now loading

「通勤」がなくなる!かんたん働き方改革は「クラウドPBX」!

「通勤」がなくなる!かんたん働き方改革は「クラウドPBX」!

この記事のもくじ

少子高齢化による働き手の不足が問題視されている今日、企業には働き方改革が求められています。

そこでぜひ活用したいのが「クラウドPBX」

クラウドPBXであればオフィスにいなくとも電話対応ができます。これまでオフィスに行くことが困難だったために、スキルがあっても就職を諦めていた働き手を雇用できるわけです。

今回はクラウドPBXによってできる電話に縛られない働き方改革、期待される働き方例についてご紹介しましょう。

固定電話に縛られないクラウドPBXの魅力

クラウドPBXとは、従来のPBX(構内交換機)の機能をクラウド化することで、インターネット上で通話やその他の機能を使用できるようにしたサービスです。つまり、クラウドPBXを導入すれば、固定電話に縛られない働き方ができます。

PBX(構内交換機)や配線工事が不要

クラウドPBXであればPBX(構内交換機)や固定電話、配線工事は必要ありません。

契約手続きが完了したあとは、専用アプリをパソコンやスマホ、タブレットなどの通信端末にインストールするだけで使用できます。

また、仮に固定電話(IP電話機)をあとから設置するにしても、パソコンと同様にルーターからLANケーブルを引いてきて固定電話に接続するだけでいいので、専門業者に依頼する必要もなく自分たちで対応可能です。

※固定電話でクラウドPBXを利用するには、契約サービスの専用アダプターなどが必要になる場合があります。

スマホやPCがそのままビジネスフォンに!

クラウドPBXでは、インターネット環境に接続できる端末でさえあれば通信端末には縛りがありません。

専用アプリをインストールできればパソコンはもちろん、スマホやタブレット、それら通信端末の機種やOSに関係なく導入できます。

また、従来のPBXでは社員数に合わせて固定電話を設置する必要がありましたが、クラウドPBXであれば社員個人のスマホにアプリをインストールすればサービスを利用できるので、通信端末の購入コストまで削減できるのです。

簡易CTIや出退勤機能など機能も豊富

契約するクラウドPBXにもよりますが、大抵は従来のPBXと同等かそれ以上の機能が搭載されています。例えば、内外線通話、パーク保留、呼出転送、通話履歴、留守番電話、着信拒否、代理応答などはよくある機能です。

さらに、上記に加えて、下記のような関連サービスや機能にも対応したサービスがあります。

  • チャットサービス…個別チャット、グループチャット、添付機能など
  • CTI機能…顧客情報の管理、出退勤管理など
  • インターネットFAX…端末から直接FAXの送受信、必要に応じてプリントできる

※利用するサービスによっては追加契約の発生する場合があります。

顧客や同僚との連絡、顧客情報や勤務状況の管理、チャットだけでなくFAXの送受信までできるわけですから、スマホ1台あれば大抵の業務に対応できます。

それこそ自宅にいたまま、オフィスにいるのと同じだけ業務ができるのです。

働き手不足から働き方改革が求められる日本

冒頭でも紹介したように、すでに日本では少子高齢化による働き手不足が深刻な問題となっていて、働き方改革をしないと人材確保は難しい状態です。

では、どれほど働き手不足が深刻で、働き方改革が必要なのかご説明しましょう。

日本では少子高齢化が深刻化している

2019年、内閣府の発表によると日本の総人口は1億2,614万人。

そのうち65歳以上の高齢者は3,459万人と、じつに総人口の27.4%を占めています。

さらに、50年後の2065年の総人口は8,808万人にまで減少するとされていますが、65歳以上の高齢者は3,970万人とほぼ変わりません。今後はより少子高齢者が進むと予測されているのです。

少子高齢化による「働き手不足」が問題に

少子高齢化が進むことで何が問題なのかと言うと、ひとつは「働き手不足」が挙げられます。

すでに飲食業界を中心に働き手不足が起こっており深刻な問題です。

外国人労働者の受け入れを積極的に進めている企業もありますが、まずは日本人から働き手を確保したいのが本音でしょう。

しかし、これまでの働き方ではオフィスや店舗など職場に行くことが前提で、せっかくスキルがあっても自宅がオフィスから遠かったり、やる気があっても身体的・精神的ハンデや自宅介護を抱えている方では働きに出られません。

すでに働き手不足が深刻化している今日において、人材を維持・確保するには働き方改革をするしかないのです。

クラウドPBXで活躍が期待される新たな人材

すでに働き手不足が深刻化しており、すぐにでも働き方改革が求められているわけですが、では、クラウドPBXを活用することで、例えばどのような場面で新たな人材の確保に効果を発揮するのでしょうか?

遠隔地に住む方

クラウドPBXを利用すればオフィスや店舗など、職場にいなくても大抵の業務はこなせるようになります。

わざわざ職場に出社する必要がなくなるので、自宅から職場が離れていてもいいわけです。

これまで遠隔地に住んでいたため希望する職業に就けなかった方、それこそ海外在住の方でも問題なく雇用できるようになります。

世界中から優秀な人材を確保できるのですから、クラウドPBXは企業側にもメリットの大きい働き方改革です。

子育て中の方

子育ては仕事以上に大変なことで、とくに未就学児は何をするか予測できないので目が離せません。

保育園・幼稚園に預けられればいいのですが、近年は「待機児童問題」もあります。

大抵の職場では子どもを保育園・幼稚園に預けられないとすると、両親のどちらかが仕事を休職・退職することになるでしょう。

その点、クラウドPBXで働き方改革ができれば、子育て中の方でも問題なく雇用できます。

優秀な社員が子育てのために退社するのは企業にとっても損失ですから、今いる人材保護のためにもクラウドPBXは効果的です。

ハンデのある方

高い能力があっても身体的・精神的ハンディキャップを抱えていることで、働き先の限られている方は大勢います。

例えば、下半身麻痺のように身体的ハンデがあれば毎日の出社は大変です。

また、うつや対人恐怖症など、精神的ハンデを抱えていて、部屋から一歩も踏み出せないという方も珍しくはありません。

クラウドPBXによる働き方改革で出社する必要がなくなれば、ハンデキャップによる雇用の壁も低くできるでしょう。

まとめ

少子高齢化が問題視される今日において、企業による働き方改革が求められています。

クラウドPBXによる、電話に縛られない働き方改革はひとつの解決策です。

社員が職場にいなくても業務を行えるのですから、優秀な人材を世界中から集められます。それこそ、子育て中やハンデのある方などで就職を諦めていた、埋もれていた優秀な人材を確保できるかもしれないのです。

今いる優秀な社員が安心して働き続けられるよう、そしてこれから新たに雇用する人材の選択肢を広げられるよう、ぜひクラウドPBXを上手に活用して働き方改革を進めていただければと思います。

PAGE TOP