールを設定して鳴り分けや優先順位を決められる

クラウドPBXでは着信に優先順位を決められます。例えば、着信がきたらまずは電話対応のAさん。次に、Bさんといった風に着信する電話に優先順位をつけられるのです。

また、それ以外にも自動音声案内サービスを使用して、電話内容に合った担当へ着信するよう鳴り分け設定もできます。この2つの着信設定サービスはスマホやPCで簡単に設定できます。まるで小学校の算数問題のように簡単。

この2つのクラウドPBX機能から電話対応を効率化させ、業務に集中できる環境を作られるのです。

使い方からビジネスの質問まで充実したサポートが付いている

クラウドPBXを導入するにあたり企業独自の不安点や悩みがあると思います。例えば、クラウドPBXの設定方法や導入後にスムーズに運用できるのか?といった不安や悩み。

しかし、クラウドPBX販売業者にはサポートがついているものが多く、導入した後の不明点や設定方法がわからない悩みを質問・相談することで解決できます。まるで階段を一歩ずつ上がっていくかのように不明点をなくして行き、着実に学びを積み重ねていけます。

またクラウドPBX販売業者によってはクラウドPBXに関するサポートはもちろん、経営者の課題やビジネス戦略についても質問・相談ができます。つまり、コンサルタント業務も付いているのです。

例えば、ITを活かした売上増や人件費削減方法などさまざまなサポートをしてくれます。このサービスは個人事業主やSOHOワーカーさんには非常に嬉しいものではないでしょうか?

ビジネスに役立つオプション機能が揃っている

クラウドPBXは従来のPBXを便利に安くしただけではありません。内線・外線の受発信や転送だけでなく、ビジネスに役立つオプション機能も充実しているのです。

例えば「簡易CTI機能」。顧客から着信が来ると自動でその着信相手の顧客情報が、スマホやPC画面に表示されるのです。そのため顧客を待たせることなく瞬時に対応でき、顧客満足度を上げられます。

また「通話録音機能」があり、通話内容を録音することでトラブルを防ぐことはもちろん、録音内容を聞き返すことで電話対応能力の向上も期待できますね。

他にも、勤怠管理をクラウド上で可能にした「クラウド勤怠管理システム」や、クラウド上で名刺情報を管理できる「名刺管理機能」、社員同士のスケジュールを共有できる「スケジュール管理機能」など豊富な品揃えです。

3クラウドPBXを導入した個人事業主の3つの事例

具体的なクラウドPBXの導入イメージを掴んでいただくため、実際にクラウドPBXを導入した個人事業主やSOHOワーカーさんの事例を3つご用意いたしました。

  • スタートアップ企業のクラウドPBX活用事例
  • 小規模オフィスでの活用事例
  • レンタルオフィスでの活用事例

どれも参考になる活用事例ですので、クラウドPBXの導入にぜひ役立ててください。

スタートアップ企業の活用事例

2014年にアメリカのシリコンバレーでスタートした企業が日本に進出した時に導入されました。この企業の業務内容は、センサーデータを容易に収集して活用できるクラウドサービスを提供することです。

この企業が導入後に感じたメリットは、

  • 従来のビジネスフォンやPBXに比べ、導入費用・運用費用が安いためコストを大幅に削減できた
  • 電話加入権を取得しなくても、信頼性の高い固定電話番号(03)を取得できた
  • 将来的に社員が増えても、簡単に回線や端末を追加できる

といったものがありました。

また他のスタートアップ企業のクラウドPBX導入事例では、二人で車両販売業を起業するためにクラウドPBXを導入。この企業では、起業に関しての不安点もあったようですがクラウドPBXのビジネスコンサルサポートが役立ちました。また導入して時間が経ってからもサポートを利用して、OA機器やパソコン操作などオフィス環境全般の質問・相談をしているそうです。

小規模オフィスでの活用事例

限られた人数で営業や倉庫での商品管理作業などあらゆる業務を行うため、営業効率をアップさせたいと思い、クラウドPBXを導入しました。

導入後のメリットは

  • スマホで外線を着信できるため、倉庫で作業しながらも顧客からの着信を取ることができ、業務効率が格段にアップした
  • 導入、運用コストが従来のPBXやビジネスフォンより安価なためコストを削減できた
  • スマホで顧客とやり取りできるため、会社に残って残業しなくても家で在宅ワークが可能になりワークライフバランスが充実した

といった業務効率のアップだけでなく、コスト削減やワークライフバランスの充実にもつながりました。

レンタルオフィスでの活用事例

個人事業主の方なら、レンタルオフィスを使用して起業した人も多いのではないでしょうか?

レンタルオフィスとは、レンタルオフィス会社が所有するオフィスの1区画を、一人の登録者が専用でレンタルできるサービスです。会社の住所や無料のWi-Fiを使用できるなど他にもメリットはたくさんあります。

レンタルオフィスには、レンタルオフィス会社の受付スタッフが常に駐在してくれているため、電話を取り次いでくれるのですが、このサービスは転送する費用や電話代行料などコストが非常に高いです。

そこでクラウドPBXを導入することで、

  • 転送費用などコストを大幅に抑えられる
  • ネット環境が整っているので、工事が不要なクラウドPBXなら簡単に導入できる
  • レンタルオフィスでも固定電話の番号が取得できた

といったメリットがあります。

クラウドPBXを選ぶ3つの注意点とおすすめメーカー

クラウドPBXは便利な機能からメリットがたくさんありますが、クラウドPBX販売業者を検討する際は、3点だけ注意が必要です。

  • 契約、継続できる電話番号の種類は?
  • サポート内容が満足いくものかどうか?
  • 1回線から小規模でも契約できるか?

といった3点だけ注意です。

また、その3点を抑えたおすすめクラウドPBXメーカーの代表例もご紹介いたします。

契約・継続できる電話番号を確認する

電話番号が継続できるか?または契約できる電話番号の種類は企業にとって重要なポイントです。

クラウドPBXは基本的に光回線を使用して、クラウドPBX専用アダプターの設置とアプリをインストールして導入するのですが、中にはクラウドPBX専用アダプターを設置せずに、アプリのみインストールするタイプもあります。

大きな配線工事が不要な光回線を使用して、アダプターとアプリを設定する基本的なクラウドPBXタイプは、NTT東西日本で新規取得した固定電話番号を使用している場合は、電話番号を変更せずにそのまま継続して使用できます。

ただし、ケーブルテレビなどNTT以外のキャリアで新規取得した電話番号は継続できない場合もあります。電話番号継続に関しては、クラウドPBXメーカーに問い合わせて確認することをおすすめします。

これまでPBXやビジネスフォンを使用していた企業では、電話番号を変更することは避けたいですよね。

その反面アプリのみインストールするタイプのクラウドPBXは電話番号の変更が必要で、使える電話番号の種類もフリーダイヤルと050番号のみです。そのため、フリーダイヤルを取得したい企業や内線のコストを削減したい方には向いていますが、市外局番は使用できません。

クラウドPBXにどういった用途を求めるかによって選ぶ販売業者も変わるため、使用できる電話番号の確認をおすすめします。

サポート内容に不満がないかを確認する

クラウドPBXの販売業者によってサポートしてくれる内容はさまざま。

例えば、クラウドPBXの設定のみしかサポートしてくれない販売業者や、導入後も24時間体制でサポートしてくれる販売業者、クラウドPBXだけではなくビジネスについてもサポートしてくれる販売業者などがあります。また、サポートのない販売業者もあります。

そのため、どこまでサポートしてもらえるかも確認する必要があります。個人事業主やSOHOワーカーさんには、クラウドPBXについてだけでなくビジネスやオフィス環境全般についても、質問・相談できる方がメリットが大きいのではないでしょうか?

1回線から個人事業主用に契約できるかを確認する

クラウドPBXは費用が安い販売業者でも回線数が決められたセットのような契約しかない場合もあります。そのため、1回線から契約できるクラウドPBX販売業者かどうか?の確認も必要です。

また導入後も社員が増えた場合、回線を増やす必要があれば簡単に回線数を追加できるかも確認が必要ですね。場合によっては回線を増やすだけなのに、2週間以上もかかってしまうこともありますから。

回線の数、追加を柔軟に対応してくれるクラウドPBX販売業者をおすすめします。

3つの注意点をクリアしているクラウドPBX「OFFICE PHONE」

これまでクラウドPBXを導入する際の注意点を解説してきました。それを踏まえて、3つの注意店をクリアしているおすすめの「OFFICE PHONE」をクラウドPBXの代表例としてご紹介します。

「OFFICE PHONE」は、歴史ある19年もの開発研究から導入累計20,000社突破!
クラウドPBX業界で満足度No1と呼び声の高い機能とサポートが魅力的です。

  • 最短即日開通、アプリに登録するだけ簡単設定!
  • 電話番号継続可!海外でも、どの電話番号でも利用可能!
  • 初期費用は0円!月額料金も1端末98円〜と業界最高峰の価格!
  • プロからのサポートでクラウドPBXだけではなく、ビジネスやオフィス機器全般についても相談可能!

OFFICE PHONEは、アプリインストールと専用アダプターを設置するだけで簡単に導入可能なため、クラウドPBX界で最も早い当日の開通が可能。さらに、アダプターを設置するタイプのためフリーダイヤル・市外局番など、全ての電話番号をそのまま継続できます。もちろんWi-Fiさえあればレンタルオフィスなど、どこでも導入可能です。

また、初期費用は0円で導入でき、月額料金も1端末98円〜と業界最高峰の安さです。回線数は1回線から契約可能で簡単に回線の追加もでき、柔軟な対応をしてくれます。

特に「OFFICE PHONE」のサポートは非常に優れています。IT専門家が経営革新や業務改善などさまざまなサポートをしてくれます。例えば、経営の課題や日常での課題の相談・経営革新支援や日常業務支援など、大なり小なりコンサルタント会社並みのサポートをしてくれるのです。

ITを知らないことで逃しているビジネスチャンスや、利益低下を改善したい方には非常におすすめします。また、サポートによる実績として売り上げ4倍アップ・利益率2倍・人件費70%削減の事例も多数あります。

音声品質も、19年に渡る音声変換エンジンの改良により、ノイズを除去した高性能な音声機能を実現。聞き取れないことがないほどクリアな音質です。

詳しくはこちら:「OFFICE PHONE

まとめ:クラウドPBXは個人事業主に便利!

クラウドPBXは個人事業主やSOHOワーカーにとって最強のパートナーと言えます。

個人事業主にもたらす7つのメリットはコストの大幅削減はもちろん、業務効率もアップさせてくれるのです。

個人事業主のクラウドPBX導入事例から導入のイメージは掴めたと思います。導入する際は3つの注意を意識してクラウドPBXを選んでみてください。

3つの注意やメリットから考えると「OFFICE PHONE」が一押しですよ。

  • 最短即日開通、アプリに登録するだけ簡単設定!
  • 電話番号継続可!海外でも、どの電話番号でも利用可能!
  • 初期費用は0円!月額料金も1端末98円〜と業界最高峰の価格!
  • プロからのサポートで、クラウドPBXだけではなくビジネスやオフィス機器全般についても相談可能!

といったメリットは他のクラウドPBXにはない魅力です。

ぜひ「OFFICE PHONE」をクラウドPBXの代表例として検討してみてくださいね。

クラウドPBXならOFFiCE PHONE 今なら3ヶ月間使用料無料キャンペーン実施中
PAGE TOP