now loading

オンプレミス・クラウドPBX比較!自社に合ったビジネスフォンとは

オンプレミス・クラウドPBX比較!自社に合ったビジネスフォンとは

この記事のもくじ

ビジネスフォンにはクラウドPBXとオンプレミスPBXがありますが、それぞれの特徴の違いについてご存知でしょうか?両者の違いや特徴を把握することで、自社に合った通信設備の導入が可能になります。

今回は「オンプレミス・クラウドPBX比較!自社に合ったビジネスフォンとは」と題し、両者の違いについて簡潔に解説します。これからビジネスフォンの導入を検討されている企業や担当の方はぜひ参考にしてください。

オンプレミスPBXとクラウドPBXとは

ビジネスフォンの仕組みを大きく分けるとオンプレミスPBXとクラウドPBXの2種類があります。
まずは、それぞれがどのようなものかについて紹介します。

オンプレミスPBXとは

オンプレミス(on premises)とは「施設内、敷地内」といった意味で、オンプレミスPBXとは文字通りPBXを企業内に設置してネットワークを構築するタイプのビジネスフォンのことを指します。

PBX(主装置)とは、ビジネスフォンで外線電話や内線電話をするために必要な交換機のことで、家庭用電話機とは異なりビジネスフォンはPBXを経由しなければ電話を掛けたり受けたりすることができません。

さらに、ビジネスフォンの回線の種類としてIP電話回線、ISDN回線、アナログ回線があります。
IP-PBXの場合、PBXとビジネスフォン子機をインターネット回線で接続し、ISDN回線やアナログ回線の場合にはPBXとビジネスフォン子機を電話回線で接続します。いずれにしても、ネットワークの配線が必要になります。

オンプレミスといえば、従来のアナログやISDN回線のビジネスフォンをイメージする方が多いですが、オンプレミス型のビジネスフォンもIP化によるスマホとの連携を深めていて、高機能なビジネスフォンが増えています。

クラウドPBXとは

一方のクラウドPBXは、こうしたPBXの機能が全てインターネット上に仮想PBXとして存在します。
有線もしくは無線のインターネット回線を通じてPBXに接続できるため、インターネットに接続さえできれば場所を選ばずにビジネスフォンのネットワークを構築できます。さらに、スマートフォンをネットワークに接続して、ビジネスフォンの内線として利用することも可能です。

クラウドPBXについての詳細はこちら(内部リンク1 クラウドPBXとは)にて解説しています。

オンプレミスPBXとクラウドPBXの特徴

コストの安さや柔軟性などから近年はクラウドPBXを選択される企業が増えていますが、オンプレミスPBX・クラウドPBXそれぞれにメリットや特徴があります。

両者のメリット・デメリットはちょうど裏表の関係になっていますので、比較するとそれぞれの特徴が見えてくると思います。

オンプレミスPBXのメリット

オンプレミスPBXをクラウドPBXと比較した際の主なメリットは以下の通りです。

・音声品質が良く、安定しやすい
・自社専用にネットワークを構築するのでカスタマイズしやすい
・自社専用のネットワークのため、ネットワークセキュリティ面で安心(ただし、適切なセキュリティ対策を自社で施さなければならないため、必ずしもオンプレミスの方が安全というわけではありません)
・ビジネスフォンが自社の資産になるので、処分や売却が自由にできる
・既存の環境と連携しやすい

クラウドPBXのメリット

クラウドPBXのメリットは以下の通りです。

・導入費用が安い(→内部リンク75 初期導入費用)
・短納期で導入できる
・保守やセキュリティ対策をベンダーに任せられるので本業に集中できる
・毎月の利用料金を経費として計上できる

比較表

オンプレミスPBXとクラウドPBXの比較表を作成すると、以下の通りです。

オンプレミス クラウド
初期費用 高い 安い
導入までの納期 長い 短い
セキュリティ 自社で対応 ベンダー対応・Vlan
保守 自社で対応 ベンダー対応
既存環境との連携 比較的容易 難しい

オンプレミスPBXとクラウドPBXとの比較ポイント

クラウドPBXの人気が高まっているとはいえ、現在のビジネスフォンの主流はオンプレミス型です。

どちらが自社に適しているかを選定するポイントとしては以下の通りです。

・オンプレミスPBXが適している企業
長期的に継続して利用する場合はオンプレミスPBXの方がコスト削減につながるケースが多いので、コストを長期的スパンでとらえた場合にはオンプレミス型がおすすめです

・クラウドPBXが適している企業
一方のクラウドPBXは初期費用の安さと流動性の良さがメリットです。初期費用を抑えたい企業はもちろんですが、従業員の増減の予想が立てづらい企業、オフィスのレイアウト変更や移転が頻繁に行われ、その都度配線工事をしていたのではコスト面でも業務効率面でもデメリットが大きい企業、などがクラウドPBX導入のメリットが大きいでしょう。

オンプレミスPBXの展望

企業の働き方改革の取り組みやAI技術の進化などを背景に、オンプレミスPBXにはさまざまな新機能の搭載が予定されています。

今後の大きな流れとなりそうなのが、PBXをIoTのゲートウェイとして活用する手法です。IoTといえば、大手企業や大規模な工場向けの大掛かりなものというイメージがあるかもしれませんが、中小企業が手軽にIoTを活用できるようにビジネスフォンのPBXにてセンサーから上がってくる情報を集積・蓄積したり、さまざまな機器と連携させたりする機能の搭載が予定されています。

例えば、ナカヨではビーコンを使った介護施設向けのサービスを発表しています。ビーコン端末を持った入居者が施設外に出ようとした場合、PBXを経由して施設スタッフの手元の端末に「誰がどこにいる」という通知が入ります。また、容体の急変時にナースコールのようにビーコンのボタンを押すだけで、位置情報も同時に通知するような仕組みも可能です。

他にもAI機能との連携など今後PBXに対してはさまざまな付加価値が搭載されることが予想されます。

まとめ

クラウドPBXとオンプレミスPBXについて比較紹介しました。

両者の特に大きな違いは初期費用の金額の違いにあります。他に、導入までの納期、保守、セキュリティの面などに違いがあります。両者の違いを比較しながら、自社に合ったビジネスフォンを導入しましょう。

どちらが良いか判断がつかない場合には、流動性が高くまとまった金額が必要ないクラウド型の方が無難です。特に、スタートアップ企業や大きく成長中の企業では、従業員の増員や事務所の移転などに対応するためにも、流動的な対応のとれるクラウドPBXがおすすめです。

AIやIoTの進化に合わせてPBXの機能やオプションの機能の進化も予想されているため、情報を収集して自社に適したPBXを導入しましょう。

PAGE TOP