now loading

BYODとは?クラウドPBXはオフィスのBYODに最適!

BYODとは?クラウドPBXはオフィスのBYODに最適!

この記事のもくじ

携帯電話やスマートフォンは、成人の方なら誰もが持っているといっても過言ではありません。

そんな状況から、多くの企業で「BYOD」が注目されています。
とはいっても、海外ではBYODは一般的に行われていますが、日本では浸透してきているといってもまだまだ利用している企業が少ないといえます。

企業でBYODを活用する際、コスト削減などのメリットがある一方、情報漏えいの危険性が高まるといってデメリットもあります。
そこで、企業でBYODを活用するならクラウドPBXが最適なのです。

ここからは、BYODとは?についての解説と、クラウドPBXが最適な理由をご紹介いたします。

BYODとは?企業で活用するメリット・デメリット

そもそもBYODとは、社員が個人で保有している携帯電話・スマートフォンを職場で業務に活用することを表す言葉です。

BYODは、「Bring Your Own Device(ブリング・ユア・オウン・デバイス)」の略語。
BYO(Bring Your Own)は元々、飲食店へのお酒の持ち込みを許可する意味で業界用語として使われていた言葉がBYODの語源になっています。

BYODは単純に「デバイスの持ち込みを許可する」という意味になりますが、一般的に個人の端末を業務に活用するときの表現として使われています。

BYODを企業で活用するメリット

企業でBYODを活用する一番のメリットは、会社から社員へ端末を支給する必要がなくなるので、端末の購入および維持費が削減できることです。一般的に法人携帯を利用している企業は多いですが、BYODを活用すれば法人携帯の数を減らすことができます。

また、社員側のメリットは複数の端末を持つ必要がなくなり、使い慣れた端末なので仕事の効率もUPします。

BYODを企業で活用するデメリット

逆に企業でBYODを活用するデメリットは、社員が所有しているプライベート端末で業務を行うため、万一紛失や盗難にあったときに、情報漏えいや情報流出の危険性が高まることです。日本の企業でBYODが中々浸透しない理由は情報漏えいの危険が高まることにあります。

次に、社員側でのデメリットは、公私の区分けが難しいことです。
業務利用と私的利用の区分けが難しく、通話料は関わるトラブルが発生するほか、時間外や休日に関わらず仕事の電話が入るようになるため、プライベート時間を侵害されるケースも多くあります。

このように、企業でBYODを活用すれば通信コストの削減などのメリットはありますが、情報漏えいの危険性が高まり、公私の使い分けが難しいことから日本でのBYODの活用は敬遠されているのです。

クラウドPBXがBYODに最適な理由

前項では企業でBYODを活用するメリットおよびデメリットをご紹介しましたが、クラウドPBXを利用すればデメリットは全て解消されます。
そのため、BYODを活用したい企業ではクラウドPBXの利用が最適なのです。

クラウドPBXとは、クラウド上のPBXを利用する次世代の電話システムです。

その仕組みは、従来社内に設置するPBXの機能をサービス提供会社のサーバー上に構築。利用者はサービス提供会社と契約して、送られてくるアカウント情報(ID・Pass)を設定したあと、インターネット経由でサービス提供会社のサーバーに接続して通話やデータ通信ができるようになります。

クラウドPBXがBYODに最適な理由とは?

クラウドPBXでは、サービス提供会社の専用アプリをお使いのスマートフォンにインストールすれば、簡単にビジネスフォンとして利用できるようになります。社員が個人で所有しているスマートフォンもアプリをインストールすればビジネスフォンとして利用できるようになるので、公私の使い分けが容易になります。

従来のビジネスフォンと同じように、電話を着信したときはアカウント情報を設定した端末やアプリをインストールした全ての端末が一斉に鳴ります。発信するときも、スマートフォンから会社の代表電話番号「03」や「06」などの市外局番から発信でき、この通話に関しての通話料は全て会社側に請求されます。

プライベートで利用するときは携帯電話の電話から発信すれば、その分の通話料は社員側に請求されるので、通話料が明確に区分できるのです。

また、個人のプライベートな電話帳とは別に業務で利用する共有のクラウド電話帳を作成が可能。
個人の端末に顧客データ保存する必要がなくなるので、万一紛失・盗難にあったときでも顧客データが漏えいする危険性もなくなります。

このように、クラウドPBXを利用すれば業務とプライベートが明確に区分できるようになるため、BYODを活用したい企業に最適なのです。

まとめ

スマートフォンの保有率が増えるとともに、ビジネスにおいてもBYODを活用する企業が日本でも増えています。

BYODは、社員が個人所有している端末を職場で業務に活用することを指し、端末を導入するコストが削減できるメリットはありますが、公私の使い分けが難しくトラブルが多いというデメリットがあります。

そこで、クラウドPBXを利用すれば、公私の使い分けが容易になり、万一端末を紛失したときの情報漏えいの危険性も軽減できるのです。
現在、BYODを活用して問題が発生している企業では、クラウドPBXに切り替えてみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP