now loading

IP-PBXとクラウドPBX(クラウドIP電話)の違いはズバリ「PBXの設置」有無!

IP-PBXとクラウドPBX(クラウドIP電話)の違いはズバリ「PBXの設置」有無!

この記事のもくじ

近年、オフィスの電話もインターネット技術を活用したサービスが生まれています。

その中の一つが「クラウドPBX 」ですが、さらに「 IP PBX 」という名前も合わせて聞きますよね。

そこで、クラウドPBX と IP PBX の違いは分かるでしょうか?

どちらもインターネットを介して通話やデータ通信を行う電話システムですが、その仕組みが大きく異なるのです。

ということで今回は、IP PBX とクラウド PBX それぞれの特徴からその違いをご紹介いたします。

IP PBX とは? IP 電話を使用するためのPBX

IP PBX は「 Internet Protocol Private Branch eXchange (インネット・プロトコル・プライベート・ブランチ・エクスチェンジャー)」の略語です。

IP Internet Protocol )はよく聞くと思いますが、簡単に説明するとインターネット上で情報をやり取りする通信方式の総称です。

次にPBX Private Branch eXchange )は日本語に直訳すると「構内交換機」になり、「主装置」とも呼ばれています。

具体的には電話回線の交換機になり、外線通話や内線通話、保留・転送などの機能を制御する機器になります。

つまりIP PBX は、『インターネット上で電話や データ通信を行うための電話回線の交換機』ということになります。

IP PBX の仕組み

IP PBX はイメージ的に従来の PBX (主装置)の IP 電話版になります。

オフィス内にIP PBX を設置したあと各 IP 電話機と接続することで、外部の IP ネットワークに接続されるのと同時に内部とのネットワークにも接続されます。

従来のPBX との違いとして、 PBX は電話線(モジュラーケーブル)でビジネスフォンと接続しますが、 IP PBX はインターネットを活用するため、IP 電話機との接続では LAN ケーブルを利用します。

その際、従来の PBX の配線は「工事担当者」という資格が必要になるためその都度工事業者に依頼しなければなりません。

一方のIP PBX で使われる LAN ケーブルの配線に関しては資格が不要なので、大がかりな配線は専門業者に依頼する必要はありますが、簡単な配線なら自社で行うこともできます。

IP PBX の仕組みを詳しく説明すると、 IP PBX で外部との外線通話を行うとき、音声信号を一度パケットと呼ばれる細かいデータに変換してネットワーク上に送信します。

そして、受け取った側でパケットから再度音声信号に変換され通話ができるようになります。

このような技術を業界では「VoIP Voice over Internet Protocol )」と呼んでいます。

IP PBX には VoIP が組み込まれており、 パケット 信号の変換や内線などの機能を制御する役割を果たしているのです。

クラウドPBX とは?IP-PBX との違いは?

クラウドPBX の”クラウド”という言葉は最近よく聞きますよね。

クラウドは「Cloud-Computing(クラウドコンピューティング)」の略語になり、インターネット上のサーバー空間にアクセスすることで、各種サービスが利用できるほか画像やデータが保存できるサービスの総称です。

皆さまが日頃から使っているDropBox やGoogleDrive などのクラウドストレージやGoogle のGmail やYahoo!のYahoo!メールもクラウドサービスになります。

そこでクラウドPBXが何かといえば、今までのビジネスフォンとは違いオフィスの中にPBX(主装置)を設置せず、インターネット上のサーバーにPBX(主装置)の機能を持たせること(クラウド化)により、スマートフォンやパソコンをビジネスフォンとして利用できるサービスのことです。

クラウド上のサービスからインターネット回線を介してスマホやパソコンなどの端末をすべて制御するので、外出先でもインターネット接続ができる場所なら海外でもスマホやパソコンがビジネスフォンとして利用できます。

クラウドPBX を導入する一番のメリットはスマートフォンがビジネスフォンとして使えることです。

サービス提供会社の専用アプリを利用するスマートフォンやタブレットにインストールすれば、ビジネスフォンと同じかそれ以上の機能が使えるようになります。

IP-PBX との大きな違いはPBX(主装置)の社内設置の有無

クラウドPBX もインターネットに接続して通話やデータ通信を行うので、IP-PBX と同じサービスのように感じますよね。

しかし、IP-PBX とクラウドPBX の大きな違いは、オフィス内に「PBX(主装置)を設置する・設置しない」にあります。

IP-PBX では、オフィス内にIP-PBX を設置する必要があります。

設置したのち、各IP 電話機とLAN ケーブルで接続することで通話やデータ通信ができるようになります。

一方のクラウドPBX は、データセンターに保管されているサービス提供会社のサーバー上にPBX(主装置)の機能を持たせます。

ユーザーはインターネット回線を経由してサーバーにアクセスすれば通話ができるため、オフィス内にPBX(主装置)を設置する必要がないのです。

クラウドPBX はメンテナンスも不要!

また、導入したあとの管理や運用、メンテナンスの面でも違いがあります。

IP-PBX はオフィス内に設置したあとの管理や運用、メンテナンスを自社で行わなければなりません。

それがクラウドPBX では、サービス提供会社が定期的にシステム更新を行っているので常に最善の状態で利用でき、メンテナントもクラウドPBXサービス提供会社が行うので手間が一切かかりません。

以上のように、クラウドPBX はPBX(主装置)の設置が必要ないので、初期費用の削減はもちろん、インターネット環境が整備されている場所ならどこからでも利用できるため拡張性や利便性の点でも優れています。

さらに、修理やメンテナンスも不要なので、人員および経費の削減にも貢献してくれるのです。

安心・高品質のおすすめクラウドPBXメーカー!

クラウドPBXなら、サーバー上のPBXの管理や運用、機器のバージョンアップなどを全てメーカーにゆだねることができます。

手間がかからないという点では大きなメリットですが、ビジネスフォンは会社の生命線ともいえるため、音質やサービス対応、万が一のトラブルに安心してまかせられるかどうか、メーカーの質が問われます。

そこで、おすすめのクラウドPBXを一つ紹介します。

結論から先に言えば、おすすめのクラウドPBXは「OFFICE PHONE」です。

「OFFICE PHONE」の安心感の裏付けとなっているのは、19年にわたる20,000社以上導入という群を抜いた実績です。

長年の研究開発の末に積み上げられた技術を元にしているので、音質や通信の安定性などは業界トップレベルです。

さらに、運営業者が通信機器の専門業者ということも、技術面やセキュリティ面での安心の裏付けになります。

そして「OFFICE PHONE」はクラウドPBXとしての標準機能も非常に優れています。

(OFFICE PHONEの主な機能)

  • 業界最高クラスの通話品質
  • 導入費用0円(キャンペーン実施中)
  • コストパフォーマンスに優れている(契約台数10台までで月額3,480円)
  • 初期費用の設定をメーカーにお任せできる!

また、クラウドPBX選定のポイントの一つとして、セキュリティの問題があります。

「クラウドPBXだからセキュリティが優れている」とも「クラウドPBXは、セキュリティ上のリスクが高い」とも一概には言い切れませんが、セキュリティ対策をしっかりと行っている業者を選べば、社内にPBXを置くよりもセキュリティ面で安心できる可能性が高いのは事実です。

例えば、大きな災害や天変地異などにより本社の社屋が倒壊するなどの大打撃を受けた場合、社内にPBXを設置していた場合にはビジネスフォンの機能が利用できなくなるばかりか、内線番号や電話帳データなどもリセットされてしまう可能性が高いでしょう。

しかし、クラウド上の機能を利用する場合には、大きな災害が生じてもデータが消失しないように対策されています。

無線でつながるクラウドPBXだからこそ、設定や通信状況に不安を感じる方もいるかと思います。
だからこそ、安心感のあるサービスを選ぶよう意識しましょう。

まとめ

IP-PBXとクラウドPBXとの最大の違いは、社内にPBXを設置するか否かということです。

それによって、ユーザーの方に大きく影響するのは、次の3点です。

  • IP-PBXの場合は、初期導入費用としてPBXの購入費用がかかる
  • IP-PBXは導入時の際に、工事が必要
  • クラウドPBXのサービスの選び方によっては、セキュリティ面で安心できる

ただし、注意したいのは「クラウドPBXだからセキュリティが良い(悪い)」や「IP-PBXだから通信が安定している」などのようにひとくくりにはできないということです。

従って、クラウドPBXを導入する際には、メーカーの選定にも注意しましょう。

クラウドPBXならOFFiCE PHONE 今なら3ヶ月間使用料無料キャンペーン実施中
PAGE TOP