now loading

クラウドPBXは光回線があれば利用可能!光回線がなくてもOK!

クラウドPBXは光回線があれば利用可能!光回線がなくてもOK!

この記事のもくじ

クラウドPBXを利用するために必要なものは何なのか?
と、これから導入を検討している会社の担当者の方は、別に用意するものがあるのか気になりますよね。

しかし、クラウドPBXの利用に際して必要なものは「インターネット」のみ。
インターネット社会になった現代において、大抵のオフィスではネットワーク環境が整備され、おそらく「光回線」を引いているのではないでしょうか。

また、光回線以外のアナログ回線を利用しているオフィスでもクラウドPBXは利用できます。
ここからは、クラウドPBXで光回線を利用する仕組みをご紹介いたします。

光回線があればクラウドPBX利用可能!それ以外の回線もOK!

一般的なオフィスでは、電話回線とは別にインターネット回線を引いているのではないでしょうか。
そのインターネット回線で現在主流になっているのが「光回線」です。

光回線とは、光ファイバーを利用してデータの送受信を行う通信回線になります。
NTTのフレッツ光を筆頭に、フレッツ光回線を利用した光コラボレーションなど、実に色々な会社で光回線サービスを提供しています。

光回線を引いていればクラウドPBXは利用可能!

そこで、光回線を引いているオフィスならすぐにでもクラウドPBXは導入可能。

従来のビジネスフォンの仕組みは、社内に「主装置」もしくは「PBX」と呼ばれる小型の電話交換機を設置したのち、電話線(モジュラーケーブル)で各内線電話機と接続します。主装置・PBXが内線・外線通話、保留・転送といった機能を制御する役割を果たし、通話やデータ通信ができるようになっています。

一方のクラウドPBXは、従来の主装置・PBXを社内に設置することなく利用できる電話システムです。
その仕組みは、クラウドPBXサービス提供会社のサーバー上に主装置・PBXの機能を構築して、利用者はインターネットを介してサービス提供会社のサーバーに接続して通話やデータ通信を行います。つまり、インターネットが使える環境が整っていれば、場所を選ばず利用できるようになります。

現在オフィスで光回線を引いていれば、クラウドPBXはすぐにでも利用が開始できるのです。
さらに、現在の電話番号もそのまま利用できるので安心。新たに新規開設する事務所なら問題ないものの、既に営業しているオフィスで電話番号が変わったら大問題ですよね。

ただし、アナログ電話機をお使いのオフィスでは、電話機をIP電話機(SIPフォン)に変更しなければなりません。

従来のビジネスフォンで利用する電話機は電話線で接続しますが、クラウドPBXはインターネット経由で接続するため、電話機との接続に「LANケーブル」を利用します。そのため、LANケーブルで接続可能なIP電話機の設置が必要になるのです。

光回線以外の回線も利用可能!

インターネット回線には、光回線以外にもADSLやCATVといったアナログ回線と、ISDNのデジタル回線があります。
基本的にクラウドPBXはインターネットが接続できる環境であれば利用できるので、光回線以外のインターネット回線でももちろん利用することができます。

ただし、固定電話はIP電話機(SIPフォン)を利用するため、光回線以外の回線でIP電話機を利用する場合は「VoIPゲートウェイ」の設置が必要になります。

VoIPゲートウェイとは、簡単にいえばアナログ電話回線とIP電話回線の中継・変換の役割を果たす通信装置のことで、設置することでアナログ回線ではIP電話機が利用できるようになります。

また、クラウドPBXではお使いのスマートフォンといった端末が利用可能。
スマートフォンにサービス提供会社専用のアプリをインストールするだけで利用でき、この場合は光回線以外のインターネット回線でもそのまま利用することができます。

まとめ

インターネット社会となった現代において、ほとんどのオフィスでは電話回線とは別にインターネット回線を引いているのではないでしょうか。
インターネット回線も今では「光回線」が主流になり、高速で安定したデータ通信が行えます。

そこで、クラウドPBXの導入にあたっては、基本的インターネットが接続できる環境が必要になるので、光回線を引いていればすぐにでもサービスを利用することができます。

また、光回線以外のインターネット回線を利用しているオフィスでも、スマホの利用やVoIPゲートウェイを設置すれば利用できます。
これからの電話システムはクラウド化が進むことが考えられるので、機会を見て徐々にでもクラウドPBXに切り替えてみてはいかがですか。

PAGE TOP