now loading

dialpadとは?クラウドPBXとの共通点や相違点を比較解説

dialpadとは?クラウドPBXとの共通点や相違点を比較解説

この記事のもくじ

dialpadは「クラウドテレフォニー」とも呼ばれる、場所やデバイスを選ばない通信サービスを指します。
一見、クラウドPBXに非常に似ているように見えますが、dialpadとはどのようなサービスなのでしょうか?

今回は、「dialpadとは?クラウドPBXとの共通点や相違点を比較解説」として、dialpadのサービス概要についてクラウドPBXと比較しながら紹介します。

dialpadとは

BYODやテレワークなどの働き方改革を実現するための一つのツールとしてdialpadが注目されています。

dialpadは2015年にアメリカでスタートした「場所に制約されずに」、「誰とでも」、「どんな端末でも」つながることができる通信サービスです。すでに日本にも上陸していて、ソフトバンクがパートナー企業として販売をおこなっています。海外ではNetFlixやモトローラ、Uberなど、国内ではソフトバンク、フジテック、Idomなどが導入しており、すでに導入企業は5万社を超えています。そして、導入企業は増え続けています。

dialpadとクラウドPBXとの比較~共通点

dialpadの概要を見てクラウドPBXととてもよく似ている、という印象を持たれたかもしれませんね。実際のところ、dialpadとクラウドPBXは似ている部分も数多くあります。そこで、両者を比較するためにまずは共通点を紹介します。

共通点①場所を選ばずに音声通信が可能なサービスであること

dialpadもクラウドPBXもクラウドを利用した通信サービスで、屋外や社内のさまざまなスペース、従業員の自宅など、場所を選ばずに音声通信を行うことのできるサービスです。デスクを離れる場合でも、会社の外線番号を使って発着信することができるため、テレワークやオフィスのフリーアドレス化などの働き方改革や生産性向上を実現するためのツールとして活用されています。

共通点②初期費用が安いこと

オンプレミスPBXと異なり、dialpadやクラウドPBXでは社内にPBXを設置する必要がありません。PBXなどの機器代金や配線工事費がかからないため、初期導入費用を抑えることができます。

また、両者ともアプリをインストールすることでスマートフォンやPCを内線化することが可能であり、ビジネスフォン子機を購入しなくてもオフィスの音声通信環境を構築することができます。

共通点③マルチデバイスに対応していること

dialpadやクラウドPBXでは、SIP端末(デスクフォン)、スマートフォン、PC、タブレット端末などをビジネスフォンの子機のように利用することができます。

共通点④一括管理

電話帳データや従業員のリスト、CRM(顧客管理システム)などの情報を本部の管理画面で一括管理することができます。
個人所有のスマートフォンに重要なデータを保存せずに業務を遂行できることは、BYODをおこなうために不可欠です。

共通点⑤料金体系

どちらも使用ライセンス数に応じた月額の料金体系を取っています。
また、個人所有のスマートフォンを内線化してBYODとして活用する場合には、ビジネスとプライベートの請求を簡単に分けることができます。

dialpadとクラウドPBXとの比較~相違点

似た部分の非常に多いdialpadとクラウドPBXですが、dialpad側のメリットを中心に相違点についても紹介します。

相違点①クラウドの運用方法

dialpadがGoogleのクラウド上にシステムが構築されているのに対して、クラウドPBXはベンダーのサーバー上にシステムが構築されています。

クラウドPBXの場合は、音質やセキュリティなどがベンダーのサーバーの能力に左右されるので、ベンダーの選び方が重要になります。

また、dialpadはGoogleのプラットフォームを利用しているためグローバルなアクセスが可能です。

相違点②dialpadは通話中にデバイスの切り替えが可能

dialpadはGoogleやMicrosoftのIDのみで簡単にログインできます。さらに、自席のPCで取った電話を、通話がつながった状態のままスマホに切り替えて席を移動できるなどの操作が可能です。

相違点③dialpadはより幅広いUCやツールとの連携が可能

dialpadにかかってきた電話を取ると、発信者から直近で送られてきたメールややり取りしたドキュメントリストなどがPCの画面上に自動的に表示されます(発信者が同じクラウドサービスを利用している場合のみ)。

さらに「G Suite」や「Office 365」「Salesforce CRM」「LinkedIn」などのツールと連携した顧客情報を表示する機能や録音したメッセージをテキスト化する機能、ビデオ会議機能など、さまざまな機能を実装しています。

相違点④契約方法

dialpadはパートナーであるソフトバンクの法人営業部に対して申込依頼をして契約手続きをおこないます。
クラウドPBXの場合は、ベンダーによって申込方法は異なりますが、直接ベンダーに問い合わせるかWeb上のライセンス申し込みを行うかのいずれかにてライセンス契約を進めることができます。

まとめ

dialpadとクラウドPBXについて比較をしながら、機能や特徴を紹介しました。

音声通信をめぐるビジネス環境としてクラウド化、UC(ユニファイドコミュニケーション)機能の実装化の流れがありますが、「デスクフォンを撤廃」するというスローガンを掲げるdialpadはまさにクラウドを活用したUCツールの代表的なサービスの一つです。

dialpadが提供するサービスそのものをクラウド上に構築している点が他のクラウドツールと大きく異なる点で、ITツールやサービスとの連携性・親和性の高さを特徴としています。日本ではまだ上陸から年月が浅いこともあり、実績が少ないという不安要素はありますが、これからビジネスフォンの構築や買い替えを検討をされている企業ではクラウドPBXなどと比較検討されてみてはいかがでしょうか?

PAGE TOP