now loading

価格や納期に違いが?オンプレミスPBXとクラウドPBX

価格や納期に違いが?オンプレミスPBXとクラウドPBX

この記事のもくじ

企業が電話機を導入する場合、従来は自社に主装置(=PBX)を設置するオンプレミス型が主流でしたが、近年は新たなサービスとしてPBXを自社に置かないクラウド PBXというサービスが登場しています。

ビジネスフォンといえば、導入に費用や工事の手間がかかってしまいとても大変というイメージがあるかもしれませんが、クラウド PBX を導入することでそれら事情はどのように変化するのでしょうか?

今回は「オンプレミス PBXとクラウドPBX比較!今からはどっち」と題し、両者の違いについて簡潔に解説します。

これからビジネスフォンの導入を検討されている企業や担当の方はぜひ参考にしてください。

オンプレミスPBXとクラウドPBXとは?

ビジネスフォンの仕組みを大きく分けるとオンプレミスPBXとクラウドPBXの2種類があります。

まずは、それぞれがどのようなものかについて紹介します。

オンプレミスPBXとは

オンプレミス(on premises) とは「施設内、敷地内」といった意味で、オンプレミスPBXとは文字通りPBXを企業内に設置してネットワークを構築するタイプのビジネスフォンのことを指します。

オンプレミスPBXの中には、アナログ回線、ISDN回線、IP電話などさまざまな種類がありますが、自社の敷地内に主装置が設置されている=オンプレミスPBXです。

PBX(主装置)とは、ビジネスフォンで外線電話や内線電話をするために必要な交換機のことです。

家庭用電話機とは異なりビジネスフォンはPBXを経由しなければ電話を掛けたり受けたりすることができません。

オンプレミスPBXを自社に導入する場合には、主装置の設置、配線工事、主装置の設定などが必要なため、かなりの手間と高額な費用が発生します。

また、回線を追加するたびに電話工事業者に依頼をして回線工事が必要になってしまう点も大きなデメリットです。

さらに、PBXの本体やビジネスフォン子機本体も高額なので、費用の総額としてはかなり高くなってしまいます。

クラウドPBXとは

クラウドPBXとは、オンプレミス型のビジネスフォンとは違いオフィスの中に主装置を設置せず、インターネット上のサーバーに主装置の機能を持たせること(クラウド化)により、スマホやパソコンをビジネスフォンとして利用できる通信サービスのことです。

クラウド上のサービスからインターネット回線を使ってスマホなどの端末をすべて制御するので外出先など、どこにいても使用することができる優れものです。

また、オフィスには主装置や卓上の電話機等の設備は⼀切不要で電話配線工事さえも不要になります。

オンプレミスPBX・クラウドPBX 比較表

オンプレミスPBX とクラウドPBX の特徴を比較すると以下のようになります。

オンプレミスPBX クラウドPBX
初期費用 高い 安い
導入までの納期 長い(最短で1か月以上) 短い(即日~)
セキュリティ 自社で対応(外部からの攻撃や災害対策としては不安) プロバイダーが安全性に優れた対応を取っている
回線の追加 その都度、設定が必要 ライセンスを追加し、管理用のPCで追加をするだけ

以上のように、クラウドPBX は新しいサービスということもあり、これまでのオンプレミス型のビジネスフォンが弱みとしてきた部分が劇的に改善されています。

なおかつ、スマホやPC の内線化(外線電話も使用可能)、勤怠管理を始めとした各種クラウドサービスが利用可能な点など、従来のビジネスフォンには見られなかったさまざまなサービスが利用できます。

クラウドPBX で出来ることやメリットとは?

①スマホがビジネスフォンに

  • スマホやタブレット、パソコンがビジネスフォンとして利用できるので、ビジネスフォン本体やPBX 本体の購入が不要
  • 外出先からでも会社の代表番号の発着信の対応が可能

②導入費用がとにかく安い!

  • 最大のメリットとして、導入費用が安いことです。ビジネスフォンやPBX(主装置)が不要、工事が不要。これだけでも何十万って削減になります

③内線通話がどこにいても無料

  • 外出先からでも内線通話はすべて無料通話

④増設は管理画面操作のみで簡単

  • 人員増員で電話回線やビジネスフォンの増設などは会社であれば頻繁にありますよね。その際はビジネスフォンを追加購入したり、工事業者へ増設工事を依頼したりと大変&費用がかかりますが、クラウドPBX は管理画面で追加するだけで簡単です。

⑤クラウドを使用した新たなサービスが利用できる

  • 名刺管理サービスやインターネットFAX、勤怠管理などインターネット通信網を使用したオプションサービスが利用できます。

⑥2020 年以降5G 対応!

  • 2020 年以降、次世代移動通信規格5G に切り替わります。通話品質がさらに安定し、どんな状況でもクリアで切れない通話品質が実現できます。

⑦高セキュリティ

  • クラウドPBX は主装置機能がプロバイダの万全のセキュリティ対策がされた環境に構築され、スタッフのスマホが内線化できるので自社が災害などで被害に遭ってもビジネスフォンの機能を維持できます。

⼀言に要約すれば、「クラウドPBX は従来のオンプレミスPBX ができることは対応可能で、さらにオンプレミスPBX ではできなかったインターネット通信網を利用した、さまざまなサービスが利用できる新しいビジネスフォン」といえます。

さらに、従来のオンプレミスのビジネスフォンよりも安く、手軽に導入できるという次世代型のサービスということです。

クラウドPBX の利便性を飛躍的に高める5G とは?

クラウドPBX はインターネット通信網を利用したビジネスフォンであるため、通信の品質やサービスはインターネット回線の速度や安定性が重要視されます。

そこで大きなカギになるのが2020 年から運用が予定されている次世代移動通信規格「5G」です。

5G がビジネスや生活に関してどのように活用されるのかについては、まだ全容が明らかになっていない部分がありますが圧倒的に通信速度が速くなり、通信が安定することは間違いありません。

また、あらゆる機器がインターネットに接続され、インターネット通信網を通じたサービスが益々多様化することも間違いありません。

クラウドPBX に関しても、5G に対応することで以下のような進化を遂げるといわれています。

◇低遅延化
通信の高速により、通信の遅延がほとんど起こらなくなります。

そのレベルは現在の固定電話の1/1000 ということなので、少なくとも人間が退官することは不可能なレベルです。

つまり、5G の環境下では電話の音声が遅れて届いたり、途切れがちになったりすることがなくなるということです。

◇安定化
5G 対応することにより、4G よりもはるかに安定した通信が実現します。

これまでの常識では、大震災の際などに回線が混雑してしまい電話やインターネットがつながらなくなってしまいますが、5G の環境では災害時でも平常時と同様の音声品質で通信をすることができます。

◇サービスの多様化
上で少し触れましたが、5G が実現するとこれまではインターネットに接続されていなかったあらゆるものがインターネットのネットワーク環境下に接続されます。

クラウドPBX もネットワーク機器の⼀つとして、ビジネス機器や身近な家電製品などと連携させ、新たなサービスが生まれる可能性が大いにあります。

まとめ

クラウドPBX とオンプレミスPBX を比較して紹介しました。

従来の日本のビジネスを支えたオンプレミスPBX(ビジネスフォン)ですが、5G への対応を控えた今、クラウドPBX のニーズがますます高まっていくことは間違いありません。

主装置の工事や費用が掛からずに導入できる点やスマホやPC を内線化できる点などクラウドPBX はすでにオンプレミスPBX の弱点を補って余りあるメリットがありますが、5G 化後では通信がますます安定し、さまざまな新たなサービスと連携することで、より大きな存在感を発揮していくことでしょう。

PAGE TOP