now loading

クラウドPBXは配線が不要!必要なのはネット環境のみ!

クラウドPBXは配線が不要!必要なのはネット環境のみ!

この記事のもくじ

クラウドPBXは従来のビジネスフォンに変わる次世代の電話システムとして注目されています。

そこで、新規事務所の開設に合わせてクラウドPBXを導入するとき、
「大がかりな配線工事が必要になるのでは?」
と、ご心配の方もいるのではないでしょうか。

しかし、クラウドPBXを導入する際、配線は一切必要ないのです。
一部専用電話機を設置するときは配線が必要になりますが、従来の電話線を使わないので素人でも簡単に設置できます。

ここからは、クラウドPBXの「配線」についてご紹介いたします。

クラウドPBXは配線が不要!必要なのはインターネット環境のみ

新規でオフィスを開設したり地方に支店・支社を構えたりするとき、固定電話は必ず引き込みますよね。

一般的な企業ではビジネスフォンが使われます。
しかし、導入するためには電話回線およびPBX・専用電話機を用意して、専門業者による機器の設置~配線工事が必要。規模が大きくなるほど費用がかかり、数十万~規模によっては百万円単位の費用がかかってしまいます。

そこで、電話の引き込みに関わる費用をできるだけ抑えたいという方は「クラウドPBX」がおすすめ。

クラウドPBXは、従来オフィスに設置するPBXの機能をインターネット上のサービス提供会社のサーバーに構築。ユーザーは、インターネット経由でサービス提供会社のサーバーにアクセスして通話やデータ通信を行う電話システムです。

つまり、クラウドPBXはインターネットを利用して電話やデータ通信を行うので、従来のPBXの設置や配線が一切必要ありません。

ユーザーは、クラウドPBXのサービス提供会社と契約を結び、簡単な設定を行うだけで従来のビジネスフォンの機能を使うことができるのです。

言い方を変えれば、クラウドPBXはインターネット環境さえ整っていれば場所を選ばず利用可能。
通常、オフィスの開設にあたってはインターネット環境の整備は必須なので、特に新たに事務所を開設する企業やスモールオフィスにおすすめの電話システムです。

クラウドPBXでは10,000円程度の初期費用と月額基本料金は必要になりますが、従来のビジネスフォンよりも安価で導入できます。

SIPフォンの接続はLANケーブル!素人でも簡単に設置・移設が可能

クラウドPBXはインターネットを利用するため、従来のビジネスフォンとは異なる電話機を利用します。

一般的なクラウドPBXで対応できる電話機は、
・SIPフォン(IP電話機)
・ソフトフォン
・スマートフォン
この3種類の端末が利用できます。

ソフトフォンとは、パソコンにクラウドPBX会社が提供するソフトウェアをインストールすることで、インターネットを利用して通話ができる通話システム。ソフトウェアが電話機の役割を果たし、コールセンターでは必須アイテムになっています。

また、クラウドPBXでは、皆さまが日頃から使っているスマートフォンも端末として利用可能。こちらも、クラウドPBXのサービス会社から提供されているアプリをスマホにインストールするだけで、ビジネスフォンの内線子機として利用できます。

このソフトフォンやスマートフォンを利用する限り、専用電話を用意したり配線したりなどの手間は一切必要ないのです。

SIPフォンの配線は「LANケーブル」

唯一「SIPフォン」を利用するときだけ配線が必要になります。
SIPフォンはIP電話機のことで、インターネット回線に対応した電話機です。

接続は、従来のビジネスフォンで使われる電話線(モジュラーケーブル)ではなく「LANケーブル」を使います。

従来のビジネスフォンの配線はPBXの設定など専門業者に依頼しなければならず、増設やレイアウト変更の際もその都度依頼する必要があります。基本的に電話に関する工事は「工事担当者」という資格の有資格者しか工事に携われず、素人が勝手に配線はできません。

それがクラウドPBXでSIPフォンを利用するときは、パソコンと同じようにLANケーブルを接続するだけで利用可能。LANケーブルの配線には資格は必要なく、SIPフォンの電話機の新設や増設、レイアウト変更でも自社ですべて行えます。

以上のように、クラウドPBXは従来のビジネスフォンと比べると、導入のしやすさはもちろん拡張性においても格段に優れているのです。
これから起業して事務所を開設するケースなど、増設も容易に行えるのでビジネスフォンの導入が難しいという場合はクラウドPBXを利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

クラウドPBXのメリットの一つが、PBXなどの機器の用意や配線などの工事が必要ないことです。
唯一SIPフォンを利用するときに配線は必要になりますが、LANケーブルを利用するため素人でも容易に設置、増設、移設が行えます。

従来のPBX・ビジネスフォンでは、機器の購入から配線工事まで何かと費用がかさみますが、クラウドPBXなら初期費用と月額料金だけで利用することができます。

大企業はもちろん、SOHOなどのスモールオフィスにもおすすめの電話システムです。

PAGE TOP