now loading

PBXは通信事業者が管理!「IPセントレックス」と「クラウドPBX」

PBXは通信事業者が管理!「IPセントレックス」と「クラウドPBX」

この記事のもくじ

“IPセントレックス”という電話システムはご存知ですか?

初めてご覧になる方もいるかと思いますので簡単に説明しておくと、IPセントレックスとはIP電話サービスのひとつ。
通信事業者がIP電話サーバーの運用や保守を請け負っているアウトソーシングサービスになります。

それならクラウドPBXと同じサービスじゃないの?
と感じるのが普通で、初めてIPセントレックスをご覧になる方はクラウドPBXとの違いまでは分からないですよね。

ということで、ここからはIPセントレックスとは何なのか?クラウドPBXとの違いをご説明いたします。

IPセントレックスとは?

IPセントレックスとは先程も軽く説明しましたが、特定の通信事業者が企業向けに提供しているIP電話サービスになります。

IPセントレックスの「Centrex(セントレックス)」は、「Centre(中央)」と「Exchange(交換機)」の造語で、IPセントレックスは単純に「IP中央交換機」を意味しています。

通常、企業でビジネスフォンやIP電話を利用するためにはオフィス内にIP-PBXを設置して管理・運用する必要があります。
それがIPセントレックスでは、IP-PBXの機能を集約したサーバーを通信事業者が運用・管理・メンテナンスを行うため、企業側でPBXの設置が不要になります。

上の説明で登場している「PBX」とは、「Private Branch Exchanger(プライベート・ブランチ・エクスチェンジャー)」の略語で日本語訳では「構内交換機」となり、小型の「電話交換機」を意味しています。IP-PBXは通常のPBXのIP電話版といったところです。

従来のIP-PBXは外線と内線がPBXに接続され、外線・内線、保留・転送などの機能を制御しています。
そこで、IPセントレックスを利用することで、ユーザーは通信事業者が運用管理しているサーバーに接続することで、従来のIP電話機能が使えるようになるのです。

IPセントレックスは基本、インターネット経由で通信事業者のサーバーに接続するため、同じ建物内に限らず離れた場所にある支店や支社などの拠点間の内線通話も可能になります。

IPセントレックスを利用することで社内にIP-PBXを設置して運用・管理・保守をする必要がなくなり、拠点間の内線化も実現できるので、結果として通信コストの削減やPBXの運用・管理を行う人員の削減に繋がっていきます。

IPセントレックスとクラウドPBXの違いは?

前項ではIPセントレックスとは何かご説明しましたが、同じようなサービスに「クラウドPBX」という電話システムがあります。

クラウドPBXの「Cloud(クラウド)」はクラウドコンピューターになります。
近年頻繁に聞かれる言葉になりましたが、DropboxやGoogle DriveなどのクラウドストレージやGmailやYahoo!メールといったフリーメールもクラウドサービスになります。

クラウドPBXとは、従来オフィス内に設置するPBXの機能を通信事業者のサーバー上に構築。ユーザーはインターネット経由で通信事業者のサーバーにアクセスすることで従来のPBXと同じような電話機能が使える電話サービスになります。

IPセントレックスとクラウドPBXの違い

前項でご紹介したIPセントレックスとクラウドPBXは同じサービスのように感じる方も少なくないでしょう。

基本的にIPセントレックスとクラウドPBXはインターネット経由で通信事業者が運用管理しているサーバーにアクセスすることで、従来のPBXやIP-PBXと同じような機能が使えるようになります。

そこで、違いが何かといえば、スマートフォンが連携できるかできないかの違いにあります。

IPセントレックスの場合

IPセントレックスでは、IP電話機をLANケーブルで接続すれば利用できますが、スマートフォンとの連携機能はないのです。
スマートフォンを連携させたいときは、別に「モバイルセントレックス (mobile centrex)」を利用する必要があります。
KDDI:OFFICE WISE
ソフトバンク:スマートセントレックス

といった大手携帯キャリアが提供するモバイルセントレックスを導入しなければならず、別途費用も発生します。
基本的にIPセントレックスはIP電話に特化した電話サービスなので、利用できる電話機はIP電話機に限られます。

クラウドPBXの場合

一方のクラウドPBXは、スマートフォンとの連携が容易に行えるのが大きな特徴です。
クラウドPBXのサービス事業者から提供される専用アプリを利用するスマートフォンにインストールするだけで簡単に内線化が実現できます。

利用できる電話機もスマートフォンの他にも、以下の2種類の端末が利用できます。

SIPフォン

SIPフォンは「IP電話機」のこと。インターネットのADSL回線や光回線に対応した電話機。
インターネット経由で利用するためLANケーブルが使われます。

ソフトフォン

ソフトフォンとはパソコンに専用のソフトウェアをインストールすることで、インターネットを利用して通話ができる通話システム。

現在では、約50もの事業者がクラウドPBXサービスを提供しており、次世代の電話システムとして注目されています。

IPセントレックスとクラウドPBXは、どちらもPBXの設置が不要でインターネット経由で電話やデータ通信ができる電話システムです。
しいて違いとして挙げられるのがスマートフォンの連携機能になります。

IPセトンレックスはどちらかといえば拠点が多い企業向けのサービスといえ、クラウドPBXは導入のしやすさやスマートフォンと容易に連携できることから企業はもちろんSOHOなどのスモールオフィスにも向いているサービスだといえます。

まとめ

IPセントレックスといえ言葉を初めて聞く方もいるかと思いますが、少しは理解できたでしょうか?
特定の通信事業者が企業向けに提供しているIP電話サービスであり、利用することでIP-PBXの設置が不要で拠点間の内線化が図れ、通信コストや人員の削減に貢献してくれます。

同じようなサービスにクラウドPBXがありますが、IPセントレックスとほぼ同じようなサービスになります。
基本的にどちらもインターネット経由で通信事業者のサーバーに接続して電話やデータ通信を行いますが、違いとして挙げられるのがスマートフォンとの連携のしやすさです。

ご紹介した通り、IPセントレックスは連携に手間がかかる一方、クラウドPBXは専用アプリをインストールするだけで簡単に内線化が実現できます。

このように、どちらかといえばクラウドPBXの方が導入しやすいので、これから新たに事務所を開設する方はご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP