now loading

クラウドPBXの外線は電話回線が不要!電話加入権の購入費が削減可能!

クラウドPBXの外線は電話回線が不要!電話加入権の購入費が削減可能!

この記事のもくじ

電話をオフィスに引きたいとき、従来のビジネスフォンは電話加入権の用意やPBXや電話機などの機器の購入、さらに電話線の配線工事も必要になるので、規模によっては初期費用の負担が大きくなってしまいます。

それがクラウドPBXなら、従来必要になる費用や工事がすべて不要になります。
とはいっても、電話なので電話回線は必須のように感じますよね。

クラウドPBXはインターネット経由で利用する電話サービス。従来のPBXとは基本的に仕組みが違うので、電話回線を用意する必要がないのです。

ここからは、クラウドPBXで外線電話するときの仕組みから電話回線が不要なワケをご説明いたします。ストテキスト

クラウドPBXの外線の仕組み!電話回線が不要!

電話を引くとき、一般的なオフィスではビジネスフォンと呼ばれる電話システムを導入しているのではないでしょうか。

ビジネスフォンは、まず電話回線の用意が必要。そして、オフィス内に「主装置」と呼ばれる小型の電話交換機を設置したのち、各内線電話機とモジュラーケーブルで接続することで通話ができます。規模が大きくなれば、こちらも小型の電話交換機になりますが「PBX」を設置して各内線電話機と接続します。

ビジネスフォンで外線ができる仕組みは、主装置やPBXには「ユニット」と呼ばれる基盤が組み込まれており、外線通話をするための外線ユニットも含まれています。この外線ユニットが、アナログ回線やISDN回線、今では光回線といった電話回線の外線通話を制御しているのです。

このように、従来のビジネスフォンは社内に主装置もしくはPBXを設置したのち、内線電話機とモジュラーケーブルで接続する配線工事が必要になり、オフィスの規模によりますが導入には数十万円~百万円単位の費用がかかってしまいます。

クラウドPBXの外線の仕組み

クラウドPBXとは、インターネット技術を活用した次世代の電話システムです。

従来のビジネスフォンとは根本的に仕組みが異なり、従来社内に設置する主装置やPBXの機能をサービス提供会社のサーバー上に構築するため、主装置・PBXの設置が不要になります。

クラウドPBX利用するとき、基本的に電話回線は不要。利用者はまずサービス提供会社に新規申し込みをします。
そのあと、サービス提供会社から利用するためのアカウント情報(ID・Pass)がメールや郵便で送られてくるので、利用する端末にアカウント情報でログインして設定すれば通話ができるようになります。

外線電話の仕組みは、従来の主装置・PBXはサービス提供会社のサーバー上に構築されているので、外線電話をかけるときはインターネット経由でサービス提供会社のサーバーに接続すれば通話が可能。アカウント情報を設定した端末であれば、従来のビジネスフォンと同じような操作で外線がかけられます。

基本的にインターネット環境が整っている場所ならどこからでも利用可能。全国の支店・支社などの拠点でクラウドPBXを導入すれば、従来のビジネスフォンでは外線でかけていた電話も、クラウドPBXなら全て内線通話で可能になり、通信コストを大幅に削減することもできます。

このように、クラウドPBXは従来のビジネスフォンと比べると、導入のしやすさ、利便性や拡張性が優れており、これから事務所を開設する方や全国に拠点を構えている企業にもおすすめの電話サービスになります。

クラウドPBXは電話加入権の購入も不要!

オフィスに固定電話を引くときに必ず用意しなければならないので電話加入権です。
電話加入権とは、NTT東日本・西日本の電話回線を利用するための権利を指し、「施設設置負担金」とも呼ばれています。

新規で電話加入権を購入する場合、36,000円(税抜)+契約料800円(税抜)が必要になり、それほど大きな金額ではないものの、余計な出費になりますよね。また、電話番号を増設したいときは、その都度加入権を購入しなければならず、手間もかかり出費も増えてしまいます。

それがクラウドPBXなら電話加入権の購入が不要。
新規で電話番号の取得ができるほか、今まで利用していた電話番号も携帯電話のMNP(携帯乗り換え)のように、そのまま利用することもできます。

新規で電話番号を取得するときは「03:東京」、「06:大阪」の他にも、「050:IP電話」や「0120、0800:フリーダイヤル」の電話番号も取得できます。

このようにクラウドPBXの利用にあたっては、固定電話のような電話加入権が不要なので、初期費用のみで利用が開始できるのです。
従来のビジネスフォンから完全にクラウドPBXに切り替えるときは、不要になった電話加入権を売却することもできます。

電話の導入にかかる費用が抑えられるので、SOHOなどのスモールオフィスでは最適な電話サービスではないでしょうか。

まとめ

従来のビジネスフォンの導入では、電話加入権を購入して電話回線を用意しなければならないのが、クラウドPBXならその手間と費用が削減できます。

クラウドPBXは基本的にインターネット経由で外線・内線通話を行うので、電話回線は必要なく、今までの電話番号がそのまま利用できるほか、新たに電話番号を取得することもできるのです。また、クラウドPBXから簡単にお使いのスマートフォンを内線子機として利用することができ、固定電話機を設置する必要もなくなります。

これから事務所を開設する方は、クラウドPBXなら初期費用を限りなく安く抑えることできるので、導入を検討してみてはいかがですか。

PAGE TOP