now loading

大手通信キャリアも?クラウドPBX各社の特徴と比較!

大手通信キャリアも?クラウドPBX各社の特徴と比較!

この記事のもくじ

かつてはNTTやKDDIなどの大手キャリアは、クラウドPBXのサービス提供に消極的な姿勢を見せていましたが、市場ニーズの高まりにより最近は積極的にサービス展開しています。

では、従来からクラウドPBXを提供しているメーカーと比較した場合、どちらがおすすめといえるのでしょうか?

今回は、「【ランキング・比較表】クラウドPBX大手キャリアの内容比較」と題して、大手通信キャリアと以前からクラウドPBXを提供しているメーカーとを比較解説します。

クラウドPBX導入後にサービスやサポートに対して不満が残らないよう、今回の記事を参考にしていただけたら幸いです。

大手通信キャリアのクラウドPBXの特徴

大手通信キャリアのクラウドPBXの特徴について紹介します。

大手通信キャリアのクラウドPBX

まずは、大手通信キャリアが展開している主なクラウドPBXについて紹介します。

  • NTT ひかりクラウドPBX
  • NTTドコモオフィスリンク
  • KDDI仮想PBXサービス
  • Cisco Webex Calling(KDDI)
  • ソフトバンクBizダイヤル

それぞれ、サービス内容は異なりますが、以下の特徴があります。

(メリット)

  • 大手企業ならではの安心感が得られる
  • コールセンターなどのサポートが受けられる
  • インターネット回線や電話回線とセットで契約できる

(デメリット)

  • 大手企業向きのサービスが多く、費用の相場が高い
  • 電話回線やインターネット回線を選ぶ際に、大手通信キャリアのサービスを選ばなければならないため自由度が低い

クラウドPBXメーカーの特徴

大手通信キャリア以外にもクラウドPBXを提供しているメーカーが多数あります。

具体的なサービス事業者としては、以下のサービスがあります。

  • OFFICE PHONE
  • BIZTEL
  • MOT/TEL
  • ナイセンクラウド

クラウドPBXメーカーは多数存在するので、メーカーによって特徴やメリットは異なります。

しかしながら、あえてメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

(メリット)

  • 小規模からでも気軽に導入できるメーカーが多い
  • 既存の設備や契約しているプロバイダに関係なく導入できる
  • 状況やニーズによって、自社に合ったクラウドPBXを選べる

(デメリット)

  • メーカーの選び方を間違えると、音声品質やサービス内容、サポート体制などに満足できない場合がある

クラウドPBXは、メーカーの選び方で満足度が大きく異なるため、失敗しないようにするためにはメーカーの選び方が重要になるといっても過言ではありません。

メーカー選びのポイントとしては、サービスの実績が豊富なクラウドPBX事業者のサービスを利用することです。

十分な実績のあるクラウドPBXは音質が安定し、サービスも細かなニーズに応えているものが多いためです。

なお、大手通信キャリアのメリットでもある音質への信頼性についてですが、2020年以降スタートする5Gサービスのスタートにより、クラウドPBX全体としてサービスの信頼性が底上げされます。

現在、実績の豊富なクラウドPBXメーカーではすでに音質は安定していますが、5Gのスタート以降はさらに安心して利用できるようになるため、大手通信キャリアの優位性は薄れます。

大手通信キャリアとその他のクラウドPBXメーカーとの比較表

大手通信キャリアとクラウドPBXについて比較表にまとめると以下の通りになります。

大手通信キャリア クラウドPBXメーカー
メリット ・音質への信頼感がある
・インターネット回線や電話回線など一括契約できる
・大規模の回線網にも適している
・大手通信キャリアと契約する安心感がある
・ニーズに合ってさまざまなサービスを選べる
・小規模導入できるサービスや、特定の事業に合ったサービスが提供されている
・低価格からのサービスもある
デメリット ・携帯電話のキャリアやインターネット回線が提供するキャリアのサービスに制限される
・コストが高額になる
・導入までやや期間が長くかかってしまう
・自社に合ったメーカーを選定しなければ、コスト面や音質面で自社のニーズに合わないことがある

また両者に共通するサービスのメリットとしては以下のポイントがあります。

  • 工事をしなくてもビジネスフォン環境を導入できる
  • インターネット回線があればどこからでもビジネスフォンが利用できる
  • 私用のスマートフォンをビジネスとして利用でき、公私の請求書を分けることができる
  • 03や06などの市外局番を利用できる

クラウドPBXメーカーおすすめランキングTOP5

クラウドPBXのおすすめ業者をランキング形式で5社紹介し、それぞれの簡単な特徴を紹介します。

重視するポイントによっておすすめ業者の順位は変わりますが、ここではこれから初めてクラウドPBXを導入する中小企業を想定してランク付けしています。

5位:NTT Arcstar Smart PBX

Arcstar Smart PBXはNTTコミュニケーションズが展開するクラウドPBXです。

Arcstar Smart PBXはNTTコミュニケーションズのインターネット回線を使った安全性の高い通信サービスで、事務所にPBXを設置せずに通信をおこなうことが可能になります。

また、既存のPBXと連携をして市外局番の電話番号を使用するなどの連携も可能です。

新設工事費:10,000円
ライセンス月額:1,200円/回線~
基本料金:2,000円+300円×回線数
※既存のビジネスフォンと連携させる場合は、さらに別途費用が発生します(要見積もり)
通話料:8円/3分

やはり、NTTのブランドがある分、クラウドPBXのメーカーと比較するとコストは高額になります。

4位:Cisco Webex Calling

Cisco Webex Callingは、KDDIがアメリカの通信機器メーカーのCiscoと連携して、2019年より展開しているクラウドPBXサービスです。

KDDIの通信網を利用しているという音声品質での安心感に加え、高額な主装置の購入や電話回線の契約が不要という特徴があります。

また、追加料金を支払うことにより、Ciscoが提供する有償版のビデオ会議システムとの連携が可能というメリットもあります。

初期費用:ライセンス登録料1,000円+基本登録料5,000円+追加番号登録料1,000円×回線数
ライセンス月額:1,200円/回線~
基本料金:2,000円+300円×回線数
※別途、アクセス
通話料:8円/3分

3位:BIZTEL

クラウドPBXメーカーの中で、品質の良さに定評があるのがBIZTELです。中規模から大手企業向けにプランが設定されており、多くの大手企業にも導入実績があります。

初期費用:50,000円~
基本料金:21,000円~
通話料:8円/3分

コールセンター向けのプランも設定されており、きめ細やかなサービスを展開しているクラウドPBXメーカーです。

2位:MOT/TEL

MOT/TELは「業界最安級」の料金体系と、豊富な販売実績(2019年時点:約800社)を持つクラウドPBXメーカーです。

契約縛りが無く、1か月単位で契約可能な点が大きな特徴です。

初期費用:29,800円
基本料金:3,980円/10回線~
通話料:8円/3分

1位:OFFICE PHONE

OFFICE PHONEは、工事費用や電話加入権などの初期費用無料に加えて、基本使用料3か月無料のキャンペーンを実施しているクラウドPBX業者です。

クラウドPBXサービスの初期から開発をしていることもあり、音声品質やサービスのきめ細やかさにも定評があります。

初期費用:無料
基本料金:2,480円/10回線~(3か月基本使用料無料キャンペーン実施中)
通話料:8円/3分

1回線から契約可能で、もちろん大口での契約も可能です。

まとめ

大手通信キャリアのクラウドPBXは、通信品質の安心感が大きな魅力です。

しかしながら、特に中小企業がコスパの良いクラウドPBXを導入しようとする際、コスパや利便性を考えた場合には、クラウドPBXメーカーのサービスも非常に魅力的です。

実績十分なメーカーを選べば、すでに品質は十分に確保されています。さらに、2020年からスタートする次世代通信規格の5Gにより、通信品質は飛躍的に向上します。

今回の記事を参考に、大手通信キャリアとクラウドPBXメーカーのどちらが自社にマッチしているか、検討いただけたら幸いです。

PAGE TOP