now loading

クラウドPBXはインターネット回線があれば◎光回線もOK!

クラウドPBXはインターネット回線があれば◎光回線もOK!

この記事のもくじ

「クラウドPB X を利用するために必要なものは何なのか?」

と、これから導入を検討している会社の担当者の方は、何か特別に用意するものがあるのか気になりますよね。

しかし、クラウドPBX の利用に際して必要なものは「インターネット」のみです。

現在インターネット回線で主流になっているのが「光回線」ですが、光回線を引いているオフィスならクラウドPBXはすぐにでも導入できます。

また、インターネット回線には光以外にもISDN デジタル回線やアナログの ADSL 回線がありますよね。

このような光回線以外のインターネット回線でもクラウドPBXの利用はできますが、何一つメリットはないし導入しても通信環境が不安定になると通話が途切れることがあるため、あまりおすすめできません。

ここからは、クラウドPBXで光回線を利用するメリットや光回線以外の ISDN 回線やアナログ回線がおすすめできない理由などお話していきます。

クラウドPBX は光回線がベスト!工事なしで導入可能

そもそもクラウドPBXとは一般的にオフィスで利用されるビジネスフォンとは違い、オフィスの中に主装置(PBX)の設置が不要で、インターネット上のサーバーに主装置(PBX)の機能を持たせること(クラウド化)により、スマホやパソコンがビジネスフォンとして使えるサービスになります。

基本的にクラウド上のサービスからインターネット回線を使ってスマホやパソコンなどすべての端末を制御するので外出先など、どこにいてもスマートフォンがビジネスフォンの役割を果たしてくれます。

このようにクラウドPBX はインターネットを活用したサービスです。

つまり、クラウドPBX を導入するうえでインターネット環境は必須ということです。

一般的なオフィスでは電話回線とは別にインターネット回線を引いていますが、現在主流になっているのが「光回線」です。

光回線は光ファイバーを利用してデータの送受信を行う通信回線になります。NTT のフレッツ光を筆頭に、フレッツ光回線を利用した光コラボレーションなど実に様々な分野の会社で光インターネットサービスが提供されています。

そこで、光回線を引いているオフィスなら新たに工事などは必要なく、すぐにでもクラウドPBX が導入できます。

スマートフォンを利用するときはサービス提供会社の専用アプリをインストールすれば、通常の無線LAN に接続するだけでビジネスフォンの機能が使えるようになります。

先程も説明した通り、クラウドPBX はクラウド上のサービスからインターネット回線を使ってスマホやパソコンなどすべての端末を制御するサービスなので、インターネットが使える環境が整っていれば場所を選ばず利用できるのです。

これから光回線を引くオフィスはフレッツ光がおすすめ!

光回線も種類がいっぱいあって、どこの光回線が良いのか分かりづらいですよね。

まず、基本的に自宅用であれば選択肢は多いのですが、会社利用となると若干選択肢が狭まります。

会社用で利用する際に光回線で大きく分かれる選択肢は、同時利用が2 回線までの会社と、3 回線以上利用する会社とで別れます。

・同時利用が2 回線までの会社
携帯キャリアとセットの光で割引適用になる光コラボがおすすめ(同時利用が3 回線以上になると、どこの携帯キャリア光サービスも対応できません)
ドコモ→ドコモ光
au→au 光
ソフトバンク→ソフトバンク光

・3 回線以上ならNTT フレッツ光
同時利用が3 回線以上になるとNTT フレッツ光のオフィスタイプのみの対応になります。

【注意点】
これから光を導入しようと考えている会社で、「今は2 回線使えればいいから携帯とのセット割りがきく光コラボで使っとこう」と安易な考えで引いてしまうと、後で面倒なことになりがちです。

例えば、コラボ光で新規番号を2回線取得したが、先で番号を追加したいとなった場合は、同時利用は2回線までなので光コラボでは対応できません。

また、対応できないという事でNTT のフレッツ光(オフィスタイプ)へ切り換える際に電話番号が移行できないなどの問題が発生することがあります。(基本的には光回線申込み時に新規で取得した番号は番号ポータビリティできません)

目先の料金の安さにとらわれず、長い目で考えて、どの光回線キャリアと契約するかを選択していくことがポイントです。

このような内容は普段、仕事で取り扱いしていないと分からない世界です。

クラウドPBX の取り扱い業者によっては、どの光回線がお客様にとって最適なのかを選別してくれる優良業者もありますので、導入時には一度業者へ確認することをオススメします。

現在使っている代表電話番号も原則そのまま利用可能!

現在の電話番号も原則そのまま利用できるので安心です。

新たに新規開設する事務所なら新たに電話番号を取得しても問題ないですが、既に営業しているオフィスで電話番号が変わったら大問題です。

基本的にNTT で発番した電話番号であれば電話番号の引き継ぎが可能になっています。

ただし、現在NTT 以外から発番した電話番号を使っているオフィスでは電話番号が引き継げないことがあるので、事前にサービス提供会社の電話番号の引き継ぎ条件は確認する必要があります。

電話番号の引き継ぎに関しては「クラウドPBX に切替えても電話番号は”原則”変わらない!」こちらで詳しく説明しているので、心配な方は一度チェックしてみてください。

クラウドPBX を光回線以外の回線でもつなげるの?

インターネット回線には光回線以外にもISDN のデジタル回線、ADSL やCATV といったアナログ回線があります。

基本的にクラウドPBX はインターネットが接続できる環境であれば利用できるので、光回線以外のインターネット回線でもスマートフォンやパソコンがビジネスフォンとして利用できます。

しかし、冒頭でもお話しした通り、アナログ回線とISDN デジタル回線でクラウドPBX を利用するのはあまりおすすめできません。

その理由として、光回線以外のインターネット回線を利用するときは、専用ルーター「VoIP ゲートウェイ」を設置しなければならないからです。

VoIP ゲートウェイは「アナログ電話網とIP 電話網を中継する役割を果たす通信機器」になり、VoIP ゲートウェイは自社で購入すれば、

  • VoIP ゲートウェイ機器料金:10 万円~
  • 設置費用:1 万円前後

およそ10 万円以上の費用が必要になり、初期費用が大きくなってしまいます。

さらに通話品質に関しても、アナログ回線とデジタル回線は光回線と比べると通信速度が遅いうえに安定性も劣ります。

ADSL の通信速度は一般的に下り(ダウンロード)最大50Mbps 上り(アップロード)最大5Mbps で、ISDNデジタル回線の通信速度は最大64kbps です。

それに対して光回線は1Gbps が主流で20 倍近く通信速度に差があるのです。

光回線のメリットは何といっても、ずば抜けて通信速度が速く、電磁波など周辺環境からの影響をほとんど受けないので安定した通信が可能なことです。

このように、アナログ回線とISDN 回線でもクラウドPBX は利用できますがメリットは一切ないと言えるのです。

そこで、クラウドPBX を導入したときの各回線の比較を簡単に表してみます。

光回線 ISDN デジタル回線 アナログ回線
初期費用 安い 高い 高い
通信速度 ずば抜けて速い(1Gbps) 遅い(64kbps) 遅い(50Mbps)
安定性 高い 低い 低い
月額通信料 安い 光回線と比較すると高い 高い

単純な比較ですが、クラウドPBX をISDN デジタル回線とアナログ回線で利用するのと光回線で利用するのとでは雲泥の差があり、クラウドPBX の導入では光回線がベストといえるでしょう。

まとめ

インターネット社会となった現代において、ほとんどのオフィスでは電話回線とは別にインターネット回線を引いているのではないでしょうか。

インターネット回線も今では「光回線」が主流になり、高速で安定したデータ通信が行えます。

そこで、クラウドPBX の導入にあたっては、基本的にインターネットが接続できる環境が必要になるので、光回線を引いていればすぐにでもサービスを利用できるのです。

また、光回線以外のISDNデジタル回線やADSL などのアナログ回線でもクラウドPBXは導入できますが、ご紹介した通りメリットは一つもありません。

初期費用や通信速度、通信料すべてにおいて光回線がほかの回線よりも優れています。というように、クラウドPBX の導入するとき光回線がベストです。

逆にいえば光回線が使える環境さえ整っていれば導入できるということです。導入にあたって初期費用を心配している方も、従来のビジネスフォンと比較すれば安く導入できるので入れ替えを検討してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP