now loading

IP-PBXとクラウドPBXの違いはズバリ「PBXの設置」有無!

IP-PBXとクラウドPBXの違いはズバリ「PBXの設置」有無!

この記事のもくじ

近年、オフィスの電話もインターネット技術を活用したサービスが生まれています。

その中の一つが「クラウドPBX 」ですが、さらに「 IP PBX 」という名前も合わせて聞きますよね。

そこで、クラウドPBX と IP PBX の違いは分かるでしょうか?

どちらもインターネットを介して通話やデータ通信を行う電話システムですが、その仕組みが大きく異なるのです。

ということで今回は、IP PBX とクラウド PBX それぞれの特徴からその違いをご紹介いたします。

IP PBX とは? IP 電話を使用するためのPBX

IP PBX は「 Internet Protocol Private Branch eXchange (インネット・プロトコル・プライベート・ブランチ・エクスチェンジャー)」の略語です。

IP Internet Protocol )はよく聞くと思いますが、簡単に説明するとインターネット上で情報をやり取りする通信方式の総称です。

次にPBX Private Branch eXchange )は日本語に直訳すると「構内交換機」になり、「主装置」とも呼ばれています。

具体的には電話回線の交換機になり、外線通話や内線通話、保留・転送などの機能を制御する機器になります。

つまりIP PBX は、『インターネット上で電話や データ通信を行うための電話回線の交換機』ということになります。

IP PBX の仕組み

IP PBX はイメージ的に従来の PBX (主装置)の IP 電話版になります。

オフィス内にIP PBX を設置したあと各 IP 電話機と接続することで、外部の IP ネットワークに接続されるのと同時に内部とのネットワークにも接続されます。

従来のPBX との違いとして、 PBX は電話線(モジュラーケーブル)でビジネスフォンと接続しますが、 IP PBX はインターネットを活用するため、IP 電話機との接続では LAN ケーブルを利用します。

その際、従来の PBX の配線は「工事担当者」という資格が必要になるためその都度工事業者に依頼しなければなりません。

一方のIP PBX で使われる LAN ケーブルの配線に関しては資格が不要なので、大がかりな配線は専門業者に依頼する必要はありますが、簡単な配線なら自社で行うこともできます。

IP PBX の仕組みを詳しく説明すると、 IP PBX で外部との外線通話を行うとき、音声信号を一度パケットと呼ばれる細かいデータに変換してネットワーク上に送信します。

そして、受け取った側でパケットから再度音声信号に変換され通話ができるようになります。

このような技術を業界では「VoIP Voice over Internet Protocol )」と呼んでいます。

IP PBX には VoIP が組み込まれており、 パケット 信号の変換や内線などの機能を制御する役割を果たしているのです。

クラウドPBX とは?IP-PBX との違いは?

クラウドPBX の”クラウド”という言葉は最近よく聞きますよね。

クラウドは「Cloud-Computing(クラウドコンピューティング)」の略語になり、インターネット上のサーバー空間にアクセスすることで、各種サービスが利用できるほか画像やデータが保存できるサービスの総称です。

皆さまが日頃から使っているDropBox やGoogleDrive などのクラウドストレージやGoogle のGmail やYahoo!のYahoo!メールもクラウドサービスになります。

そこでクラウドPBXが何かといえば、今までのビジネスフォンとは違いオフィスの中にPBX(主装置)を設置せず、インターネット上のサーバーにPBX(主装置)の機能を持たせること(クラウド化)により、スマートフォンやパソコンをビジネスフォンとして利用できるサービスのことです。

クラウド上のサービスからインターネット回線を介してスマホやパソコンなどの端末をすべて制御するので、外出先でもインターネット接続ができる場所なら海外でもスマホやパソコンがビジネスフォンとして利用できます。

クラウドPBX を導入する一番のメリットはスマートフォンがビジネスフォンとして使えることです。

サービス提供会社の専用アプリを利用するスマートフォンやタブレットにインストールすれば、ビジネスフォンと同じかそれ以上の機能が使えるようになります。

IP-PBX との大きな違いはPBX(主装置)の社内設置の有無

クラウドPBX もインターネットに接続して通話やデータ通信を行うので、IP-PBX と同じサービスのように感じますよね。

しかし、IP-PBX とクラウドPBX の大きな違いは、オフィス内に「PBX(主装置)を設置する・設置しない」にあります。

IP-PBX では、オフィス内にIP-PBX を設置する必要があります。

設置したのち、各IP 電話機とLAN ケーブルで接続することで通話やデータ通信ができるようになります。

一方のクラウドPBX は、データセンターに保管されているサービス提供会社のサーバー上にPBX(主装置)の機能を持たせます。

ユーザーはインターネット回線を経由してサーバーにアクセスすれば通話ができるため、オフィス内にPBX(主装置)を設置する必要がないのです。

クラウドPBX はメンテナンスも不要!

また、導入したあとの管理や運用、メンテナンスの面でも違いがあります。

IP-PBX はオフィス内に設置したあとの管理や運用、メンテナンスを自社で行わなければなりません。

それがクラウドPBX では、サービス提供会社が定期的にシステム更新を行っているので常に最善の状態で利用でき、メンテナントもクラウドPBXサービス提供会社が行うので手間が一切かかりません。

以上のように、クラウドPBX はPBX(主装置)の設置が必要ないので、初期費用の削減はもちろん、インターネット環境が整備されている場所ならどこからでも利用できるため拡張性や利便性の点でも優れています。

さらに、修理やメンテナンスも不要なので、人員および経費の削減にも貢献してくれるのです。

まとめ

IP-PBX、クラウドPBX ともにインターネットを利用する電話システムですが、大きな違いはPBX の社内設置の有無にあります。

IP-PBX はオフィス内にPBX を設置する必要がある一方、クラウドPBX はクラウド上のサーバーにPBX の機能を持たせているので、PBXをオフィス内に設置する必要がありません。

また、修理やメンテナンスの面でも、IP-PBX は自社で行う必要がありますが、クラウドPBX はサービス提供会社がすべて行ってくれます。

このような違いから、クラウドPBX の方がIP-PBX よりも導入のしやすさ、拡張性、利便性が優れているといえるのです。

今ではIP‐PBX 型クラウドサービスも登場しているので、IP-PBX を導入している会社ではクラウドサービスに切替えてみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP