now loading

クラウドPBXでスマホの内線化!代表番号からの発信・着信が可能に

クラウドPBXでスマホの内線化!代表番号からの発信・着信が可能に

この記事のもくじ

クラウドPBXであればiPhoneを始め、スマホの内線化が可能です。

スマホが普及した現代、ビジネスにおいてモバイル連携は欠かせません。しかし、スマホをそのまま使用していたのでは、顧客に対して個々の電話番号で対応することに。その点、クラウドPBXであれば代表番号から発信・着信できます。

今回はクラウドPBXでスマホを内線化したときの便利な機能について解説していきます。

携帯やスマホの活用が欠かせない時代

ビジネスにおいて対応力が求められるなかでモバイル連携は欠かせないものになりました。日々の業務でスマホなど携帯端末を顧客との、社員同士での連絡手段として活用している企業は多いです。

しかし、スマホをそのまま使用していると個々の電話番号でしか対応できません。

顧客は知っている電話番号に発信しますので、もし担当者が不在だと対応できなくなり機会損失につながります。できることならどのスマホからでも企業の電話番号、つまりは「代表番号」を使用したいですよね。

クラウドPBXならスマホの内線化が可能

クラウドPBXとは従来のPBX(構内交換機)の機能をインターネット上で利用できるサービスです。

インターネットに接続できればどこからでも、クラウドPBXのアプリに対応していればどの携帯端末でも利用できます。Android端末はもちろんiPhoneでも、それこそタブレットであっても内線化が可能です。

さらに、内線化することで距離にかかわらず社員間の通話がすべて内線になります。たとえ出張先から発信したとしても、クラウドPBXで内線化したスマホ同士であれば通話料はすべて無料にできるのです。

スマホ内線化で代表番号を利用できる

サービスの自由度にもよりますが、クラウドPBXではスマホからでも代表番号で発信・着信に対応しています。

つまり、顧客が代表番号にかけたとき手の空いている携帯端末に自動で振り分けられることに。もし応答した社員では対応できなくとも、クラウドPBXであれば通話したまま担当者に転送できます。

また、担当者以外の社員から顧客に発信したときにも、代表番号が表示されるので不審がられることはありません。

ちなみに、スマホごとに電話番号の付与もできるため、顧客から担当者に直接かけることも可能です。

まとめ

今後、よりスマホが普及していくことで「スマホの内線化」のニーズはさらに高まることは確かです。

その点、クラウドPBXであればAndroid端末やiPhoneなどスマホを内線化できます。さらにスマホからでも企業の代表番号で発信・着信できるため、これまで以上に顧客とのスピーディーな対応が可能です。

もし、日々の業務にスマホを活用しているのであれば、ぜひクラウドPBXでの内線化を検討してみてください。

PAGE TOP