now loading

クラウドPBXのサービスでは何ができる?クラウドならではの機能紹介

クラウドPBXのサービスでは何ができる?クラウドならではの機能紹介

この記事のもくじ

クラウドPBXとは従来のPBX(構内交換機)の機能をインターネット上で提供しているサービスのことです。

基本的なサービスや機能はクラウドPBXも従来のPBXもそれほど変わりません。しかし、サービスをインターネット上で利用できるだけに、クラウドPBXには従来のPBXにはない機能がいくつもあります。

ここではクラウドPBXのサービスで何ができるのか、クラウドならではの機能に絞ってご紹介します。

クラウドPBXは従来のPBXの発展形

クラウドPBXはいわば従来のPBXの発展形のようなサービスなだけに、基本的な機能は従来のPBXとほぼ同じです。もちろんサービスによって差はありますが、下記のような機能はおよそ搭載されています。
・外線
・内線
・保留
・転送
・留守番
・電話帳

クラウドPBXならではのサービス一覧

クラウドPBXには従来のPBXではなかった、または実現しようとするとコストのかかっていたサービスがごく当たり前に利用できます。例えば、これから紹介する3つの機能はインターネット上のサービスならではのものばかりです。

①離れた拠点間でも内線通話ができる

クラウドPBXでは端末をインターネットに接続さえしていればサービスを利用できます。

つまり、拠点間の距離にかかわらず同じサービスであれば内線通話ができることに。たとえ北海道から沖縄の拠点に連絡を取ったとしても、クラウドPBXであれば通話料は無料です。

②固定電話以外の端末でも利用可能

インターネットに接続できれば、クラウドPBXのソフトを利用できればいいため固定電話である必要はありません。

パソコンにソフトをインストールして顧客情報等を参照しながら通話してもいいですし、スマホやタブレットにアプリをインストールすれば外出先でもサービスを利用できます。それこそ社員のスマホをそのまま子機にもできる訳です。

③つねに最新のサービスにアップデート

主なシステムはインターネットを経由して使用しているため、クラウドPBXには大掛かりな工事のないことがほとんどです。

その為、サービスの提供会社がシステムをアップデートすれば、とくにユーザー側で対応しなくても最新のサービスに変更できます。さらにサービスがつねに最新なだけでなく、定期的な保守・管理の手間もなくなるのです。

まとめ

基本機能だけではクラウドPBXも従来のPBXもそれほど差は感じられません。

しかし、クラウドPBXは「インターネットに接続できれば」どこからでもサービスを利用できます。それこそ社員のスマホを子機として利用すれば、コストをかけなくても大規模な通信網を展開することも可能です。

クラウドPBXならではのサービス、機能を把握した上で導入を検討していただければと思います。

PAGE TOP