now loading

クラウド上に保存で安心!クラウドPBXのセキュリティ機能

クラウド上に保存で安心!クラウドPBXのセキュリティ機能

この記事のもくじ

情報化社会の現代において、企業の規模に関係なく何かしらのセキュリティ対策は施しているのではないでしょうか。

そこで、クラウドPBXの導入を考えたとき、セキュリティ対策は大丈夫なのか?気になる方も多いと思います。

万が一、企業の機密情報の漏えいや顧客情報の流出などが発生すれば、経営にも多大な影響を与えるのは間違いありません。

さらに、クラウドPBXはインターネットを活用したサービスなので、セキュリティ面で問題がないのか心配になるのは当然です。

ということで今回は、クラウドPBXで懸念されるセキャリティリスクとセキュリティ対策の安全性についてお話していきます。

クラウドPBXのセキュリティ上の懸念とは?

クラウドPBXにおけるセキュリティ上の懸念ポイントについて解説します。

クラウドPBXとセキュリティ対策について

まず、クラウドPBXがどんなサービスなのか説明しておきます。

クラウドPBXは今までのビジネスフォンとは違い、オフィスの中に主装置(PBX)を設置せず、インターネット上のサーバーに主装置(PBX)の機能を持たせること(クラウド化)により、スマホやパソコンをビジネスフォンとして利用できるサービスです。

クラウド上のサービスから、インターネット回線を使ってスマホやパソコンなど全ての端末を制御するので、外出先などインターネットが使える環境なら海外でもスマホやパソコンをビジネスフォンとして使うことができます。

このように、クラウドPBXは基本的にインターネットを活用したサービスなので、セキュリティ上で情報漏えいやデータ消失などのリスクが懸念されます。

ちなみに従来のビジネスフォンは、基本的にインターネットではなくアナログの音声回線につながっているので、安心と思われがちですが、必ずしもそうではありません。

ネットワークにつながっていなくても、災害時のトラブル対応や内部のスタッフによる設定変更など、さまざまなリスクが想定されるため、想像以上にリスクが高いことを把握しておきましょう。

ビジネスフォンやクラウドPBXにセキュリティ対策が必要な理由

セキュリティリスクが発生する原因として

  • サイバー攻撃
  • 人為的ミス
  • 地震などの自然災害

このようなことが要因として考えられますが、中でも近年特に注意したいのが「サイバー攻撃」です。

実際に特定の企業や組織をターゲットにしたサイバー攻撃で、多大な被害が発生しています。

とくに多い手口というのが、ネットワークにつながっている機器を入り口にして、会社のサーバーやPCなどから重要なデータが保存されている機器へ侵入するというもの

クラウドPBXも、電話帳データや従業員の内線情報、グループウェアのやり取りなどビジネスでの重要データが多数登録されているため、もちろん狙われる可能性はあるでしょう。

また、近年のサイバー攻撃の傾向として、大手企業だけではなく中小企業をターゲットにするケースが増えています。

そんな中、クラウドPBXを導入するのは大丈夫なのか?という話ですが、問題ありません。

クラウドPBXには、セキュリティ対策が万全に施されています。

少なくとも自社にPBXを設置するよりも、はるかに安全な状態でビジネスフォンを使用できます。

クラウドPBXのセキュリティ対策の安全性は高い!

クラウドPBXとセキュリティ対策は、切っても切り離せない関係です。

なぜなら、インターネット上で不特定多数のユーザーがクラウドPBXを利用するためです。

セキュリティのポイントは以下の3点。

  1. 登録データの厳重な管理・監視
  2. ネットワークの安全な管理
  3. 自然災害に対するリスクケア

これらの項目について、一つひとつ解説します。

登録データの厳重な管理・監視

クラウドPBXでスマホを利用する場合、業務に関わるデータ(電話帳やメモ、タスク管理など)はすべてクラウド上に保存、また簡単に共有ができます。

必要なときだけ接続するため、万一端末を紛失したときでも情報が外部に漏れる心配はありません。

セキュリティ対策についてより対処をしているクラウドPBXでは、サーバーなどの機器は堅牢な大手データセンターに保管され厳重な監視が行われているので、自社でシステムを運用するよりも安全性は高いのです。

ネットワークの安全な管理

クラウドPBXを利用する際に使用するネットワークに対して、外部からの侵入を許してしまったら、通話の内容を盗聴されてしまったり、クラウドPBXのネットワークから社内のネットワークに不正にアクセスされてしまったりするリスクがあります。

これらのリスクへの対応策は、クラウドPBXのメーカーが基本的に対応をします。

  • 通信の暗号化によりネットワークの盗聴を防ぐ
  • アンチウイルスソフトなど、クラウドPBXメーカーが独自にネットワークを強固にする取り組みをおこないます。

これらの暗号化や強固なネットワークは、セキュリティ事業者にゆだねられます。

従って、セキュリティ対策をしっかりとおこなったクラウドPBXを選定することが大切です。

自然災害に対するケア

大きな自然災害などが生じたときに、クラウドPBX全体がストップして使えなくなってしまったり、通常業務に大きな支障をきたしてしまいます。

クラウドPBXの事業者は、データセンターを複数個所に設置するなどの対策により、大きな災害やトラブルが生じても利用が中断してしまわないよう(あるいは中断期間が最小限になるよう)対策が取られています。

自社にPBXを設置した場合と比較して、大きな差が生じやすい部分です。

セキュリティ対策を考えるなら「OFFICE PHONE」

全てのクラウドPBXがセキュリティ面に配慮されていればよいのですが、必ずしもセキュリティに優れたクラウドPBXばかりとは限りません。

そこでおすすめしたいのは「OFFICE PHONE」です。

クラウドPBXのセキュリティ対策のレベルはおおむねクラウドPBXの品質・音質と比例をしますが「OFFICE PHONE」はまさに品質面で信頼のおけるクラウドPBXだからです。

  • 19年に渡る通算20,000社以上の導入実績
  • NTT光回線を利用した従来のビジネスフォン並みの通話品質

といったクラウドPBXで、品質は業界最高水準

電話帳データを、クラウド上のサーバーに安全管理したり、資料などのデータを共有したりできるグループウェアが無料で標準搭載されています

また、これらのサービスを手掛けているのは、法人向けに通信機器の販売やネットワークセキュリティに関して対応している会社です。

セキュリティのプロが作ったクラウドPBXということは非常に大きな強みです!

高品質なクラウドPBXを安心して利用したい方は、ぜひ「OFFICE PHONE」をチェックしてください。

まとめ

情報漏えいや顧客の個人情報の流出を防ぐためのセキュリティ対策は、企業の義務になっています。

クラウドPBXでは、情報が保存されるサーバーなどは堅牢な大手データセンターに保管され、幾重にも厳重なセキュリティ対策が施されているため、その点心配はないでしょう。

また、外出先などでスマホを利用するとき、端末を紛失してしまうと情報漏えいやデータ消失の危険があります。

それがクラウドPBXなら、電話帳などのデータはすべてクラウド上に保存・共有できるので、万一端末を紛失したときでも情報漏えいの心配はいりません。

インターネットを活用したサービスを利用するとき、どうしてもセキュリティ面が心配になりますが、インターネットを活用したサービスだからこそ厳重なセキュリティ対策が施されているのです。

セキュリティ面を懸念してクラウドPBXの導入を迷っていた方も、安心して導入が検討できるのではないでしょうか。

クラウドPBXならOFFiCE PHONE 今なら3ヶ月間使用料無料キャンペーン実施中
PAGE TOP