now loading

とにかく安い!「クラウドPBX」5つのポイントとは

とにかく安い!「クラウドPBX」5つのポイントとは

この記事のもくじ

クラウドPBXの最大のメリットの一つが、従来のビジネスフォンと比較してコストが圧倒的に安いことです。

今回は「クラウドPBXの圧倒的な安さ!低価格を実現する5つのポイント」と題し、従来のビジネスフォンと比較した場合のクラウドPBXの料金の安さについて解説します。

比較しながら読み進めていただくことで、クラウドPBXの安さを一層感じていただけると思います。

クラウドPBXが安い⁉5つのポイントとは?

従来のビジネスフォンとの比較を交えながらクラウドPBXの安さのポイントを5点紹介します。

ポイント①初期導入費用が安い

クラウドPBXと従来型のビジネスフォンとの料金の違いを確認する際に、最も違いが分かりやすいのが初期導入費用の安さです。

違いを解説すると以下の通りです。

従来のビジネスフォン クラウドPBX
PBX 社内に設置が必要(20万円~) 不要
配線工事・設定費用 費用(20万円~) 不要
端末代金 必要(1台3万円程度) スマホやPCを内線子機として使用可能
電話加入権 契約必要 不要
①PBX

従来のビジネスフォンでは、屋外から社内に電話回線を引き込み、内線で接続するために「PBX」という機器の設置が必要でした。

PBXの価格は、接続するビジネスフォンの台数などによって異なり、安いものでも20万円程度。

一方クラウドPBXは、ネットワーク上にPBXの機能が搭載されるため、PBXの設置が不要です。

②配線工事・設定費用

従来のビジネスフォンは設置の際、PBXとビジネスフォン子機との配線工事が必要です。

また設定も専門的な技術が必要になるため、1台電話機を追加するだけで工事費用が高額になることも。

クラウドPBXはクラウド上にPBXが存在するため、配線工事自体が不要。

費用も当然かかりません。

③端末代金

従来のビジネスフォンは、1台あたり30,000円程度の高額な費用がかかります。

クラウドPBXの場合には、従業員のプライベートスマホや業務で使用しているPCにアプリを落とすだけで、ビジネスフォンとして利用できます。

また、どうしても置き型の電話機タイプが必要な場合であっても1万円以下~端末を購入できるので、従来のビジネスフォンよりもずっと費用を抑えられます。

④電話加入権

クラウドPBXはインターネットを使用した回線なので、電話加入権を購入する必要がありません。

初期導入費については「クラウドPBX【初期費用一覧】導入費用を抑えたい企業必見!」で詳しく紹介しています。

ポイント②社内通話が安い(=内線無料)

クラウドPBXの料金面でのメリットには「内線通話無料」という点も挙げられます。

なぜなら、クラウドPBXはインターネットに接続できれば、どこにいてもビジネスフォンとして使用できるからです。

クラウドPBXでは社内だけではなく、スタッフのスマホや離れた拠点・店舗とも無料の内線通話をすることができます。

例えば、外出先のスタッフとの間・本部と店舗との間・拠点間の通話など。

いずれも全て、無料です。

ポイント③外線通話料が安い

クラウドPBXは、日本全国で通話料が一律の「IP電話回線」を使用します。

従来であれば、市内8.5円/3分、県内20~40円(従来の固定電話)といったように、距離に応じて通話料金も上がる仕組みでしたが、クラウドPBXは全国一律「8円/3分(契約するクラウドPBXメーカーによって違いがあります)」で通話が可能。

距離が遠くなっても料金が一律なのは、インターネットを使用したデジタル通信網を利用しているためです。

ポイント④オプション機能が安い

IVR(=自動音声応答)や自動録音機能などが、月々数百円~と安くご利用いただけるのもクラウドPBXのメリットでしょう。

従来型のビジネスフォンなら、PBXの機能追加や設定変更が必須になる場合がほとんどで、数万円から数十万円の費用がかかります。

また、機能の追加や設定変更をする際には、社内にあるPBXのユニットを入れ替えたり、設定変更をしたりしなければならず、その際には業者による大掛かりな工事作業が必要です。

工事費用が掛かることに加え、工事作業中はビジネスフォンが使用できなくなってしまうので、業務に影響が生じてしまうことも。

クラウドPBXの場合には、オプションを追加申込みするだけで即時機能を追加することができ、ユーザー側での電話の機能に支障をきたすことはありません。

ポイント⑤保守費用・拡張費用が安い

クラウドPBXは従来型のビジネスフォンよりも保守費用や拡張費用が安くなります。

例えばPBXが故障した場合、従来型のビジネスフォンの場合にはPBXの確認や修理作業が必須。

クラウドPBXの場合には、クラウドPBXメーカー側でのインターネット上の作業で手続きが完了するので、ユーザー側には費用の負担がかからず、また保守作業中も通常通り使用し続けられるケースが大半です。

拡張費用とは、業務拡大や新事業のスタートにより、契約台数を増やすことです。

従来のビジネスフォンの場合、PBXに接続できる台数が決まっています。

契約数がPBXの接続数内の場合には大きな負担は生じませんが、PBXのキャパを超えるときにはPBXを買い替えるか買い足す必要があります。

既に紹介している通り、従来型のPBXは最小規模の物でも20万円以上かかるので、PBXの入れ替えが必要になったときには数十万~数百万円規模の金額が発生してしまう可能性が高いです。

また、従来のビジネスフォンの場合、PBXの入れ替え作業を行おうとすると、工事の間(半日~1日)ビジネスフォンが利用できなくなってしまいます。

クラウドPBXの場合には、基本的にはライセンス数を増やすのみで拡張が可能。

サービスによっては、ライセンス数の上限が設定されていることもありますが、その場合であっても契約数を追加すれば済むので、高額な費用はかかりません。

保守の場合と同様、クラウドPBXの拡張の際にも費用はかかりません。

安さと品質を兼ね備えたクラウドPBXは「OFFICE PHONE」

クラウドPBXを導入する際に、安さは非常に重要な項目です。

従来のビジネスフォン導入の場合はまとまった費用が必要になりますし、月々の料金は毎月の負担になるので、削減額の積み重ねが年間で考えるとかなり高額になります。

とはいえ、クラウドPBXを料金面だけで判断することにリスクがあるのも事実。

クラウドPBXは近年非常に人気が高いため、安さを「売り」にして新規参入している業者も少なくありません。

これらの新規参入業者のサービスは、確かに安い導入費・月額をうたっている場合がありますが、導入実績が少なかったり、知識・ノウハウが乏しかったりするために、以下のデメリットが生じることも。

  • 音質が悪い
  • 通話が途切れやすい
  • トラブルが生じたときにメーカーの対応が遅かったり、不親切だったりする
  • 市外局番の電話番号の引継ぎや新規発番ができない

このようなトラブルは、ビジネスにとっては致命的ですよね。

しかし

「音質やメーカーの信頼性を一つひとつ確認するなんてムリ」
「時間がない」
「調べ方が分からない」

と思うのも無理はありません。

そこで、この記事ではおすすめのクラウドPBXとして「OFFICE PHONE」を紹介します。

「OFFICE PHONE」には、次の特徴があります。

  • 19年に渡る20,000社以上の実績
  • 従来のビジネスフォン並みの通話品質
  • 10台で月額3,400円~の安い基本料金
  • 導入費用無料のキャンペーン実施中

つまり、品質とコストの両方を兼ね備えたクラウドPBXであるということです。

NTTの光回線をベースにしたクラウドPBXなので、市外局番の電話番号の引継ぎ利用も可能。

安いクラウドPBXを探していて、どのメーカーにしようか迷っている方には、文句なしにおすすめのクラウドPBXです。

まとめ

クラウドPBXの安さのポイントについて、5点紹介しました。

クラウドPBXの圧倒的な安さが、十分に理解していただけたのではないでしょうか。

実際に導入される際には、クラウドPBXのメーカーによっても費用が異なるので、具体的に比較検討をしながら進めていただくと、より満足していただけることと思います。

初期費用だけではなく、長く使用し続けてもコストを抑えることができるクラウドPBXをぜひご検討ください。

また、ビジネスを円滑に進めるためには「OFFICE PHONE」のようなコストだけではなく、品質にもこだわったサービスを選びたいものですね。

クラウドPBXならOFFiCE PHONE 今なら3ヶ月間使用料無料キャンペーン実施中
PAGE TOP