now loading

【完全解説】クラウドPBX初期導入費用の概要と内訳

【完全解説】クラウドPBX初期導入費用の概要と内訳

この記事のもくじ

初期導入費用の安さは、クラウドPBXの大きなメリットです。

ところで、クラウドPBXの初期導入費用はだいたいどのような項目でどの程度の金額が発生するかご存知ですか?

今回は「【完全解説】クラウドPBX初期導入費用の概要と内訳!」ということでクラウドPBXの初期費用についての詳細を解説します。また、簡単な相場やオンプレミスPBXとの比較も紹介していますので参考にしていただければ幸いです。

※オンプレミスPBXとは
オンプレミスPBXとは一言でいえば従来型のビジネスフォンです。

具体的には主装置と呼ばれる機器を社内に設置し、電話回線などで各電話機子機に配線するタイプの通信機器のことを指します。

クラウドPBXの初期導入費用の概要

クラウドPBXのメリットは初期導入費用の安さです。

クラウドPBXは工事不要で導入することができ、高額なビジネスフォンを購入しなくてもPCやスマートフォンを端末として利用できるため、端末購入費用も0円で導入することができます。

結果として、かかる費用は以下の費用のみになります。

導入する台数などにもよりますが、10台程度であれば10,000円程度から導入することができます。

①サーバー登録費用(ライセンス契約費用)
クラウドPBXには工事費がかかりませんが、クラウドPBX登録時にサーバー登録費用や、ライセンス契約費用として一定額がかかるケースが多いです。

②オプション費用など
設定するオプションごとに、月額の他に登録料が発生するケースがあります。

費用としては1契約につき数百円~数千円の費用です。

クラウドPBX初期導入費用内訳

クラウドPBXの初期導入費用の内訳について解説します。

サーバー登録費用(ライセンス契約費用)

サーバー登録費用は1万円前後からありますが、ベンダー(販売会社)によってかなり費用の幅は広いです。

具体的に表にまとめましたので、以下を参照してください。

OFFICE PHONE 完全無料トライアルキャンペーン実施中
GoodLines 10,000円/回線~
MOTTEL 29,800円~/10ch,20内線
ナイセンクラウド 10,000円
KDDI仮想PBX 個別見積もり
モバビジ 初期導入費用無料

ボタンが非常に多い従来のビジネスフォンと比較するとスッキリしたつくりになっていることが多いです。

IP電話対応の電話機であれば、現在利用中のビジネスフォンをクラウドPBXの子機として利用することも可能です。(IP電話に対応しているかは、電話機の裏にLANの差し込み口があるかないかで確認ができます。)

個人のスマートフォンへアプリ導入で初期費用カット!

スマートフォンについては、従業員が個人で所有しているスマートフォンにアプリを導入して内線として活用する方法と、社用携帯をクラウドPBX用として利用する方法があります。

通信の頻度が頻繁な企業の場合、個人所有のスマートフォンを内線化した場合に従業員のスマホ通信量の負担になってしまうことがあります。

どのように対応すべきかについては経営判断次第ですが、以下のような運用方法が一般的です。

(通信量が少ない場合)
・従業員の個人所有のスマホにアプリを導入し、内線として活用する。

(通信料が多い場合)
・社用携帯にアプリを導入し、内線化する
・従業員の個人携帯にアプリを導入し、「通信費」の名目で従業員に一定額(1,000円/月ほど)を負担する

※社内などLANが利用できる場合、スタッフの通信量の負担にはならないので、外出先などでの通信量の多さで判断すると良いでしょう。

オプション費用など

追加の有料オプションを申し込む際に、オプション費用の月額とは別に初回登録料金がかかることがあります。

(オプション機能例)

  • 勤怠管理機能
  • チャット機能
  • スケジュール管理機能

その他、契約に応じてかかる費用や管理画面作成費用など、金額としては大きなものではありませんが項目が複数にわたる場合もありますので、一つひとつ契約内容を確認し、初期導入費用について漏れがないようにしましょう。

従来のビジネスフォンとクラウドPBXとの導入費用比較

実際に電話機として10台ほど導入するパターンを考えてみると、クラウドPBXの導入費用の安さは一目瞭然です。

従来のビジネスフォンを10台ほど導入しようとした場合、モデルケースとして以下の金額がかかります。

【従来のビジネスフォン導入費用】
主装置(20万円)+ビジネスフォン子機(3万円×10台)+配線工事・設定費用(10万円)=60万円

一方、クラウドPBXをスマホやPCで対応する場合の初期費用は以下の通りです。

【スマホやPCタイプのクラウドPBX導入費用(OFFICE PHONEの場合)】
ライセンス導入費用(完全無料トライアルキャンペーン実施中)=0円

あくまで電話機端末をPCとスマホにした場合のモデルケースですが、10台の導入の際に60万円もの違いがあります。

従来のビジネスフォンのような電話機タイプの子機が必要な場合には1台あたり1万円程度~クラウドビジネスフォン対応の電話機を購入することができます。

まとめ

クラウドPBXの初期導入費用の概要や内訳について紹介しました。

実際に、項目ごとに比較をするとクラウドPBXが従来のビジネスフォンと比較して、どれだけ安いのかイメージしていただけたことと思います。

今回はあくまで、「初期費用」という観点からビジネスフォンを紹介していますが、年間や中期的なランニングコストも踏まえてサービスを検討すると、さらにコストメリットを感じていただけます。

PAGE TOP