now loading

SIPとは?クラウドPBXではSIP端末を利用!

SIPとは?クラウドPBXではSIP端末を利用!

この記事のもくじ

クラウドPBXを導入しようとしたとき、利用できる端末を調べると「SIPフォン」という端末が利用できるようになっていますよね。
そこで、「SIPって何」という方は意外に多いのではないでしょうか?

クラウドPBXではSIPフォンの他にも、ソフトフォンや日常使っているスマートフォンの3種類の端末が利用可能。
ソフトフォンはパソコンに専用ソフトウェアにインストールし、スマホは専用アプリをインストールすればビジネスフォンとして利用できるようになります。

ここからは、クラウドPBXで利用するSIPフォンの「SIP」についての説明を中心にお話していきます。

クラウドPBXで利用するSIP端末の「SIP」とは何なのか?

クラウドPBXの仕組みから説明しておくと、一般的にオフィスで利用されるビジネスフォンは社内に主装置もしくはPBXと呼ばれる小型の電話交換機を設置します。

それがクラウドPBXでは、インターネットのクラウド上、正確にはサービス提供会社のサーバー上(SIPサーバー)に主装置・PBXの機能を構築します。そして、利用者はサービス提供会社と契約を結び、サービス提供会社のSIPサーバーに接続することで通話やデータ通信を行います。

このようにクラウドPBXはインターネットを活用した次世代の電話サービス。利用する電話機もインターネット接続ができるIP電話機が使われ、実はSIP端末はIP電話機の一種なのです。

SIP端末の「SIP」とは?

これから本題の「SIPとは?」ついて説明しますが、SIPは「Session Initiation Protocol(セッション・イニシエーション・プロトコル)」の略語になります。

“Session(セッション)”は、IT分野では接続してから切断するまでの一連の通信のことを意味しています。
“Initiation Protocol(イニシエーション・プロトコル)”は、日本語に直訳すれば「開始プロトコル」になります。

つまり「SIP」とは、単純に「セッション(接続~切断)を開始するためのプロトコル」となります。
これでは何のことだか分からないと思いますので詳しく説明すると、SIPとは ”IPネットワーク上で音声通話を利用するとき、発着信の接続や切断などの通話制御(呼制御)を行うプロトコルの一つ” 、主に音声通話といった相互のリアルタイム通信で利用されています。

また、IP電話で用いられる「VoIP」を応用した通話制御プロトコルの1つでもあり、VoIP(Voice Over IP)はインターネット上で音声のやりとりを行うための技術。このようなSIPに対応したIP電話機が「SIPフォン」であり、クラウドPBXのサービス提供会社のSIPサーバーにインターネット経由で接続することで通話が可能になるのです。

このようにSIPフォンはインターネット経由で電話の発着信を行うため、電話機との接続には一般的なIP電話機と同じように、ルーターから「LANケーブル」で接続して利用します。そのため、配線の手間や費用はほとんどかかりません。

ちなみに、冒頭でご紹介した「ソフトフォン」も実はSIP端末の一種になります。
ソフトフォンは電話機ではなくパソコンに専用のソフトウェアをインストールして、もちろんインターネット経由で通話を行います。

SIPフォンなどクラウドPBXで利用する電話機に関しては、「クラウドPBX型ビジネスフォンで使える電話機は3種類!(内部リンク)」で紹介しているので是非ご覧ください。

まとめ

クラウドPBXでは、従来のビジネスフォンで使われるアナログ電話機の代わりに、インターネット接続ができる「SIPフォン」を利用します。
ちなみに、そのSIPフォンも今では多くのメーカーから販売されていますが、中でも「Panasonic」と「富士通」の機種がオフィスでは人気があります。

SIPは「VoIP」を応用した通話制御プロトコル1つであり、サービス提供会社のSIPサーバーにインターネット経由で接続することで通話が可能になるのです。

SIPフォンの接続はLANケーブルを利用するため配線工事が不要。
また、移設や増設もLANケーブルであれば容易に行えるので、初期費用の削減とともに利便性や拡張性も優れています。

PAGE TOP