now loading

【導入事例・病院編】スマホ内線化で業務効率アップ

【導入事例・病院編】スマホ内線化で業務効率アップ

この記事のもくじ

クラウドPBXが多く導入されている現場の一つに病院や介護などの医療施設があります。

医療の現場では、何よりも迅速性が重視されますが、クラウドPBXによりスマートフォンを内線化することで、どこにいてもいち早く患者からの呼び出しに応じることが可能になります。

今回は、「【クラウドPBX導入事例・病院編】スマホ内線化2例」と題して、病院でのクラウドPBXの導入事例について紹介します。

病院や介護施設にも進むクラウドPBXの導入

病院や介護施設などの医療機関にもクラウドPBXの導入が進んでいます。病院や介護施設などでクラウドPBXが重宝される理由は、主に以下のメリットがあるためです。

  1. スマホ内線化により、診療時間外に代表電話にかかってきた電話をスタッフの自宅や外出先でも取ることができる
  2. 従来の電話機と比較して導入費用が安い(端末代金や配線工事費用が高額になる主装置の設置が不要。スタッフのスマホを子機として使用できるため、端末代金不要)
  3. ナースコールと連動させることができる
  4. 録音機能を利用して、ナースと患者とのやり取りを記録できる

こうしたさまざまなメリットによって、対応の迅速性や正確性が求められる病院や、介護施設においてクラウドPBXは非常に価値の高い通信ツールとして活用することができます。

事例①京都近衛リハビリテーション病院での導入事例

2018年4月に開院した京都大原記念病院グループの京都近衛リハビリテーション病院は、回復期のリハビリテーションに重点を置いた専門病院です。

スタッフの働き方改革を実現すると同時に、質の高い医療を施すために、クラウドPBXを活用した業務のスマートフォンへの集約を実施されています。

クラウドPBXの活用ポイント

京都近衛リハビリテーション病院でのクラウドPBX活用ポイントは、ナースコールとの連動です。

クラウドPBXのサービスによりスマホとナースコールを連動させ、ナースコールの呼び出しがあったときに一斉にスタッフのスマホが呼び出されるように設定されました。

その結果、ナースコールの呼び出しボタンが押された際には、患者さんの最も近くにいるスタッフが気づくことができ、いち早く駆け付けられるようになりました。

病院側から見れば、最短距離の移動により患者さんのもとに駆け付けられるので業務を効率化することができ、患者さんから見ればナースコールを押せばすぐにナースが駆けつけてくれるので常に安心です。

導入費用の安さや手軽さは言うまでもなく大きなメリットですが、病院ならではのクラウドPBXの活用法もあるということですね。

将来的には更なる活用も

京都近衛リハビリテーション病院では、さらにスマートフォンを業務に活用すべく、将来的に以下の点を検討されています。

①館内放送
クラウドPBXの「構内放送」機能を活用して館内放送を利用できます。

館内放送を活用することで、患者さんに対して一斉にお知らせを案内したり、居場所がわからず携帯電話もつながらないスタッフを呼び出したりすることができます。

②ドアホン応答
クラウPBXの機能によっては、ドアホンと連動できるものもあります。

京都近衛リハビリテーション病院では、ドアホン応答の機能を受付案内などに利用することを検討されています。

③チャット機能
スタッフ同士のコミュニケーション円滑化や情報共有のために、チャット機能の活用法も検討されています。

また、これらのクラウドPBXの機能や連携などの他にも、スマートフォンをバーコードリーダーとして活用して患者の情報を紹介したり、電子カルテを閲覧したりするなどの活用法が検討されています。

事例②社会福祉法人済生会新潟第二病院での導入事例

社会福祉法人済生会新潟第二病院は、新潟の中核病院として427床を有しています。

以前は、病院内は無線LAN、院外は携帯電話の電波を使用するサービスを利用していましたが、ソフトバンクが提供しているクラウドPBXサービスの「ホワイトオフィス」を導入し、利便性の向上を図られました。

導入のポイント

社会福祉法人済生会新潟第二病院のクラウドPBX活用のポイントは2点あります。

①通信コスト削減(特にスタッフ間通話)
こちらの病院で特に費用が掛かっていたのが、スタッフ間通話です。

クラウドPBXを導入した場合、内線間が無料になるため、社内通話が多い場合には通信費を大きく削減できます。

特に、スタッフのスマホを内線化することで、スタッフが離籍中・外出中・帰宅後などの理由により事務所に不在の場合でも、無料での通話ができます。

②外出先からの通話
こちらの病院では、スタッフが外出先から、取引先や患者さんなどに電話連絡をする状況が多々ありました。

クラウドPBXは、社外にいても会社の番号で電話を掛けることができるので、まるで病院の中にいるかのように電話をすることができます。

取引先や患者さんからみても、知らない携帯電話の番号ではなく、知っている病院の電話番号から電話がかかってくるため安心です。

まだまだある!病院ならではのクラウドPBXの活用法!

病院ならではのクラウドPBXの活用法について解説します。

◇インターホンとの連携
病院のセキュリティを高めるためにクラウドPBXとインターホンを連携させることができます。

訪問者がインターホンを押した際に、内線化した携帯電話で応答し、訪問者が誰なのかを確認してから、スマホ操作で開錠させることができます。

◇電子カルテや勤怠管理システムへのアクセス
内線化したスマホから、電子カルテや勤怠管理システムへのアクセスをおこなうこともできます。

これらの機能は、クラウドPBXのオプション機能ですが、うまく活用することでスタッフはスマホ1台を持ち歩くだけであらゆる業務をこなし、管理を効率化することができます。

◇通信が途切れずに安定
病院では、PHSを元々利用されている場合も多いですが、回線が途切れがちになってしまうことがあるというデメリットがあります。

クラウドPBXは、インターネット通信に加えて、携帯電話会社の電波を拾うこともできるので、電波が途切れにくいサービスです。

さらに、2020年からの次世代移動通信の5G対応により、通信はますます安定し、途切れることがなくなります。

まとめ

病院などの医療施設でのクラウドPBX導入の最大のポイントは、スマホ内線化による連絡の迅速性とスムーズ化です。

患者の容態の急変や緊急トラブルの対応のためには、手元のスマートフォンでいつでも応答できる体制を整えておくことが、業務の向上にも患者の方からの安心感にもつながります。

また、ナースコールと連携させることで連絡の迅速性はさらに高まります。

内線通話によるコストの削減などにも効果があり、電子カルテや電子処方箋など、今後ますますのデジタル化が進むであろう医療の現場で、スマートフォンに業務を集約することで利便性が大いに向上する可能性が高いでしょう。

PAGE TOP