now loading

電話機「SIPフォン」の「SIP」は「プロトコル」の意味

電話機「SIPフォン」の「SIP」は「プロトコル」の意味

この記事のもくじ

クラウドPBX を導入しようとしたとき、利用できる端末を調べると「 SIP フォン」という端末が利 用できるようになっていますよね。

そこで、「SIP って何」という方は意外に多いのではないでしょうか?

SIPは「 Session Initiation Protocol 」の略で簡単にはインターネット上で通信をおこなう技術を指し、 SIP フォンにはハードウェアタイプとソフトウェアタイプの2種類のタイプがあります。

ほとんどのクラウドPBXで SIP フォンが活用でき、主に事務所に設置する電話として利用されています。

ここからは、クラウド PBX で利用するSIP フォンの「 SIP 」について解説します。

クラウド PBX で利用する SIP フォンとは?

クラウドPBX は従来のビジネスフォンとは違い、オフィスの中に主装置( PBX )を設置せず、インターネット上のサーバーに主装置 PBXの機能を持たせること(クラウド化)により、以下の 3 種類の端末がビジネスフォンとして利⽤できるサービスになります 。

  • スマートフォン
  • SIP フォン
  • ソフトフォン(パソコン)

クラウドPBX を導入する一番のメリットはスマートフォンがビジネスフォンとして活用できることですが、 SIP フォンも利用できます。

SIPフォンとは?

これから本題の「SIP フォンとは?」ついてお話します。

まずSIP フォンのSIPとは「 Session Initiation Protocol (セッション・イニシエーション・プロトコル)」の略で、インターネット上で通信を行う技術を指します。

具体的には、通信相手との経路を確立、変更、切断を行う通信プロトコルになり、イメージ的に IP 電話の一種になります。

IP電話は VoIP Voive over Internet Protcol )という通信技術が用いられた電話を指しますが、 SIP フォンにも VoIP が用いられています。

VoIP は音声をデジタル化してインターネット上でやり取りを行う通信技術で、「 SIP フォン」は IP 電話の一つであり、クラウド PBX のサービス提供会社のサーバーにインターネット経由で接続することで通話が可能になります。

また、SIP フォンにはハードウェアタイプとソフトウェアタイプの2 種類のタイプがあります。

ハードウェアタイプのSIP ビジネスフォンはパソコンと同じようにルーターから「 LAN ケーブル」で接続して利用します。

また、ソフトウェアタイプSIP フォンは「ソフトフォン」になり、電話機ではなくパソコンに専用のソフトウェアをインストールしてインターネット経由で通話を行います。

このようにSIP フォンは、

  • ハードウェアタイプ:ビジネスフォンタイプ
  • ソフトウェアタイプ:パソコンタイプ

と2種類のタイプが利用できますが、これからハードウェアタイプとソフトウェアタイプのそれぞれで利用できる電話機およびソフトフォンをご紹介します。

ハードウェアタイプ SIP フォンの機種紹介

SIP対応のビジネスフォンは多くのメーカーから販売されてい ます。いくつかご紹介いたします。

◇KX HDV シリーズ Pnasonic
どんなオフィスにも調和するようにスマートなデザインを採用し、使い勝手を考慮してナビゲーションキーも搭載されています。

安いタイプで12,000 円ほどで販売されています。

(出典:Panasonic KX HDV330N)

KXHDV430N ( テレビ電話モデル)
KXHDV330N ( カラー液晶モデル)
KXHDV230N ( 電子ラベルモデル)
KXHDV130N ( ベーシックモデル)
KXHDV20N (20 キー増設ユニット)
このように5 つのモデルかオフィスの環境に合わせて選択できます。

通話はワイドバンドのG.722 コーデックに対応することで広帯域の音声通信が可能です。

さらに、全二重通話にも対応しているのでスピーカーホンを使用しているときでも自然な会話ができます。

◇KXUTシリーズ(Panasonic)
4.4インチのモノクロ液晶ディスプレイを搭載したビジネス向けモデルで、Bluetooth に対応しているのでハンズフリーの通話も可能です。

1台当たり7万円前後で販売されています。安いタイプで 10,000 円程で販売されています。

(出典:Panasonic KX UT248N (アドバンスドモデル)
その他にもKX UT シリーズとして以下の 3 つのモデルが提供されています。

・KX UT670N (大画面タッチパネルモデル)
・KX UT136N (ミッドレンジモデル)
・KX UT123N (ベーシックモデル)

◇Fanvi_X5 300×222 (Fanvil Technology)
Fanvil Technologyという海外メーカーの商品ですが、日本語にも対応しています。

8ライン(回線)対応しており、1台当たり 25,000円程で販売されています。

◇Grandstream_GXP_2130 300×248 (Grandstream Networks)
こちらもGrandstream Networks という海外メーカーです。 3ライン(回線)対応で1台当たり 30,000 円程で販売されています。

◇Grandstream_GXP_2130 300×248 (Yealink)
Yealinkという海外メーカーでご紹介の中では一番安くて 1台当たり、 20,000 円2ライン(回線)対応なので小規模オフィスにおススメです。

ソフトウェアタイプSIPフォンのソフト紹介

ソフトフォンはインターネット経由でソフトがダウンロードできるので、利用するパソコンにインストールすれば使えるようになります。

ここでは、無料で利用できるクラウドPBX に連動したおすすめのソフトフォンをご紹介いたします。

【OFFICE PHONEソフトフォン】
ベルテクノスが提供する「OFFICE PHONE」のソフトフォンです。

パソコンに専用ソフトをインストールするだけでインターネットを介して通話が可能になり、リモートワークや在宅ワークなど働き方も広がります。

【3CX VoIPフォン】
Windows用に開発された無料のソフトフォンです。

操作性に優れたインターフェイスでビジネスフォンと同じ感覚で利用できます。

【MOT/PBXソフトフォン】
クラウドPBX サービスを提供する「MOT/PBX」が提供するソフトフォンサービスです。

利用するパソコンにソフトウェアをインストールして専用のUSB型の受話器(USBフォン)を挿して利用します。

【Express Talkソフトフォン】
ビジネス向けに開発された非営利目的であれば無料で利用できるソフトフォンです。

電話の転送や会議電話、通話録音などビジネス向けの機能が多数搭載されています。

まとめ

クラウドPBX では3種類の端末が利用でき、その中に SIP フォンがあります。

SIPフォンは音声をデ ジタル化してインターネット上でやり取りを行う技術を利用しており、イメージ的には IP 電話の一種になります。

クラウドPBX を導入するとき主にスマートフォンが利用されますが、オフィスに固定電話を設置したいときに SIP フォンが活用され、利用目的に合わせてハードウェアタイプとソフトウェアタイプの2種類のタイプが利用できます。

ハードウェアタイプのSIP ビジネスフォンはサービス提供会社でレンタルサービスを行っているので、オフィスに固定電話を設置したいときは導入に合わせて問い合せてみましょう。

PAGE TOP