now loading

クラウドPBXの「QoS」とは?サービスの品質を保つための技術!

クラウドPBXの「QoS」とは?サービスの品質を保つための技術!

この記事のもくじ

「QoS」という言葉はご存知でしょうか?

詳しくは後で説明しますが、QoSは音声やデータ通信の速度や品質を保つために用いられる技術のこと。クラウドPBXではIP電話の品質を保つために採用されている技術になります。

といっても何ことだか分からないと思いますので、ここからは「QoSとは何なのか?」について簡単に説明していきます。基本的に専門的過ぎるので、表面上の技術のみご紹介いたします。

クラウドPBXの「QoS」とは?サービスの品質を示す尺度

QoSの読み方はそのまま「キューオーエス」になりますが、『Quality of Service(クオリティ・オブ・サービス)』の略語です。
システム工学などの専門分野で広く使われている言葉ですが、「サービスの品質」を意味しており、一般的にサービスの品質を示す尺度として利用されています。

クラウドPBXは基本的にインターネット経由でサービス提供会社のクラウド上に構築されたPBXに接続して通話を行います。
その際、オフィスではIP電話機(SIPフォン)を利用しますが、サーバーや複数のパソコンが接続された社内ネットワークに組み込まれるため、IP電話の通話品質が悪くなるケースがあります。

そこで、IP電話の通話品質を保つために用いられている技術が「QoS」になるのです。

QoSは「音声制御」と「帯域制御」に分けられる

普通にクラウドPBXを利用する方は以上のことを理解しているだけで問題ありません。
ここからは専門的な話になるので興味がある方はご覧ください。

QoSは大きく以下の2つの制御機能によって機能を実現しています。
・優先制御
・帯域制御

優先制御とは?

優先制御は名前の通り、音声やデータ通信の優先順位を決めて、優先順位の高いものから送受信することで品質を保つ機能になります。

分かりやすく説明すれば、車を運転しているとき救急車などの緊急車両のサイレンが近付いてきたら誰でも道を譲りますよね。
それと同じように、データ通信においてもネットワーク上で色々なデータが混雑して渋滞しないように、優先順位の高いものから送信する機能が優先制御になります。

帯域制御とは?

帯域制御は、音声やデータ通信で使う帯域をあらかじめ決めてコントロールする機能です。
詳しくは、データがネットワーク上で混雑してそれぞれのデータ送信が遅れないようにするために、音声などのデータを送るための帯域をあらかじめ確保しておく機能です。

こちらも分かりやすく説明すれば、一般の道路ではバスは優先道路を走行しますがそのイメージです。
決められた道を通行できるようになるので、渋滞に巻き込まれることがなくなり、音声などのデータがスムーズに送信できるようになります。

以上、簡単にQoSについて説明しましたが、QoSは音声やデータ通信が遅滞することなくスムーズに送受信できるようになる技術になり、今ではNTTを始め多くのIT関連企業で採用されています。

まとめ

今回は「QoS」とは何かについて説明しましたが、少しは理解できたでしょうか?

クラウドPBXではIP電話を利用しますが、通話品質を保つための技術が「QoS」です。
QoSには「優先制御」と「帯域制御」という2つの機能があり、音声やデータ通信の混雑を解消し、スムーズなデータのやり取りができるようになります。

QoSという言葉はあまりサービスの表面上にはでてきませんが、通話やデータ通信の品質を保つために利用されているということだけでも覚えておきましょう。

PAGE TOP