now loading

NTTの「ひかりクラウドPBX」電話とは?他のクラウドPBXと比較

NTTの「ひかりクラウドPBX」電話とは?他のクラウドPBXと比較

この記事のもくじ

インターネット光回線といえば、最も代表的なサービスの一つがNTTの「ひかり電話」です。

NTTではひかり電話を活用したクラウドサービス「ひかりクラウドPBX」が展開されています。

NTTが展開する「ひかり電話クラウド」とは一体どのようなサービスなのでしょうか?

この記事では、ひかり電話クラウドの概要やメリット・デメリットを紹介したうえで、コスト面がネックになる方に向けて対処法を紹介しています。

高品質で安心して利用できるクラウドPBXを探している方は、ぜひ参考にしてください。

ひかり電話とは

日常的にネットワークや通信機器に触れていない方にとって「ひかり電話」はイメージしづらいものです。

「なんとなく通信速度が速そう」
「品質が良さそう」

といったイメージはあるかもしれませんが「ひかり電話ってどんなもの?」と聞かれて的確に答えられる人はそれほど多くありません。

まずは「ひかり電話とは何か?」という基本をしっかりと押さえておきましょう。

ひかり電話はNTTが提供するインターネット電話

ひかり電話とは、NTT(東日本・西日本)が提供するインターネット電話のことです。

光回線といえば、高速インターネット通信のサービスとして認識している方も多いですが、ひかり電話はインターネット光のオプションサービスとしての位置づけで、個人向け・法人向けにサービスが展開されています。

インターネット通信網を利用したサービスであるという点では「IP電話」と共通しています(ひかり電話はIP電話の一種であるといえます)。

しかし、後ほど詳しく解説しますが、ひかり電話とIP電話とでは、サービスの面で異なる点が少なからずあります。

ひかり電話では従来通りの電話の使い方ができる

ひかり電話を、ビジネスフォンとして導入する際には、従来通りの使い方ができます。

従来通りの使い方ができることは、IP電話との大きな違いでもあります。

(ひかり電話でできる従来のビジネスフォンとしての使い方)

  • ひかり電話は、NTTの市外局番の電話番号(「03」や「06」など)を継続利用したり、新規で発番したりすることができる

    →IPでんわの場合は、基本的に発番できる電話番号は「050」などのIP電話専用の電話番号。

  • ひかり電話は、「110」などの緊急ダイヤルに発信することができるが、IP電話はできない

また、保留や転送機能など従来のビジネスフォンのオプション機能についても利用できます。

ひかり電話は音質の良さが魅力

光電話は、通信速度の速いインターネット光回線を利用しているため、音質が良く、途切れにくいことも大きな特徴です。

IP電話に対して「インターネット通信の電話は音質が良くない」といったようなイメージを持っている方も多いでしょう。

しかし、ひかり電話はむしろアナログ回線よりも音質が優れており、また相手方の距離が遠くなってもノイズや遅延がほとんど生じないという魅力もあります。

→IP電話に関しては、サービスを提供するプロバイダによって通信環境や技術が異なるため、どのサービスを選ぶかによって通信品質が大きく変わることがあります。

従って、一概に「IP電話は音質が良い」とも「悪い」とも言えません。

ただし、光回線を選べば間違いない、というのは事実です。

ひかり電話は通信コストが安くなる

ひかり電話は、メリットが非常に多いにも関わらず、従来のビジネスフォンよりも安く利用することが可能です。

ポイントは、次の2点です。

  • 通話料が安い(ひかり電話の通話料は、基本的に8円/3分。また、距離や時間に関係なく、一律の料金体系を取っているため、どのようなユーザーに対してもメリットのある料金プランです)
  • 従来の料金プランよりも基本料金が安い(もともとの料金プランにもよりますが、従来のビジネス電話の料金に比べ基本料金が30%ほど安くなります)

ひかりクラウドPBXの利用によりスマホ内線化にも対応

「スマホの内線化」をご存じでしょうか?

スマホ内線化とは、社員のプライベートのスマートフォンをビジネスフォンとして使用できる機能のことです。

スマホを内線化すれば、社外にいても会社にかかってきた電話を受けたり、通話料無料で内線通話できたりするなどの利用方法ができます。

ひかり電話単体ではスマホ内線化を利用できませんが、NTTが提供している「ひかりクラウドPBX」というサービスを利用すればスマホを内線化できます

ひかりクラウドPBXを導入した場合には、以下のメリットがあります。

  • 上述の通り、スマホ内線化をすることができる
  • 従来のビジネスフォンのようにPBXという主装置を社内に設置しなくても良いため、大掛かりな工事なしでスムーズに導入することができる
  • 留守番電話や転送機能など従来のビジネスフォンの機能がスマホで利用できる

ひかりクラウドPBXはインターネット光回線を利用したサービスなので、音質・信頼性の高さはそのままです。

ひかりクラウドPBXはコスト面がデメリットに⁉

利便性が非常に高く、音質面やサービス面でも信頼できる「ひかりクラウドPBX」ですが、コストの面ではデメリットになる可能性があります。

具体的にどのような点がデメリットになるのかについて2つの観点から解説します。

固定電話が高額になる

「ひかり電話クラウドPBX」は、どちらかといえば大手企業をターゲットにしたサービスなので、月額の固定費用がやや高く設定されています

例えば「10IDパック」という10チャネルまでの料金プランの場合の月額料金は10,000円。

最大999チャネルまで登録数を増やすことができますが、1チャネルの追加ごとに月額600円が追加になります。

さらに、コールセンターにビジネスフォンとしてクラウドPBXを導入する際には、IVR(自動音声応答機能)を導入するケースが多いですが、これらのオプションも別料金となっています。

料金の詳細は、規模や状況に応じて別途見積もりとなっています。

ビジネスフォンは、企業にとってのライフラインの一つともいえるものであり、毎月必ず費用が発生するものなので、毎月の金額の違いは長期的に見るとより大きな違いになります。

ビジネスツールとしての機能が充実していない

直接的なデメリットというわけではありませんが、ひかりクラウドPBXはビジネスツールとしての機能はそれほど多機能ではありません。

ニーズの高まりを受けて近年は他のメーカーからもクラウドPBXが登場しています。

クラウドPBXの中には、クラウドのネットワークを生かして、グループウェアやビデオ会議システム・インターネットファックス・名刺管理ツールなど、様々な機能を搭載したクラウドPBXも多く登場しています。

ひかりクラウドPBXを導入する際にこれらのツールを利用したいときには、別途アプリなどを導入することになりますが

「無料のツールではセキュリティ面が心配・・・」
「有料のツールを数多く導入すると、月額の費用が・・・」
「多数のサービスを契約したことで、アカウントやIDの管理が大変・・・」

などのデメリットが想定されます。

他に便利なサービスが多数ある現状なので、自社の課題を踏まえたうえで便利なツールを搭載しているクラウドPBXを選択するのもおすすめです。

ひかり電話を活用した他のクラウドPBXメーカーと比較

「他に選択肢があるといっても、NTT以外のクラウドPBXの音質に不安はないの?」
「金額の安いサービスがあったとしても、その分サービスの品質も劣るのでは?」

上記の不安から、あまり他のクラウドPBXには気が進まないという方もいるかもしれません。

しかし、クラウドPBXの中には光回線のネットワークを利用して提供されているサービスもあります。

光回線のネットワークを利用したクラウドPBXを選べば、品質・サービスの面でもコストの面でもさまざまなメリットが得られます。

例えば、おすすめのクラウドPBXの一つに「OFFICE PHONE」というサービスがあります。
この章では「OFFICE PHONE」を例に、ひかりクラウドとの違いを交えながら、サービスの概要を紹介します。

ひかりクラウドPBXのように従来通りの使い方ができる

インターネット光回線を利用した「OFFICE PHONE」では「ひかり電話」のように、従来のビジネスフォンのような使い方ができま
す。
さらに「OFFICE PHONE」では、スマホ内線化やPC・タブレットを電話機端末として使用できる機能も標準搭載です。

念のため、どのようなことができるのかを改めて案内します。

  • 内線電話や保留などビジネスフォンとしての基本的な機能が搭載
  • NTTの市外局番の電話番号の新規発番や引継ぎ
  • 電話帳データをWebで一括管理できる
  • 通話の自動録音やIVRなどのオプション機能が利用できる
    (「OFFICE PHONE」の場合、自動録音1,000円/月・IVR1,000円/月)

利用料金はひかりクラウドPBXの1/3以下

クラウドPBXの利用料金もメーカーによってマチマチです。

「OFFICE PHONE」では、契約台数10台の利用料金が月額3,400円(1台追加99円)です。
ひかりクラウドPBXでは、10チャネルで10,000円(1チャネル追加600円)の料金設定となっているため、OFFCIE PHONEと比較すると金額は約3倍です。

クラウドPBXの価格設定はメーカーによって異なりますが、安さだけを「ウリ」にしているメーカーの場合には品質面での注意が必要です。
導入実績のチェックなどを行い「安かろう、悪かろう」で使い物にならないという事態を避けるよう気を付けましょう。

オプション機能が安い

クラウドPBXは、オプション料金を安く設定しているメーカーも多数あります。

例えば、OFFICE PHONEの場合は以下の料金設定となっています。

  • 留守番電話・・・無料
  • 保留・・・無料
  • ネットFAX・・・無料
  • IVR・・・月額1,000円
  • 自動録音・・・月額1,000円

IVRや自動録音は、従来のビジネスフォンでは初期設定費用が10万円以上するのと比較すれば、劇的な安さであることが分かります。

ビジネスツールが利用できる

クラウドPBXは、上述の通りビジネスツールとしても活用できる機能が搭載されています。

(OFFICE PHONEに搭載されているビジネスツールとしての機能)

  • 名刺管理ツール・・・無料
  • グループウェア・・・無料
  • 勤怠管理ツール・・・1アカウントにつき月額200円
  • CTI(顧客関係表示)・・・無料

※CTIとは、着信時に電話番号から顧客情報(氏名や住所、購入履歴など)のデータを抽出し、パソコンなどの画面上に自動的に出力させるシステムのことです。

上記のようなビジネスツールが安価もしくは無料で利用できます。

オプション設定と同様にビジネスツールとしてどんな機能が利用できるか?どのような料金設定になっているかはメーカーによって異なります。

自社の課題やニーズと照らし合わせて、必要なサービスをチョイスして見ても良いかもしれません。

実績も十分

「クラウドPBXって最近になって聞くようになったから、実績のあるメーカーは少ないのでは?」

という風な考えもあるかもしれませんが、OFFICE PHONEの場合19年に渡って20,000社以上の導入実績があります。

他にも、10年以上の実績のあるメーカーや、大手企業やコールセンターなどに導入実績のあるメーカーなどがあり、クラウドPBXが注目されるようになる前から、地道に品質改善に努めてきたメーカーが存在します。

そのような実績のあるメーカーのクラウドPBXを選べば、品質・サポートの両面で満足度の高いサービスが受けられます。
※実績十分な「OFFICE PHONE」の魅力!

「OFFICE PHONE」の魅力は次の通りです。

  • インターネット光回線を利用した高品質なクラウドPBX(通話品質は従来のビジネスフォン並!)
  • NTT固定電話の電話番号の引継ぎ利用や新規発番が可能!
  • ビジネスツールとしても活用できるほど充実したオプション機能(グループウェア・勤怠管理・名刺管理など)
  • 料金はひかりクラウドPBXの1/3以下!

一言でいえば、ひかりクラウドPBXと同等の安心感+ビジネスツールとしての利便性を、3分の1の月額で利用できるサービスです。
今なら、導入費用無料キャンペーンも実施中なので、さらにお得に導入できますよ。

OFFICE PHONE

まとめ

NTTは、インターネット光回線を使ったクラウドサービス「ひかりクラウドPBX」を提供しています。

ひかりクラウドは、従来の電話機のように利用できることや、スマホを内線化できること、音質の安定したNTT光回線を利用したサービスであることから、非常に信頼性の高いサービスです。

ただし、基本料金が割高な点やビジネスツールとしての機能が充実していない点などがネックになる可能性があります。

NTT以外のメーカーが提供しているクラウドPBXであっても、光回線を利用したサービスがあるため、コストパフォーマンスの良いクラウドPBXを探している方は、一度そのようなサービスを探してみてはいかがでしょうか?

クラウドPBXならOFFiCE PHONE 今なら3ヶ月間使用料無料キャンペーン実施中
PAGE TOP