now loading

クラウドPBXで海外でも内線通話!外線も内線も劇的にお得!

クラウドPBXで海外でも内線通話!外線も内線も劇的にお得!

この記事のもくじ

「海外出張が多く、通信費が高くついてしまう・・・」
「海外の取引先とのリアルタイムのコミュニケーション手段に課題を抱えている」

従来のビジネスフォンを利用中の企業の中には、このような悩みをお持ちの方も多いことでしょう。

そこでこれらの悩みを解決する手段の一つが、ズバリ『クラウドPBXの活用』。

「そもそもクラウドPBXって何?」
「なぜ、クラウドPBXを導入すると海外への通信が安くなるの?」

今回は、クラウドPBXを導入するとなぜ海外との通信が安くなるのか、ひとつひとつ解説していきます。

クラウドPBXで海外通話が安くなる理由①無料の内線通話

海外との通信費用が安くなる理由の一つ目は、「クラウドPBXならどこでも無料で内線通話が利用できる」ことです。

世界中どこでも無料で内線通話できるクラウドPBXの仕組みとは?

クラウドPBXは従来のビジネスフォンとは異なり、オフィス内にPBX(主装置、ビジネスフォンの機能が詰まった交換機)を設置する必要がありません。

従来のビジネスフォンでは社内にPBXを設置し、電話機1台1台と接続することで、内線番号の付与や転送電話の機能の設定ができていました。

しかしクラウドPBXの場合はこちらが必要がなく、インターネットのクラウド上にPBXの機能を設置するだけで、ビジネスフォンとしての役割を果たすことができます。

つまり、インターネットにさえ接続していれば、ビジネスフォン・PC・スマートフォンを固定電話として利用できるという非常に便利なサービスなのです。

以上より海外にいてもインターネットさえあれば、通信機器を使って日本の会社と内線通話が可能、さらには通話料金は0円で利用できます。

クラウドPBXで利用できる端末

クラウドPBXと従来のビジネスフォンとを比較すると、利用できるビジネスフォン端末も異なります。

そこでクラウドPBXで利用できるのは、主に次の三種類の端末です。

・SIPフォン(IP電話機)
従来のビジネスフォンに近い、置き型の電話機。
使い慣れたビジネスフォンに近い感覚で、利用することができます。

・ソフトフォン(PC)
パソコンに専用のソフトをダウンロードすることで、クラウドPBXに接続できます。

・スマートフォン
社員のプライベート携帯、あるいは社用携帯にアプリをダウンロードすることで、クラウドPBXを利用できます。

(※これらの端末を利用するには、いずれの場合でもインターネットへの接続が条件)

各端末の詳しい説明は、「クラウドPBXが使える電話機は3種類!特徴とおすすめ」をご覧ください。

またこの後詳しく紹介しますが、クラウドPBXはスマホでも利用できることから、海外での通話料が劇的に安くすませることができます。

クラウドPBXで海外通話が安くなる理由②外線の通話料が安い

クラウドPBXの魅力は、内線通話の安さだけではありません。

なんと、外線の通話料金も、従来のビジネスフォンと比較して劇的に安くなります

この章では、従来のビジネスフォンと比較した場合の、外線の国際電話の料金について解説します。

従来のビジネスフォンと携帯での国際電話の通話料

国際電話は、国内での通話と比較すると料金が高く設定されています。

■ビジネスフォンの国際電話の通話料
固定電話:国内→アメリカ【160円/3分(NTT)】
固定電話:国内→中国【420円/3分(中国)】
■NTTドコモの国際電話の通話料
携帯電話:国内→アメリカ【34円/30秒】
携帯電話:国内→中国【86円/30秒】

利用する通信会社やプランによってやや異なるものの、上記プランでは1時間アメリカに向けて電話すると「3,200円」、中国で「8,400円」の通話料に。

しかしクラウドPBXを導入すると・・・内線通話が利用できるため、通話料が無料となります。

実際の事例として、クラウドPBX「MOT/PBX」や「ナイセンクラウド」を導入した、海外に工場がある企業や貿易会社では、月々の通話料を10万円以上削減できたのだとか。

安定したインターネット環境を用意する必要はありますが、それさえクリアできれば、海外との通話料に悩むことは一切なくなるでしょう。

外線の通話料もクラウドPBXがお得

「社員間だけではなく、海外の取引先との通話料が高くついて悩んでいる・・・」

と、社員間以外の国際電話の通話料金にお悩みの方にも、クラウドPBXがおすすめです。

クラウドPBXは、インターネット光電話あるいはIP電話の仕組みを利用したサービスなので、外線でも従来のビジネスフォンより料金がずっと安くすみます。

例えば、アメリカと中国に向けてのインターネット光電話の通話料は次の通りです。

ビジネスフォン固定電話:国内→アメリカ【9円/1分】(従来は160円/3分)
ビジネスフォン固定電話:国内→中国【30円/1分】(従来は420円/3分)

比較すると、アメリカなら約83%、中国なら約78%もの通話料を削減できます!

OFFICE PHONEを選べば品質面も安心

ここまでの解説で、クラウドPBXを選べば海外への通話料が劇的に安くなることはご理解いただけたと思います。

とはいえ「ただ安いだけ」では意味がありません。

特に海外とのコミュニケーションを取りたいとき、電話でのやり取りがスムーズにできなければ、ビジネス面にも大きな打撃を与える可能性があるでしょう。

そこで、このようなリスクを防ぐための最善策として挙げられるのが、品質の確かなクラウドPBXをチョイスすること。

それを踏まえてぜひともおすすめしたいのが、品質面において圧倒的に優れる「OFFICE PHONE」です。

ここでは、OFFICE PHONEの特徴を3点ピックアップして紹介します。

  • 19年間に及び20,000社に導入された確かな実績のあるクラウドPBX
  • 通話品質は従来のビジネスフォン並み!
  • NTT光回線をベースにしているため、NTT固定電話の番号引継ぎや市外局番の新規発番に対応可能
    (「050」ではなく、地域の「03」「06」などの電話番号が利用できます)

このように、海外とのビジネスを円滑に進めるために必要な品質が、OFFICE PHONEにはしっかりと備わっています。

クラウドPBXならではのツールも搭載されており、資料共有が可能なグループウェアなどのサービスも無料で利用可能です。

通話料を削減すると同時に、ビジネスの利便性を高めるという意味でも、十分におすすめのクラウドPBXだと言えるでしょう。

まとめ

近年の世界の大きな流れとしては、「IT化」と「グローバル化」の2つが挙げられます。

ビジネスにおいては、グローバル化によって海外展開や海外出張が増えたり、海外の取引先が増えたりと大きな変化が生じている企業も多いと思います。

しかしそれに伴って海外とのやり取りにコストがかかってしまったり、スムーズに連携できなかったり・・・

そんな課題を解決するのが、ズバリ『クラウドPBX』です。

クラウドPBXは、インターネット回線を使用した通信なので、世界中どこでも格安の一律料金。

しかも、社員同士であれば海外でも無料の内線通話が利用できます。

最後に、クラウドPBXは従来のビジネスフォンと同等の通話品質を持つ「OFFICE PHONE」がおすすめ。

コスト削減と同時に、海外とのコミュニケーションの質の向上にもつながるでしょう。

クラウドPBXならOFFiCE PHONE 今なら3ヶ月間使用料無料キャンペーン実施中
PAGE TOP