now loading

クラウドPBXの転送のメリットを解説!そもそも転送の概念がない?

クラウドPBXの転送のメリットを解説!そもそも転送の概念がない?

この記事のもくじ

クラウドPBXで「転送機能」を活用する場合、そもそも転送という概念がなくなります
もっとも、クラウドPBXの方が魅力的なメリットを兼ね備えていることが一押しの理由です。

営業や取引先訪問などで外出の機会が頻繁にあり、オフィスで電話に出られない方も多いと思います。
そこで対策として、「電話転送サービス」や「常駐するスタッフを雇う」といった方法をとっているのではないでしょうか?

しかしその対策では、あまりにもコストや業務効率面で無駄が多くなりますよね・・・。

このような悩みに対して、この記事では「クラウドPBXの転送機能」について詳細に解説します。

例えば

  • そもそもクラウドPBXとは?転送機能など仕組みはどうなっているのか?
  • なぜクラウドPBXの転送機能が一押しなのか?メリットを解説!
  • 既に導入している企業の事例をご紹介!

といった内容の記事でクラウドPBXの転送機能について包括的に解説しております。

クラウドPBXで転送機能を検討している方はぜひ参考にしてください。

クラウドPBXの転送の仕組みとは?そもそも転送の概念がない?

クラウドPBXには、そもそも「転送」を利用しなくても顧客からの着信に出先で対応できます

よって、一般的な「転送」の概念とは異なるのです。
もっとも、別の社員が電話に出て担当者へ取り次ぐ場合などに「転送機能」を利用するくらいです。

※クラウドPBXとは?
クラウドPBXは、PBXをクラウド化したものです。

PBXとは、オフィスにある電話機に内線・外線・転送などの機能をつなげる装置のことです。
電話機能のほとんどを統括することから主装置とも呼ばれています。

ちなみに「クラウド化」とは、インターネットを利用してクラウド上(ネット上)でソフトウェアやデータを管理できるようにシステムを構築することです。馴染みのあるサービスでは、『Google drive』や『icloud』などがクラウド化されたサービスです。

クラウド化することで、あらゆるPC・スマホから「ログインID」や「パスワード」などを入力すれば、いつでもデータの入出力やソフトウェアを利用可能です。

つまり、クラウドPBXはクラウド上(ネット上)に構築したPBXを利用することで、スマホやPCで「内線」「外線」「転送」をはじめあらゆる電話に関する機能を活用できるのです

2、クラウドPBXで転送機能を活用する3つのメリット!

クラウドPBXで「転送機能」を活用するメリットは

  1. コストを大幅カット
  2. 外出先で着信可能
  3. 外出中の社員へも取り次ぎ可能

といった3つの魅力です。

従来の転送機能とは比べものにならないクラウドPBXの機能を解説します。
もっとも、クラウドPBXの魅力によって従来の電話転送サービスからクラウドPBXにも乗り換える方も着実に増えてきています。

コストを大幅カット

クラウドPBXで転送機能を活用する場合、大幅にコストをカットできます
具体的には、内線・外線・転送をはじめあらゆる電話機能がついていて「月々3,000~4,000円程度」の月額利用料のみで活用できるのです。

もちろん転送利用料は無料で、端末もお持ちのスマホやPCにアプリをインストールして導入するため余分なコストがかかりません。
つまり、コストは「月額利用料」と「こちらから相手に発信した外線料金」のみです。

その反面、電話転送サービスを利用すると余分なコストまでかかってしまう傾向にあります。
例えば、電話転送サービスの利用料を月々払うことはもちろん、転送先から転送元までの電話料金も契約者負担なため、余分なコストがかかっています。

もっとも、この転送中の電話料金は固定電話から携帯電話への発信のため高くつき、「1分20円〜30円程度」かかってしまうのです。

その他、ビジネスフォンの端末本体や主装置の本体料金・設置費用など合わせると、目安として1台あたり100,000円程度します。

リース契約にしても、安くて月額4,000円以上かかります。

外出先で着信可能

クラウドPBXなら外出先でも顧客からの着信にスマホ・PCで対応できます。

これがクラウドPBXで「転送」概念がない理由ですね。
もっとも、スマホ・PCで電話に対応するのに「固定電話の番号で受発信できる」ことがクラウドPBXならではの魅力です。

なぜなら、クラウドPBXはPBXをクラウド上(ネット上)に構築したことで、インターネットがつながる場所ではどこでも利用できるようになったからです。

結果、「オフィスに常駐するスタッフ」や「電話転送サービス」が不要になりました。

外出中の社員へも取り次ぎ可能

クラウドPBXの「転送機能」において、取り次ぎ時の転送はオフィス外の社員へも可能です。
もちろん、外出している場合も同じく外出中の他の社員へ転送もできます。

また外出の多い業種では担当者が外出中の場合、伝言を聞いて折り返す手間が必要です。

しかし、クラウドPBXならその場で取り次ぐことが可能。
業務効率のアップはもちろん、スムーズな対応で顧客満足度も向上しますね。

クラウドPBXで外出中の社員へ取り次ぐことで

  • 業務効率の向上
  • 多様な働き方に対応可能

といった良い点もあります。

クラウドPBXで「転送」導入事例!

実際にクラウドPBXで転送機能を活用している企業の事例を紹介します。

具体的には、「受注数がアップした企業」「在宅勤務の環境を構築した企業」「スタッフを常駐させる必要がなくなった企業」といった3種類の事例を紹介します。

クラウドPBXで転送機能の導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

受注数アップ

従業員の少ない企業では営業で社員が全員出払うことが多く、電話対応が課題でした。

今までも留守番電話を設定することや事務スタッフに常駐してもらうなど対策をしていました。
しかし、これらの対策では迅速な対応が不可能なため顧客満足度を下げていました。

その上、事務スタッフの人件費もかかりデメリットが大きかったようです。

そこでクラウドPBXを導入することで転送機能のようにオフィス外でも会社の固定電話番号で受発信可能になりました。
その結果、「余分なコストの削減」や「迅速な電話対応で受注数のアップ」といったメリットを得られました。

在宅勤務の環境を構築

士業を主な事業内容としている企業では、政府によって働き方改革が実施された影響や、従業員を思いワークライフバランスを充実させたい気持ちから「在宅勤務」の導入を検討していました。

しかしオフィスでしかできない電話対応などのロケーションにとらわれた事業内容であったため、なかなか導入が叶わなかったようです。

そこでクラウドPBXを導入しました。

この企業では、クラウドPBXを導入することで簡単に転送や内線・外線を活用できるようになりました。
よって無事、在宅勤務を実現し「ワークライフバランスの充実」「女性が働きやすい環境」「企業全体の業務効率の向上」といったメリットを得られました。

スタッフを常駐させなくて良くなった

小売業をしている老舗企業では、常駐するスタッフが必要なことが課題でした。

具体的には、取引先の企業からの入電を取るスタッフが必要で、さらに「そのスタッフの仕事量が多くなること」と「迅速な対応ができないこと」が問題でした。

そこでクラウドPBXで転送機能のように担当者が直接対応できるようになりました。
その結果、取引先に対して「迅速な対応」を可能にし、常駐スタッフさえ必要なくなりました。
今では、社員全員が外出しても外出先で内線を利用して社員同士のコミュニケーションをとったり、会社の固定電話番号で受発信ができています。

クラウドPBXで転送なら『OFFICE PHONE』が一押し!

クラウドPBXでは、もはや「転送機能」ではなくいつでもどこでも会社の固定電話番号を使って受発信が可能です。

クラウドPBXの魅力的なメリットからクラウドPBXで転送機能の導入を検討している方もいるのではないでしょうか?
そこで一押しのクラウドPBXが『OFFICE PHONE』です。

なぜなら、OFFICE PHONEは

  • 会社の市外局番で国内外問わずどこでも受発信可能!
  • 業界で最も早い「最短即日」導入が可能!
  • 初期費用0円でコストを大幅カット可能!
  • 優秀なIT専門家による信頼できるサポート!

といった魅力が詰まっているためです。

OFFICE PHONEは、今お使いの市外局番をそのまま継続して場所を問わず受発信可能です。
ちもちろん、新規契約も可能です。

さらに業界で「最短即日」導入できるメーカーは数えるほどしかなく、そのひとつがOFFICE PHONEです。
やることは簡単で、スマホ・PCにアプリをインストールしてクラウドPBX専用のアダプターを設置するだけです。

当然、コストも大幅カット可能で初期費用はなんと無料。
月額利用料も3,400円〜と非常にリーズナブルです。

安いからといってパフォーマンスが劣ることはなく、最高峰の音声品質を持ち、オプション機能も豊富に揃っています。

そして何よりOFFICE PHONEの魅力は、優秀なIT専門家による的確なサポートを受けられることです。
クラウドPBXの設定で迷った場合や使用方法がわからない場合に素早く対応してくれます。

また、サポートはクラウドPBXについてのみならず、オフィス機器全般の不明点から効率的なIT技術の使用方法など、ITに関してさまざまなサポートを受けられるのです

これも優れたIT専門家が常駐しているOFFICE PHONEでしか得られないメリットですね。

詳しくはこちら:「OFFICE PHONE」

まとめ

クラウドPBXで「転送機能」を活用する場合、そもそも転送という概念がなくなりさらに魅力的なメリットを得られます。

クラウドPBXなら

  1. コストを大幅カット
  2. 外出先で着信可能
  3. 外出中の社員へも取り次ぎ可能

といったメリットから一般的な転送機能を利用するより高性能なサービスを受けられます。

実際にクラウドPBXを導入している企業では、スマホやPCでどこでも会社の固定電話番号で受発信できるようになりました。

その結果、転送サービスを利用する必要もなく、スタッフに常駐してもらう必要もなくなりました。
また転送だけではなく、「迅速な対応から受注数のアップ」や「ワークライフバランスの充実」「業務効率の向上」といったメリットも得られました。

転送機能を活用するなら、クラウドPBXがおすすめです。

また、クラウドPBXで一押しは『OFFICE PHONE』です。

OFFICE PHONEなら

  • 会社の市外局番で国内外問わずどこでも受発信可能!
  • 業界で最も早い「最短即日」導入が可能!
  • 初期費用0円でコストを大幅カット可能!
  • 優秀なIT専門家による信頼できるサポート!

といった魅力から業務効率の向上が可能です。

クラウドPBXを検討中の方は、ぜひOFFICE PHONEを参考にしてみてください。

クラウドPBXならOFFiCE PHONE 今なら3ヶ月間使用料無料キャンペーン実施中
PAGE TOP