now loading

クラウドPBX導入後の既存PBXやビジネスフォンはどうなる?

クラウドPBX導入後の既存PBXやビジネスフォンはどうなる?

この記事のもくじ

クラウド PBX を導入するとき

「既存のビジネスフォンはどうすればいいのか?」

と気になっている方は、多いのではないでしょうか。

クラウドPBXならPCやスマホをビジネスフォンとして利用できるため、使わない置き型ビジネスフォンが出てきます。

また、そのまま置き型ビジネスフォンを使うとしても、同じビジネスフォンを使うことはほとんどありません。

すると、使用しないビジネスフォンを撤去する必要が出てきますね。

ビジネスフォンの撤去は、購入したかリース契約したかによって、その方法が変わります。

また裏ワザというわけではありませんが、既存ビジネスフォンをそのままクラウドPBXに組み込むという方法もないわけではありません。

ということで今回は、クラウドPBX を導入したあとの「既存ビジネスフォンおよび PBX (主装置)の対処方法」について、色々なケース別に見ていきたいと思います。

既存PBXとビジネスフォン撤去の流れ

クラウドPBXを導入する場合、既存のPBXやビジネスフォン本体は基本不要となります。

これはクラウドPBXがインターネットのネットワーク上に既存PBXと同等の機能(内線電話の割り振りや内線呼び出し機能など)を構築するからでしたね。

また置き型のビジネスフォンを使うとしても、従来のビジネスフォン電話機をそのままクラウドPBXに接続するのではなく、クラウドPBXに適した「SIPフォン(置き型電話機)」を利用します。

つまり既存PBXや既存ビジネスフォンとクラウドPBXは、全く別物の機器と考えるのが分かりやすでしょう。

では、不要になった既存PBXやビジネスフォン子機はどのように対処するとよいのでしょうか?

大まかに分けると導入時にビジネスフォンを「購入」しているか「リース契約」しているかで、対応方法が異なります。

リース契約時の既存PBX・ビジネスフォンの撤去の流れ

既存PBX・ビジネスフォンを「リース契約」している場合には、所有者は契約元の販売業者のままになっています。

ビジネスフォンのリース契約は一般的に3~7年間ですが、契約期間中は一般的に解約できないという契約条件になっています。

(契約期間中にクラウドPBXに乗り換えたいときには、既存ビジネスフォンの契約内容にもよりますが、違約金として残りの契約期間の料金を全額支払わなくてはなりません

リース契約時の既存PBX・ビジネスフォンのポイントは、次の2点です。

  • 自社の所有物ではないため、勝手に撤去することができない
  • 契約期間が満了するか、違約金を全額支払った場合には、撤去作業をしてから、ビジネスフォンを一式返却する

なお、既存PBXの撤去やリース会社への返送にかかる費用は、自社で負担する必要があります

一括購入時の既存PBX・ビジネスフォンの撤去の流れ

既存PBX・ビジネスフォンを「購入」している場合(あるいはリース契約満了後にリース業者から買取をした場合)には、既存PBXとビジネスフォンは自社資産なので自由に処分することができます

逆に言えば、ビジネスフォンを適正に処分しなければならないという義務が発生します。

既存PBXやビジネスフォンは「産業廃棄物」の扱いとなるため、不要だからといって「不燃ごみ」として処分すると法律違反になってしまいます

「不燃ごみ」としてゴミを出すと最悪、罰金が科されるということも。

既存PBXやビジネスフォンのゴミの廃棄の仕方は自治体によって異なるため、詳細は市区町村の役所に問い合わせると確実です。

※ワンポイントアドバイス
クラウドPBXを導入した場合、確かに既存のビジネスフォンや音声回線は不要になりますが、だからと言ってすぐに全て撤去してしまうと「クラウドPBXから既存PBXに戻したい」と思ったときにまた一からの作業が必要になります。

従って、ビジネスフォン電話機を取り外したら、ある程度の期間は電話回線の配線はそのままにしておき、ビジネスフォンやPBXはそのまま保管しておいた方が無難です

最悪のケースを想定してリスクケアをしておくことが、スムーズにビジネスを進めるうえでは重要です。

既存PBXとビジネスフォンの撤去時の注意点

リース契約・買取のいずれの場合でも、既存PBXとビジネスフォンを撤去する際に注意しておきたいポイントが2点あります。

  1. 既存ビジネスフォンの撤去工事は専門業者に
  2. 電話加入権はどうする?

スムーズに作業を行うために不可欠なポイントなので、ぜひ把握してください。

既存ビジネスフォンの撤去工事は専門業者に

既存ビジネスフォンの撤去工事は、非常に専門的であり複雑なので、専門業者に依頼をして作業してもらいます。

撤去工事の費用相場は、以下の通りです。

  • 撤去作業員派遣費:10,000~12,000円/人
  • PBX(主装置)撤去費 :5,000円/台
  • 電話機撤去費:1,000 円/台
  • TA (ターミナルア ダプタ)撤去費:0円~ 500円/台

電話加入権はどうする?

既存のビジネスフォンがアナログ回線だった場合、クラウドPBXに変更すると電話加入権が不要になります。
(クラウドPBXは光電話もしくはIP電話の回線を利用したサービスであるため、電話加入権が必要ありません)

このとき、電話加入権をどうするのかについては、2通りの考え方があります。

①電話加入権を休止する

将来的に再び従来型のNTT電話回線を使用する可能性が少しでも残っている場合、おすすめしたいのは電話加入権の休止です。

電話加入権の休止は手数料として2,000円かかりますが、休止後は月額費用はかかりません。

再加入の際に、電話加入権を購入する必要がないこともメリットの一つです。

休止期間は基本的に5年間で、申し出がない場合、1回目の更新は自動更新になります。

ただし、2回目からの更新は申請が必要なので、満10年経過後に申告がない場合には、電話加入権は解約されます。

②電話加入権を売却する

将来的に電話回線を使用する見込みが全くない場合には、電話加入権を売却することもできます。

ただし、売却をしても数千円程度にしかならないことや、再加入を希望する際には再び電話加入権を購入しなくてはならない(電話加入権は36,000円)ことから、慎重に判断しましょう。

既存ビジネスフォン(PBX)をそのまま使いたいときの方法

クラウドPBXを導入するとき、そのまま既存ビジネスフォンおよびPBX(主装置)を使いたいというケースも出てくると思います。

特に、最近のビジネスフォンは性能もよく、非常に頑丈なので

「まだまだ使えるのに・・・」

と思うものでしょう。

既存のビジネスフォンをそのままクラウドPBXに接続して使用することはできませんが「VoIPゲートウェイ」という機器を設置することで、既存ビジネスフォンとクラウドPBXが併用できるようになります。

VoIPとは?

VoIPゲートウェイのVoIPは「Voice over IP」の略語で、簡単には「電話とインターネットの相互通信を可能にするための機器」のことを差します。

電話回線とインターネット回線を中継する役割を果たす機器で、大企業では拠点間のIPネットワーク化のために利用されています。

このVoIPゲートウェイをクラウドPBXの導入に合わせて設置すれば、既存ビジネスフォン・PBX(主装置)を併用できるようになります。

ただし、そのVoIPゲートウェイを設置するには目安として以下の費用がかかります。

・VoIPゲートウェイ機器料金:10万円~(設置費用:1万円前後)

あるいは、VoIPを購入せずにリース契約する方法もあります。

しかしながら、いずれにしてもVoIPを導入するためには一定の費用がかかるため、既存のビジネスフォンを残すメリットとかかる費用とのバランスを考慮して検討すると良いでしょう。

既存PBXの入れ替えも踏まえるならOFFICE PHONEがおすすめ

クラウドPBXを導入する際には

「既存PBXやビジネスフォンをどうするか?」

という点も踏まえてサービスを選定するとスムーズです。

もしクラウドPBXをまだ契約していないのであれば、ここでおすすめしたいクラウドPBXが「OFFICE PHONE」です。

「OFFICE PHONE」は、ビジネスフォンやインターネット回線の専門業者である「OFFICE110」が運営しているので、クラウドPBXの導入と既存PBX・ビジネスフォンの撤去がワンストップで完結します。

  • 専門資格を持った技術の高いスタッフが在籍しているため、安心して撤去工事を依頼できる
  • 導入と撤去がワンストップでできる
  • 既存ビジネスフォンを残すかどうか、電話回線をどうすべきか、どのようにインターネット回線を構築するべきか?など専門的なアドバイスを受けられる

さらに、「OFFICE PHONE」は、19年間に渡る20,000社以上の導入実績があるので、クラウドPBXとしての音質や信頼性も抜群です。

今なら、導入費無料キャンペーン実施中、基本料金は10台あたり3,400円(月額)~です。

クラウドPBXの導入と既存PBX・ビジネスフォンの撤去について検討中の方は、気軽に相談してみるといいですよ。

まとめ

クラウドPBXを導入する際には、通常は既存PBXやビジネスフォンは不要になります。

このとき、既存ビジネスフォンをリース契約しているか購入しているかによって対処法は異なりますが、大きく分ければ回線をそのまま残すか、撤去するかのいずれかです。

ただし、残す場合であってもそのままクラウドPBXと併用することはできず、VoIPという専用の機器が必要になります。

このように、クラウドPBXや既存PBXについては専門知識が絡むなど難しいポイントがいくつか生じます。
安心してクラウドPBXを導入したい方は「OFFICE PHONE」のような、実績・技術力のあるクラウドPBXがおすすめです。

クラウドPBXならOFFiCE PHONE 今なら3ヶ月間使用料無料キャンペーン実施中
PAGE TOP