now loading

【導入事例・大企業編】IVRやCTIとの連携で効率化UP!

【導入事例・大企業編】IVRやCTIとの連携で効率化UP!

この記事のもくじ

インターネット回線を利用した新たな通信ツールであるクラウドPBXは、中小企業から火が付き、今まさにサービスが拡大している最中です。

そうした状況下で大手企業の中にもクラウドPBXの導入に積極的になる企業が増えてきています。

今回は【クラウドPBX導入事例・大企業編】と題して、大企業でどのようにクラウドPBXが導入されているかについて紹介します。

大手企業の場合、新たなサービスを導入すると取引先や顧客など影響が及ぶ範囲が広いので、どちらかといえば導入に慎重になる傾向がありますが、大手企業でも積極的に取り入れられていることからクラウドPBXの信頼性の高さを実感していただけるものと思います。

事例①日本郵便株式会社での導入事例

日本郵便株式会社の資金センターの資金管理センターでは、クラウドPBXを活用してクラウド環境で電話通信環境を構築しています。

資金センターというのは、各郵便局に必要な資金を調整・手配する業務を担うバックエンド機関です。

導入時の課題と導入の効果

日本郵便がクラウドPBX導入前に抱えていた課題が、予算のかけられない社内組織用の電話回線について、いかにコストを下げながら業務を効率化するかという問題でした。

2つの拠点にまたがる電話設備だったため、通話料がかかってしまうことと、問い合わせ窓口が明確になっていなかったため業務の手間がかかってしまっていたという状況でした。

クラウドPBXの導入により改善されたのは、以下のポイントがあります。

  • クラウドPBXなので、ほとんど費用をかけずに導入できた
  • 自動音声応答システム(IVR)を利用して、機械音声により担当窓口に直接つなぐことにより、業務を効率化できた
  • クラウドPBXなので、拠点が離れていても社内通話が無料でできるようになった
  • 万が一インターネット通信にトラブルが発生した際にそなえ、既存の音声電話回線と連携して、インターネット回線が利用できない時でも通信ができる状態を確保できた

事例②ヤマハ発動機株式会社での導入事例

モーターサイクルや産業用ロボットなどを中心に多彩な製品を世界規模で展開するヤマハ発動機株式会社でも、コールセンターにおいてクラウドPBXが導入されています。

コールセンターは、国内外に全製品の保守部品などを供給するグローバルパーツセンターに併設されていて、国内外からの販売店の問い合わせに対応しています。

導入前の課題とクラウドPBX導入の効果

従来はビジネスフォンの仕組みを利用した顧客管理を利用していたが、5年おきに保守業務が必要なことから保守に関する費用が高くついている状況でした。

そこで、保守作業をベンダーに任せることのできるクラウドPBXを導入することにしました。

結果的に、外部の顧客管理システムとクラウドPBXを連携させることにより、従来通りの機能を維持することに成功しました。

さらに、5年ごとの保守・メンテナンスが不要になったことにより、2割のコスト削減、従業員の増員などの際にも自由に回線を増減できるといったメリットが得られることになりました。

※ベンダーとは
ベンダーとは、製品の製造会社や販売会社を指すのが一般的です。

特にIT機器について「ベンダー」という用語が使用されるケースが多いです。

事例③カルビーでの導入事例

大手製菓企業のカルビーでも、PBX維持・管理費用や手間の軽減のためにクラウドPBXを導入して効果が確認されています。

導入前の課題とクラウドPBX導入の効果

カルビーでは、拠点ごとのPBXの設置費用、管理・運用費用がコストの要因として問題になっていました。

また、食品を取り扱う工場内などでは衛生面などの事情からケーブルを自由に引けないなどの問題もありました。

そうした課題を解決するために、導入の際にはライセンス契約を追加するだけですむクラウドPBXが導入されました。

スマホの内線化によってコミュニケーションが活性化したことや、従来型の社内に設置したビジネスフォンの主装置の維持・管理の必要性がなくなったこと、社内間通話無料により30パーセントの通信費削減に成功したことなどのメリットが生まれました。

大手企業での導入の際の特徴

大手企業での導入の特徴について解説します。

①離れた拠点間でも内線通話が可能なこと
大手企業の場合、拠点が離れていたり、多くの直営店を抱えていたりすることが多いですが、従来のビジネスフォンでは通話料が発生していた離れた拠点間の通話でも、クラウドPBXなら通話料無料で通話をすることができます。

営業スタッフが頻繁に外出する際なども同様です。

②通話品質
大手企業に限ったことではありませんが、通話品質が悪ければビジネスに支障をきたしてしまいます。

クラウドPBXにはさまざまな業者があり、業者によって品質も異なるため、目先のコストの安さだけではなく十分な実績のある、優れた品質業者のクラウドPBXを選ぶようにしましょう。

③拡張性や導入のしやすさ
大手企業の場合、ビジネスフォンが元々大掛かりなシステムに組み込まれているケースや、プロジェクトの発足や停止によって急に人数が減ったり増えたりすることがあります。

クラウドPBXはライセンスを契約するだけでも導入することができ、スマホ内線化やPC内線化を利用すれば新たに電話機(ビジネスフォン)を用意する必要もありません。

従って、台数の拡張や調整が非常にしやすいというメリットがあります。

まとめ

クラウドPBXは、近年大手企業でも積極的に導入されています。

特に通話品質や安定性などについて慎重に判断する傾向のある大手企業での導入が進んでいるといるということから、クラウドPBXの品質の高さや信頼性の高さ、さらには拡張性などの利便性の高さも理解していただけると思います。

SOHOや個人事業主を始めとした小規模から、巨大企業まで利用されているクラウドPBXの利便性をぜひ実感されてみてはいかがでしょうか?

PAGE TOP