now loading

既存PBXは「VoIPゲートウェイ」設置でクラウドPBXが利用可能!

既存PBXは「VoIPゲートウェイ」設置でクラウドPBXが利用可能!

この記事のもくじ

クラウドPBXを導入したとき、既存のPBXはどうなるのか?
現在、従来のPBXを利用しているオフィスではクラウドPBXを導入したあと、既存のPBXをどうしたらいいのか分からない方が意外に多いのではないでしょうか。

従来のPBXは現金購入もしくはリース契約で導入されますが、クラウドPBXを導入したあとのPBXに関しては、自費で廃棄するか、もしくはリース会社に返却しなければなれません。

しかし、クラウドPBXの導入に際して、「VoIPゲートウェイ」という機器を設置すれば既存のPBXが併用できるのです。
ここからは、既存PBXをクラウドPBXと併用する仕組みをご紹介いたします。

VoIPゲートウェイの設置で既存PBXとクラウドPBXが併用可能!

まず、従来のビジネスフォンとクラウドPBXでは、仕組みが全く異なることは理解しておく必要があります。

従来のビジネスフォンは社内に主装置もしくはPBXを設置して、各内線電話機と電話線(モジュラーケーブル)で接続することで通話ができます。主装置・PBXとは、外線・内線、保留・転送、電話帳の記憶などの役割を果たす小型の電話交換機です。

一方のクラウドPBXは、サービス提供会社のサーバー上に従来の主装置・PBXを構築して、利用者はインターネット経由でサービス提供会社のサーバーに接続すれば通話ができます。つまり、社内に主装置・PBXの設置が不要になり、スマートフォンとも容易に連携できる特徴があります。

そこで、現在ビジネスフォンをお使いのオフィスでクラウドPBXを導入すれば、既存の主装置・PBXは不要ということになりますよね。

その際、リース契約で導入しているオフィスで、リース期間を満了していればリース会社に返却すれば問題ありません。
しかし、リース期間を満了していなければ、返却したあと残りのリース金額をそのまま支払い続けるか損害相当分の金額をリース会社に支払わなければならなくなります。

このようなリース期間が満了していないオフィスでは、クラウドPBXの導入に合わせて「VoIPゲートウェイ」を設置することで、既存のPBXとクラウドPBXが併用できるようになるのです。

VoIPゲートウェイとは?

VoIPゲートウェイの「VoIP」は、”Voice over IP”の略語。
「Voice」はもちろん「声」です。

「IP」はご存知の方もいると思いますが、インターネット・プロトコル(Internet Protocol)の略で、インターネット上で情報のやり取りをする際の通信方式になります。つまり、VoIPとは「インターネット通信(IP電話)を利用して声などの音声を伝える技術」を意味しています。

次に、VoIPゲートウェイの「ゲートウェイ(gateway)」は、異なるコンピューターやネットワークの間に設置することで、相互の通信を中継する役割を果たす機器のこと。つまり、「ネットワーク通信で異なる規格・性質を持つデータの相互通信を可能にするための機器」になります。

そこで、VoIPゲートウェイとは『電話とインターネットの相互通信を可能にするための機器』となるわけです。
このVoIPゲートウェイをクラウドPBXの導入に合わせて、サービス提供会社からリースして設置することで、既存PBXが併用できるようになるのです。

レンタル料金例として、NTT東日本が提供する「ひかりクラウドPBX」のレンタル料をご紹介しておきます。
◇「ひかりクラウドPBX」 VoIPゲートウェイ レンタル料

区分 単位 月額利用料
VoIP-GW

※PBX/ビジネスフォンとの併用に必要

FXS/BRI 4チャネル センドバッグ保守 1装置ごと 1,800円
オンサイト保守 1装置ごと 2,000円
FXS/BRI 8チャネル センドバッグ保守 1装置ごと 3,600円
オンサイト保守 1装置ごと 4,000円
PRI 23チャネル オンサイト保守 1装置ごと 5,300円

VoIPゲートウェイのレンタル料に関してはサービス提供会社で異なるので、クラウドPBXの利用申し込みの際は確認が必要です。

既存PBXのリース期間が満了するまでVoIPゲートウェイを利用して、リース期間が満了したら既存PBXをリース会社に返却すれば問題ないので、従来のPBXをご利用のオフィスでも安心してクラウドPBXを導入することができます。

まとめ

クラウドPBXはインターネットのクラウド上にPBXの機能を構築しているため、従来のPBXを社内に設置する必要がなくなります。

しかし、現在リースでPBXを設置しているオフィスでは、リース会社に返却する義務があり、リース期間が満了していなければリース金額をそのまま支払い続けるか損害相当分の金額をリース会社に支払いが発生してしまいます。

そこで、VoIPゲートウェイを設置すれば既存PBXとクラウドPBXの併用が可能になり、リース期間が満了するまでそのまま利用できるようになるのです。

VoIPゲートウェイはクラウドPBXのサービス提供会社からリースできるので、既存PBXをそのまま利用したいオフィスはその旨をサービス提供会社にしっかり伝えましょう。

PAGE TOP